カテゴリー:Music

2019/03/01

ギターとオルガンが中心となったジャズ・ファンク系アルバムのブログ記事まとめ!

ギターとオルガンが中心となったジャズ・ファンク系アルバムのブログ記事まとめのタイトル画像です。

ギターとオルガンが中心となったジャズ・ファンク系アルバムのブログ記事まとめ記事です。

これまでに書いてきたギターとオルガンが中心になったジャズ・ファンク系のブログ記事のリンクを一ヵ所にまとめました。

Dixiefunk LAb.のブログでこれまでに書いてきたギターとオルガンが中心になったジャズ・ファンク系のブログ記事のリンクを一ヵ所にまとめました。

目次


このサイトのブログ記事の方も増えてきましたので、各種リンク先を集めた「まとめ記事」も作っておきたいと思いました。

 

このサイトのブログ記事は、一応それぞれに「タグ」を振り当てているのですが……オルガン系以外のジャズ・ファンク作品なども”Jazz Funk”でタグ付けしていることもいくつかあります。

 

しかし僕が特におすすめしたい作品は、「ギターとオルガンが中心となったジャズ・ファンク/ソウル・ジャズ作品」なので、そういった作品を取り上げたブログ記事だけをここにまとめたいと思います。(※中にはオルガンではなくエレピの作品もいくつかあります。)

 

音楽のジャンル分けってなかなか難しいですし、詳しく分けだすときりがないですからね……。

 

「ジャズ・ファンク」といっても、どこまでがそのジャンル内の音楽なのか?キッチリと分けるのは困難だと感じます。

 

だから僕自身が好きでよく聴くおすすめしたい作品をここに載せていると考えていただければ、幸いです。

 

大まかに言いますと、「グラント・グリーン系のギターとジミー・スミス系のオルガンが活躍するインストのジャズ・ファンク作品で」す。

 

ぜひ、このまとめを利用して読みたい記事を探してください。

 

Ryo@Dixiefunk Lab.のTwitterアイコン
Ryo
僕自身がギター弾きなので、
基本的にギタリスト目線でのチョイスになります♪

 

<スポンサーリンク>



 

 ジャズ・ファンク系ブログ記事のリンクまとめ

 

まずは僕が特におすすめしたいジャズ・ファンク系のライヴ作品をご紹介したブログ記事です。

 

3種類のブログ記事に、毎回3枚ずつ……全部で9つご紹介しています。

 

ぜひこちらのブログ記事をご覧になってください。

 

絶対に聴くべきジャズファンクのライヴ盤シリーズ!

 

絶対に聴くべきジャズファンクのライヴ盤3選
続・絶対に聴くべきジャズファンクのライヴ盤3選
絶対に聴くべきジャズファンクのライヴ盤3選【パート3】

 

 


 

 

<スポンサーリンク>



 

他にもジャズ・ファンク/ソウル・ジャズ系の記事をいくつか書いていますので、そちらの方もどうぞ。(随時更新中です。)

 

グラント・グリーン関連の作品

グラント・グリーンのジャズファンク期の最高傑作⁉『Visions』を聴こう♪
グラント・グリーンのジャズファンク期の名盤『Green Is Beautiful』を聴こう♪
後期グラント・グリーンのジャズファンク道はここから始まった!『Carryin’ On』のご紹介です♪
グラント・グリーンがサイドマンで参加したオルガンジャズの名盤6選
グラント・グリーンの息子のジャズファンクなリーダー作『Jungle Strut』を聴こう!
予約注文していたグラント・グリーンの完全未発表ライヴ音源2種類が手元に届きました!
絶対に聴くべきジャズファンク!グラント・グリーン白熱のライヴ盤『Live at The Lighthouse』
グラント・グリーンも参加したルー・ドナルドソンの名盤『ナチュラル・ソウル』
グラント・グリーンも参加したルー・ドナルドソンのおすすめ作品『ヒア・ティス』のご紹介!

メルヴィン・スパークス関連の作品

メルヴィン・スパークスの最期のアルバム『Groove On Up』を聴こう♪
メルヴィン・スパークスのジャズファンクギターが冴え渡る!2005年の名作『This Is It!』を聴こう♪
メルヴィン・スパークスの2004年のおすすめ作品『It Is What It Is』を聴こう♪
メルヴィン・スパークス渾身の復活作!『What You Hear Is What You Get』を聴こう♪
メルヴィン・スパークスの幻のレア・グルーヴ作品『I’m Funky Now』をご紹介!
ルー・ドナルドソンのソウルジャズ作品『Hot Dog』を聴こう!
レオン・スペンサーの『ルイジアナ・スリム』を聴こう♪

アイヴァン・”ブーガルー”・ジョー・ジョーンズ関連の作品

アイヴァン・”ブーガルー”・ジョー・ジョーンズの代表作『Right On Brother』を聴こう♪
アイヴァン・”ブーガルー”・ジョー・ジョーンズ渾身の一作『Black Whip』を聴こう♪
アイヴァン・”ブーガルー”・ジョー・ジョーンズの最終作『Sweetback』を聴こう♪

オドネル・リーヴィ関連の作品

オドネル・リーヴィ最高傑作『SIMBA』を聴こう♪

ジョージ・ベンソン関連の作品

ジョージ・ベンソンのソウルジャズ名作『Giblet Gravy』を聴こう♪
ルー・ドナルドソンの『アリゲーター・ブーガルー』を聴こう!
ジョージ・ベンソンも参加したジョニー・ハモンド・スミスの『Wild Horses/Rock Steady!』を聴こう!
オルガン奏者ジョニー・ハモンドのKudoレーベル4作目『Higher Ground』を聴こう!

デイヴィッド・T.・ウォーカー関連の作品

ソウルフルギタリスト,デイヴィッド・T.・ウォーカーの1971年の名作『David T. Walker』を聴こう♪
デイヴィッド・T.・ウォーカーの最高傑作⁉1973年の名盤『Press On』を聴こう♪
デイヴィッド・T.・ウォーカーのワウギターが活躍するレア・グルーヴ系のアルバム3選!
ドナルド・バードのジャズファンク系アルバム『エチオイアン・ナイツ』を聴こう!

コーネル・デュプリー関連の作品

名セッション・ギタリスト、コーネル・デュプリー最期の作品『Doin’ Alright』を聴こう♪
ウェルドン・アーヴィン必聴のレア・グルーヴ盤 RCAレコード時代の3作品を聴こう♪
コーネル・デュプリーも参加したアーチー・シェップのおすすめの2枚のスピリアル・ジャズ作品をご紹介!
サックス奏者チャールズ・ウィリアムのレア・グルーヴ盤『Trees, Grass and Things』を聴こう♪
ハンク・クロフォードの名作『ひとりぼっちの夜』を聴こう♪

エリック・ゲイル関連の作品

エリック・ゲイルがKUDUレーベルに残した唯一のリーダー作『Forecast』を聴こう♪
必聴‼クラレンス・ウィーラー&ジ・エンフォーサーズの2枚のレア・グルーヴ作品!
オルガンの女王シャーリー・スコットがアトランティック・レーベルに残した3枚のソウルジャズ作品!
グローバー・ワシントンJr.のデビュー作にしてジャズファンク名作『Inner City Blues』を聴こう♪

フィル・アップチャーチ関連の作品

フィル・アップチャーチのギターが冴える!1972年の名盤『Darkness Darkness』を聴こう♪

カルヴィン・キーズ関連の作品

ブラック・ジャズのハウス・ギタリストだったカルヴィン・キーズのデビュー作『Shawn-Neeq』を聴こう♪

ジミー・ポンダー関連の作品

ジミー・ポンダーの4作目『All Things Beautiful』を聴こう♪

その他のおすすめ作品

オルガンが荒れ狂う!ラスティ・ブライアントのジャズファンク名盤『Fire Eater』を聴こう♪
歌も歌うオルガン奏者ロニー・スミスの傑作ライヴ盤『Move Your Hand』を聴こう♪
ドライヴのBGMに最適⁉ヒューストン・パーソンのジャズファンク盤『Goodness!』
ジャズギターの名手ジョー・パスも参加したジョニー・アーモンドのジャズ・ロック・アルバム『Hollywood Blues』を聴こう♪
ハリケーン・カトリーナからの復興を支援したライヴ企画盤『Wade In The Water』を聴こう♪
ブラック・アイド・ピーズのバックでもギターを弾くジョージ・パホーンJr.のジャズ・ファンク作品『Fried Plantains』を聴こう♪
【絵になる美女ジャケシリーズ】3種類のジャズファンク系おすすめのコンピレーション『It’s A Groovy Thing! 』
【定番曲満載!】ジャズファンク・セッションの練習に最適な2冊のスコアをご紹介します。
Musicの一覧に戻る
<関連コンテンツ>
オリジナルLINEスタンプ『まめチキ君』『もじもじうさぎ もじたん』『陽気なサボテン・ムーチョ』販売中です。ぜひ買ってください。ガンガン使ってね。詳しくはこちらからご覧ください→

Related Articles