カテゴリー:Music

2021/03/30

グラント・グリーンも参加したレアなサックス奏者ソニー・レッドの『Images』を聴こう♪

 
<スポンサーリンク>
  

グラント・グリーンやブルー・ミッチェルが参加したレアなサックス奏者ソニー・レッドの『Images』をご紹介したブログ記事のタイトル画像です。

知られざるアルトの名手ソニー・レッドの『Images』を聴こう♪

グラント・グリーンやブルー・ミッチェルも参加した異色作

以前、【知られざるアルトの名手ソニー・レッドと共演したドナルド・バードの3部作+α】というブログ記事で、一度取り上げたことがあるソニー・レッドというアルト・サックス奏者がいます。

 

知られざるアルトの名手ソニー・レッドと共演したドナルド・バードの3部作+α

ある程度ジャズがお好きな方であれば、アルト奏者で「ソニー」の名で思いつくのは、ソニー・スティットやソニー・クリスだと思います。

 

特にマイルス・デイヴィスのバンドにも参加したことがあるソニー・スティットの方は、自身のリーダー作に於いてもオルガン・ジャズの名作など様々な作品を残しているので、真っ先に思いつくべきでしょう。

 

そう考えると、ソニー・レッドはまさに「知る人ぞ知る」といった存在ではありますが、今回ご紹介する『Images』のようにハード・バップの隠れた名作とでも言える作品を残していたりもします。

 

興味深いことに、共にブルージーな演奏を得意とするトランペッターのブルー・ミッチェルとギタリススとのグラント・グリーンが別々に参加した異色作がこの『Images』というアルバムです。

 

 

Sonny Red -『Images』

1961年6月と12月の2回に渡るセションをまとめたのがこの『Images』というアルバムです。

 

スイスのアーティスト、エリック・ベイノン作の前衛的なコラージュがアルバム・ジャケットに使われてはいますが、収録された楽曲はストレートなハード・バップが中心です。

 

アルバム前半の1~3曲目が6月の録音で、こちにはブルー・ミッチェルが参加しています。

 

残りの後半3曲が半年後の12月の録音で、グラント・グリーンが参加しています。

 

アルバム最後の”Bewitched,Bothered And Bewildered”以外は全てソニー・レッドのオリジナル曲です。

 

まず1曲目”Images”は、ジョージ・タッカーの渋いウッドベースのイントロから始まり、モーダルなバリー・ハリスのピアノがコンピングを弾き始めます。

 

真っ先にテーマを吹くのはブルー・ミッチェルで、その後主役のソニー・レッドが続きます。

 

若干、音にブレのあるソニー・レッドに対して、ブルー・ミッチェルは堂々とテーマを吹ききっています。

 

モーダルではあるけれども、決して前衛的でも実験的ない、今の時代となってはよくあるパターンのジャズです。

 

2曲目”Blues For Donna”は、まるで初期のアート・ブレイキー&ザ・メッセンジャーズ風の賑やかなハード・バップ曲です。

 

いつも酔っ払ったようなアルト・サックスを吹くルー・ドナルドソン以上にブレが気になるソニー・レッドの演奏ではありますが、フレージングはチャーリー・パーカーから受け継いだかのようなストレートな演奏です。

 

3曲目”Dodge City”も2曲目同様に賑やかなハード・バップ曲です。

 

というよりも、それこそチャーリー・パーカー時代に逆戻りしたかのような古き良き時代のビ・バップを思い起こさせるようなテーマ・メロディーを持つ曲です。

 

前衛アート風のアルバム・ジャケットからは想像も出来ないような、ストレートなジャズで逆にびっくりします。(笑)

 

ここまでがブルー・ミッチェルとの2管編成での録音で、次の曲からはソニー・レッドの1管のみになり、ギタリストとしてグラント・グリーンが加わります。

 

4曲目”Blue Sonny”は、曲名通りにアーシーなジャズ・ブルー曲になります。

 

ソニー・レッドなのにブルーとはこれいかに!?

 

この12月の録音の際にグラント・グリーンを起用したのは、こういったブルージーなオリジナル曲が出来たからなのかな?と勘ぐってしまいます。

 

もちろんジャズ・ブルースこそ一番の得意ジャンルとするグラント・グリーンのギター・ソロが一番の聴き所なのは言うまでもありませんね。

 

5曲目”The Rhythm Thing”は、ソニー・レッドとグラント・グリーンがユニゾンでテーマを弾くアップ・テンポなバップ曲です。

 

前衛の欠片も感じさせない古めかしい楽曲ではありますが…それは1960年という時代に録音されたからであって、ビ・バップも1940年代には前衛音楽であったでしょうからね。

 

当時、まだ自身のリーダー作を制作したばかりのデビュー間もないグラント・グリーンではありますが、もう既に自身のギター・プレイのスタイルを確立していたことが窺えます。

 

「魅惑されて」の邦題で有名な”Bewitched,Bothered And Bewildered”は、ジョン・オハラの作品が元となったミュージカル『パル・ジョーイ』の挿入歌です。

 

ドリス・デイを始めエラ・フィッツジェラルドやフランク・シナトラ、更にはリンダ・ロンシュタットまでもが取り上げた美しいバラード曲です。

 

この美しい曲を、ソニー・レッドがブレながらもワンホーンで見事に吹き上げます。

 

この時の録音にグラント・グリーンは参加してはいるのですが、なぜかこの曲ではギターを弾いていません。

 

せめて1コーラス分だけでもソロを弾いていて欲しかったかな…と思います。

 

 

 

以上、ブルー・ミッチェルやグラント・グリーンが参加したレアなサックス奏者ソニー・レッドの『Images』のご紹介でした。

 

グラント・グリーンがサイドマンとして参加していた「知る人ぞ知る」意外なアルバムでもありますが、初期のグラント・グリーンのギター・ソロを聴くことが出来る貴重なアルバムでもあります。

 

Ryo@Dixiefunk Lab.のTwitterアイコン
Ryo
グラント・グリーン好きの方は、
ぜひ聴いておきましょう♪

 

<スポンサーリンク>



 

他に関連するお勧め記事

 

ジャズ初心者がまずは聴くべきおすすめの名盤5選!様々な楽器がリーダーの作品からチョイス!
【ジャズ初心者にもおすすめ!】ハードバップ誕生の夜を記録したブルーノートの名盤、アート・ブレイキー『バードランドの夜』Vol.1
Musicの一覧に戻る
<関連コンテンツ>
オリジナルLINEスタンプ『まめチキ君』『もじもじうさぎ もじたん』『陽気なサボテン・ムーチョ』販売中です。ぜひ買ってください。ガンガン使ってね。詳しくはこちらからご覧ください→

Related Articles

Quick Category

  • カテゴリー:Music
  • カテゴリー:Movie
  • カテゴリー:Book
  • カテゴリー:Travel
  • カテゴリー:Diary
  • カテゴリー:Work
  • カテゴリー:Guitar
  • カテゴリー:Live
  • カテゴリー:Comic