カテゴリー:Music

2018/07/12

【ミーターズ好き必聴⁉】ミーターズっぽいディープファンク系アルバム3選

ソウル・インヴェスティゲーターズにマイティ・インペリアルズにシュガーマン・スリーなど、ミーターズっぽいディープファンク系アルバムを3枚ご紹介しているブログ記事のタイトル画像です。

【ミーターズ好き必聴⁉】ミーターズっぽいディープファンク系アルバム

ソウル・インヴェスティゲーターズにマイティ・インペリアルズにシュガーマン・スリー……

今回は、2000年代に発売された3つのディープ・ファンク系のバンドのアルバムを3枚ご紹介いたします。

 

どれもミーターズからの影響が感じられる好盤となっております。

 

<スポンサーリンク>



 

1枚目 The Soul Investigators – 『Fat Slice O’ Funk I』

 

以前このブログでもご紹介してました北欧フィンランド出身のバンドソウル・インヴェスティゲーターズの2006年の作品『Fat Slice O’ Funk』です。

 

アルバムの1曲目に、ミーターズの”Cissy Strut”の編曲版”Sassy Strut”が収録されています。

 

基本的にミーターズ風のリフが特徴的なインスト曲が中心ですが、中にはゲストボーカルやゲストホーン隊を加えた華やかなファンク曲も収録されています。

 

ただ、今作では6曲目に収録されている”Ma-Gee”という曲の様に、以前ご紹介していた2001年の作品『Calypso King & Soul Investigators』と同じ収録曲もあったりします。

 

まるでミーターズ!?北欧産DEEP FUNKバンド『Soul Investigators』


しかしそれでもこの『Fat Slice O’ Funk I』に収録されている”Sassy Strut”は聴き所だと思いますのでぜひミーターズ好きの人は聴いてみて下さい!

 

2枚目 The Mighty Imperials – 『Thunder Chicken』

 

マイティ・インペリアルズの2001年の作品『Thunder Chicken』です。

 

 

 

もともとはチキンナゲットの写真ジャケだったのですが、2004年に再発された際にジャケが変更されています。

 

まるでミーターズの名盤『Struttin』みたいな鶏ジャケに変更になっています。

 

 

アルバム収録曲も、1曲目のタイトル曲”Thunder Chicken”なんかは、それこそ”Chicken Strut”のような感じがする曲調です。

 

他にもブレイクビーツがかっこいい”Jody’s Walk”や”Duck Hunt”に”Chico’s Barnyard”に”Ride Shank’s Mare”などの曲はモロにミーターズ風のインスト・ファンク曲です。

 

しかし一方で”Never Found a Girl”や”Joseph’s Popcorn”に”Soul Buster, Pt. 1″などのボーカル曲はジェームス・ブラウン系の曲です。

 

アルバムの最後はそのままジェームス・ブラウンの名曲”Cold Sweat”だったりします。

 

この”Cold Sweat”は、歌なしのインストで演奏されています。

 

弾きまくりのオルガンがとてもかっこいいです♪

 

ちなみに8曲目の”Funky Belly”は、ニューオーリーンズ出身のR&Bシンガーであるウォーレン・リーの1968年の曲のカヴァーです。

このオリジナルバージョンのウォーレン・リーの歌をバックで支える演奏陣は実はミーターズなんです。

 

というわけで、このカヴァー曲もミーターズからの影響なんでしょうかね。

 

とにかくファンキーでかっこいいアルバムですのでミーターズ好きはこの『Thunder Chicken』は必聴ですよ!

 

3枚目 Sugarman Three – 『Pure Cane Sugar』

 

ニューヨーク出身のバンド、シュガーマン・スリーの2002年の作品『Pure Cane Sugar』です。

 

 

曲名もイナタイ1曲目の”Funky So-And-So”からミーターズっぽいギターリフ満載です!

 

サックスソロが入っているところは少し洗練されていて、なんだかニューヨーク風だな~って感じたりもします。

 

なんとなくPazant Brothersを思い起こさせたりもします。

 

 

他にも6曲目の”Promised Land”のイントロのワウギターなんかの音作りは70年代レア・グルーヴ系からの影響を感じます。

 

ミーターズから影響を受けつつも70年代のレア・グルーヴ系からの影響を織り交ぜて、よりイナたく、しかし洗練もされたインストファンクをやっています。

 

“Take It as It Come”なんかでは、まるでニュー・マスターサウンズのエディ・ロバーツ風のワウギターソロが聴けたりもします。

 

ついつい手元に置いておきたくなるポップなイラストジャケも含めて最高にファンキーなアルバムです♪

 

ミーターズ好きは、こちらのシュガーマン・スリーのアルバム『Pure Cane Sugar』もお勧めですよ♪

 

 


 

以上、3枚のミーターズ風の楽曲が聴けるディープファンク系アルバムのご紹介でした。

 

 

<スポンサーリンク>


オリジナルLINEスタンプ『まめチキ君』『もじもじうさぎ もじたん』『陽気なサボテン・ムーチョ』販売中です。ぜひ買ってください。ガンガン使ってね。詳しくはこちらからご覧ください→
Musicの一覧に戻る

Related Articles