カテゴリー:Music

2019/03/04

名ブルース・ハープ奏者キャリー・ベルの1995年の作品『Deep Down』を聴こう♪

リトル・ウォルターやビッグ・ウォルター・ホートンにサニー・ボーイ・ウィリアムスン二世などの伝説的なブルース・ハーピストから直にハープを教わった名ハープ奏者キャリー・ベルが1995年に制作したモダン・ブルース作品『Deep Down』をご紹介したブログ記事のタイトル画像です。

名ブルース・ハープ奏者キャリー・ベルの1665年の名作『Deep Down』をご紹介します。

伝説のハーピスト達から「ブルース魂」を受け継いだ「本物」のブルース・ハーピスト!

今回は以前ご紹介していたジェイムズ・コットンと同世代のブルース・ハーピストのキャリー・ベルの作品をご紹介します。

 

ブルース・ハープ奏者ジェイムズ・コットンのファンキー・ブルース名盤『100% Cotton』を聴こう♪

 

<スポンサーリンク>



 

 

キャリー・ベルとは?

キャリー・ベルは、1936年にミシシッピ州メイコンに生まれました。

 

もともとはサックス奏者になりたかったようなのですが、高価なサックスを購入することが出来ず、代わりにハーモニカ(ブルース・ハープ)を始めることになりました。

 

幼い頃は独学で吹き方を学んだようなのですが、その後シカゴに移住して伝説のブルース・ハープ奏者のリトル・ウォルターやビッグ・ウォルター・ホートンにサニー・ボーイ・ウィリアムスン二世などから直にハープの吹き方を教わった本格派のブルースマンです。

 

今回は、そんな名ブルース・ハープ奏者キャリー・ベルが1995年に制作したモダン・ブルース作品『Deep Down』をご紹介します。

 

ちなみにキャリー・ベルの息子のルリー・ベルは、今も第一線で活躍するブルース・ギタリストです。

 

もちろん腕前も一流です!

 

どちらかというと、シンプルなブルース・ギターを弾くタイプなので、目立つことはあまりありませんが……その代わりに外れも少ないのがルリー・ベルのギターです。

 

Ryo@Dixiefunk Lab.のTwitterアイコン
Ryo
多少地味ですが……安心して聴けます♪

 

このルリー・ベルは、今回ご紹介する『Deep Down』にギターで参加しています。

 

というわけで、親子共演作品になります♪

 

まぁこの親子は何度も共演しているんですがね。(笑)

 

また本作には、カール・ウェザースビーとう名ギタリストも参加しています!

 

アルバート・キング風の豪快なブルース・ギタリストです。

 

カール・ウェザースビーはブルースだけに留まらず、R&Bやファンク系も演奏できる凄腕ギタリストなんです。

 

以前こちらのブログでもカール・ウェザースビーの2000年の名作『Come to Papa』もご紹介していたので、ぜひそちらの方も読んでみて下さい。

 

ブルースだけでなくソウルやR&Bも!カール・ウェザーズビーの2000年の名作『Come to Papa』

それでは、今回はそんな名ブルース・ギタリスト達も参加したキャリー・ベルの1995年の名作『Deep Down』をご紹介したいと思います。

 

ちなみにピアノには、ギターの腕もピアイチなブルースマンのラッキー・ピーターソンが参加しています。

 

キャリー・ベルを支える面子の方もバッチリです♪

 

 

<スポンサーリンク>



 

Carey Bell – 『Deep Down』

01.I Got To Go
02.Let Me Stir In Your Pot
03.When I Get Drunk
04.Low Down Dirty Shame
05.Borrow Your Love
06.Lonesome Stranger
07.After You
08.I Got A Rich Man’s Woman
09.Jawbreaker
10.Must I Holler
11.Tired Of Giving You My Love
12.Easy

 

Personnel:
Carey Bell – Vocals, Harmonica
Carl Weathersby, Lurrie Bell – Guitar
Lucky Peterson – Piano
Johnny Gayden – Bass
Ray “Killer” Allison – Drums

 

 

 


 

アルバムの内容

本作はキャリー・ベルの13作目のアルバムになります。

 

アルバム名の『Deep Down』とは、「本心では」という意味になります。

 

本作のリリースは、ハウンド・ドッグ・テイラーのアルバムを制作するために設立されたインディのブルース・レーベル『アリゲーター・レコード』からリリースされています。

 

『アリゲーター・レコード』からリリースされた作品はどれも質の高いブルース作品が多いので安心できるレーベルです。

 

もちろん本作もクォリティーの高いブルース曲ばかりが収録されています。

 

1曲目” I Got To Go”は、さっそくキャリー・ベルが尊敬するリトル・ウォルターの曲です。

 

まぁ「ブルース・ハーピストの最高峰」と言えば、リトル・ウォルターですので、影響を受けない方がおかしいぐらいですからね。

 

リトル・ウォルターの原曲のように本作のキャリー・ベルも「パ~パ♪パッパッパッ♪」というあの印象的なイントロのリフを吹き始めます。

 

曲調は、テンポの早いマディ・ウォーターズの”Got My Mojo Workin'”風のファスト・ナンバーです♪

 

もちろん歌うのはキャリー・ベル自身です。

 

アンプリファイドされた派手な大きな音で吹くブルース・ハープのソロが最高です♪

 

ハープソロの次は、ラッキー・ピーターソンのファンキーなピアノソロ、そしてカール・ウェザースビーのギターソロと続きます!

 

アルバムの始まりにピッタリな勢いのある演奏ですね♪

 

2曲目”Let Me Stir In Your Pot”は、カール・ウェザースビーの「ピタピタ」したトーンのギターが奏でるイントロから始まるミドル・テンポのブルース曲です。

 

息子のルーリー・ベルのギターは右チャンネルから聴こえてくるコード弾きをしたギターになります。

 

中央寄りの左チャンネルから聴こえてくるアルバート・キング風の派手なリードギターの音がカール・ウェザースビーです。

 

聴きどころは歌い終わった終盤にブルース・ハープのソロに絡みつくギターとのアンサンブル部分です。

 

3曲目”When I Get Drunk”は、ジミー・バーンズの兄エディ・バーンズの渋めのブルース曲です。

 

4曲目”Low Down Dirty Shame”は、ファンキーなブルース曲です。

 

この曲名を見ると、1994年の同名映画『ダーティ・シェイム』を思い出します。(笑)

 

 

こちらの映画の方は、マーカス・ミラーが音楽を担当していました。

 

曲の方は、ファンキーなブルース・ギターもお得意なカール・ウェザースビーのリズムギターが活躍します!

 

ギターソロでもアルバート・キング風の派手なギターソロが炸裂します!

 

もちろん主役のキャリー・ベルも負けていません!

 

どうしても同世代の人気ハーピストのジェイムス・コットンやジュニア・ウェルズの陰に隠れがちですが……キャリー・ベルの腕前はその2人に引けを取らない素晴らしいものです!

 

その後も質の高いオリジナル曲やカヴァー曲が続きますが、残りのカヴァー曲についてもご紹介しておきます。

 

まず7曲目”After You”は、伝説のブルース・ハーピストのひとり、サニー・ボーイ・ウィリアムソン一世の曲です。

 

8曲目の”I Got A Rich Man’s Woman”は、マディ・ウォーターズが歌った曲です。

 

12曲目の”Easy”は、ビッグ・ウォルター・ホールトン作のゆったりしたブルース曲です。

 

やはりカヴァー曲の方もブルース・ハープが中心となるような楽曲が中心ですね♪

 

個人的にもう1曲おすすめしたいのが、ファンキーなギターリフで始まる11曲目の”Tired of Giving You My Love”です。

 

この曲もグルーヴ感が心地よいファンキー・ブルースです♪

 

 

Ryo@Dixiefunk Lab.の白アイコン
Ryo
おすすめ曲は、#1 #2 #4 #5 #11

 

 

 

以上、【名ブルース・ハープ奏者キャリー・ベルの1995年の作品『Deep Down』を聴こう♪】でした。

 

本作は、全体的にファンキーな楽曲が多く収録されています。

 

「ブルース」と言っても1995年と新しい時代の作品ですので、50年代や60年代の作品と違って耳馴染みの良いモダンなサウンドです。

 

ロックやポップスの作品のような聴きやすさがありつつも、キャリー・ベルを始め本格派のブルース・ミュージシャンの手によって制作されているので「ブルース」の「えぐ味」は失われていません!

 

本格的なブルースの聴き始めにもおすすめのアルバムです♪

 

 

<スポンサーリンク>



 

他に関連するお勧め記事

 

ジョニー・ウィンターのアリゲーター・レコード時代の3作品をご紹介します♪
シカゴ・ブルース界最強のリズム・セクション!ジ・エイシズの『黄金のシカゴ・ライヴ1975』を聴こう♪
【この猟犬スライドに憑き!】ハウンド・ドッグ・テイラーの生き様(作品)まとめ!
スライドギターの名手ジョン・リトルジョンのおすすめの必聴アルバム2枚をご紹介します。
【エルモア・ジェームスの遺志を継ぐブルーム系ギタリスト】J・B・ハットの『Hawk Squat』を聴こう♪
ロバート・ビルボ・ウォーカーの1998年の名作『Rompin’ & Stompin’』を聴こう♪
ウォルター・”ウルフマン”・ワシントンの1998年のファンキーな作品 『Funk Is in the House』を聴こう♪
Musicの一覧に戻る
<関連コンテンツ>
オリジナルLINEスタンプ『まめチキ君』『もじもじうさぎ もじたん』『陽気なサボテン・ムーチョ』販売中です。ぜひ買ってください。ガンガン使ってね。詳しくはこちらからご覧ください→

Related Articles

Quick Category

  • カテゴリー:Music
  • カテゴリー:Movie
  • カテゴリー:Book
  • カテゴリー:Travel
  • カテゴリー:Diary
  • カテゴリー:Work
  • カテゴリー:Guitar
  • カテゴリー:Live
  • カテゴリー:Comic