カテゴリー:Music

2017/09/22

カントリーミュージックよ、永遠に…。CMAアワード50周年を記念してオールスターが名曲を熱唱!

 
<スポンサーリンク>
  

アメリカ国民の魂の音楽カントリーミュージック

 

アメリカの「カントリーミュージック」は、市場の規模も大きく今でもアメリカ国内では売り上げが大きいジャンルのひとつです。

 

そんなアメリカ国民の「魂の音楽」とも言えるカントリーミュージックで我々日本人にも馴染みのある2曲と言えば……

 

ひとつはカントリー音楽界を代表するシンガーソングライターの故ジョン・デンバー作の名曲“Take Me Home, Country Roads”(以下:カントリーロード)です。

 

歌詞も日本語化されるほどの人気の曲で、カントリーミュージック」と言えば、誰しもがこの曲を思いつくであろう永遠の名曲です!

 

オリビア・ニュートン・ジョンが歌っていたのも有名ですね。

 

そしてもう1曲ご紹介したいのが、映画「ボディーガード」でホイットニー・ヒューストンが圧倒的歌唱力で歌い上げた誰もが感動した名曲“I Will Always Love You”(邦題:いつまでもあなたを愛している)です!

 

この名曲……ホイットニー・ヒューストンのこのカヴァーバージョンのアレンジがあまりにも素晴らしすぎて、もはやホイットニーのオリジナル曲だと勘違いしている人の方が多いんじゃないだろうか?と思うこともありますが、元はといえばカントリー音楽界のディーバでもあるドリー・パートンが書いたカントリーラブソングです。

 

オリジナルはゆったりとした感じのラブソングなんですよ♪

 

ちなみにこの曲は、その後ドリーエミルー・ハリスと共にカントリー3人娘として活動するリンダ・ロンシュタットもカヴァーしていますね。

 

本当に素晴らしい名曲ですよね♪

 

 

<スポンサーリンク>



 

 

さて、前置きが少し長くなっちゃいましたが…本題です!

 

CMAアワード50周年記念動画

 

アメリカにはカントリーミュージック協会という組織があります。

 

この組織名の“Country Music Association”を略して“CMA”と表記されます。

 

このCMAには権威あるカントリーミュージックの賞があり毎年授賞式が開催されているんです。

 

それは、毎年11月に開催されるCMAアワードです。

 

このCMAアワードは、1967年に第1回授賞式が行われました。

 

そして今年の2017年で50周年を迎えました。

 

その50周年を記念してカントリーミュージックを代表するミュージシャンたちが集合してこんな映像が作られました。

 

まずはYouTubeの公式チャンネルにアップされているこの動画をご覧になって下さい。

 

Artists Of Then, Now & Forever – “Forever Country”

 

最初にご紹介していたカントリーロードオールウェイズ・ラブ・ユーをミックスした素晴らしいミュージックビデオです!

 

 

ミュージックビデオの解説

 

それでは、このミュージックビデオの解説を交えてご紹介します。(全部紹介すると大変なので多少省略しています。)

 

まずはタイトルですね。

 

“Forever Country”と表示されます。

 

アメリカ人の「魂の音楽」であるカントリーミュージックは、永遠に続いていくのです……!

 

最初のヴァースは、カントリーロードのみで始まります。

 

1番手を飾るのは若手シンガーソングライターのブラッド・ペイズリーです。

 

彼がまずは最初の部分、


 

Almost heaven, West Virginia

 


 

と歌い始めます。

 

そして次に動画の21秒あたりから、キース・アーバンが続きます。

 

朝日が昇ってきて、曲の始まりを表しています。

 

27秒から登場するのは、日本ではテイラー・スウィフトの憧れの歌手として有名になっちゃった気がする(?)ティム・マグロウです。

 

 

ティム・マグロウとくれば次は……奥さんのあの超美人実力派シンガーのご登場ですね!

 

映画『パールハーバー』の主題歌を歌って世界的に大ヒットした女性シンガーのフェイス・ヒルです!

 

相変わらず歌が飛びぬけて上手いですよね!

 

夫婦揃ってカントリーミュージック界の大スターですね!

 

34秒のところでフェイス・ヒルがティム・マグロウの方に手を置くシーンがほっこりした気分になります。

 

美男美女でお似合いですね!かっこいい!

 

そしてお次は、お気に入りのシーンなのですが……動画の44秒当たりです。

 

汽車のレールを挟んでルーク・ブライアンとミランダ・ランバートが向かい合って歌っているシーンです。

 

 


 

West Virginia,

 


 

と歌うミランダが可愛いですね♪

 

 

その後、またルーク・ブライアンと続き、ブレイク・シェルトンを挟んで55秒あたりからジョージ・ストレイトが、1番目のトリを飾ります。

 

ジョージ・ストレイトと言えば、僕も大好きなカントリーの名曲”Amarillo By Morning”を歌った名シンガーです。

 

ここまででも十分素晴らしいのですが……歌の2番目からの演出にアメリカ人のセンスを感じます!

 

1番目はカントリーロードだけだったけれども……2番目の頭からオールウェイズ・ラブ・ユーを被せています。

 

あえて1番目に登場させないで、2番目から徐々に被せていくこのセンス……

 

しかもその始まりを飾るのは、58秒あたりでチラッと姿が見える美人シンガーのケイシー・マスグレイヴスです。

 

ドリー・パートンに続くカントリーミュージック界の新世代のディーバとなれるのか!?

 

 

 

If I ……

 


 

オールウェイズ・ラブ・ユーの最初のフレーズをケイシー・マスグレイヴスが歌い始めると……

 


 

All my memories,

 


 

と、カントリーロードの2番目のフレーズの始まりを歌うエリック・チャーチの映像に59秒から切り替わり…

 

再度ケイシー・マスグレイヴスが

 


 

……should stay

 


 

……とオールウェイズ・ラブ・ユーのフレーズを歌い場面が移り変わります。

 

この演出が素晴らしいですね♪

 

どことなくケイシーの歌声がドリー・パートンに似ている気がしますが、やっぱり意識しているんでしょうか!?

 

その後、ケイシーの歌うオールウェイズ・ラブ・ユーをバックに、カントリーロードを歌うロニー・ミルサップが1分3秒のところで登場します。

 

そして、また場面が移り変わり、オールウェイズ・ラブ・ユーに戻ります。

 


 

So I’ll go, yet I know

 


 

オールウェイズ・ラブ・ユーのフレーズを歌う1分8秒の映像はチャーリー・プライドです。

 

そこにカントリーロードのフレーズの

 


 

Dark and dusty, painted on the sky

 


 

と歌うディエクス・ベントレーが1分9秒に登場します。

 

そしてチャーリー・プライドが再登場して交互に歌っています。

 

1分13秒辺りからディエクス・ベントレーに重ねてオールウェイズ・ラブ・ユーのフレーズである

 


 

I’ll think of you each step of the way

 


 

を歌っている女性シンガーはトリシャ・ヤーウッドです。

 

 

……さてここまでの映像をご覧になって気づきましたでしょうか?

 

その憎い演出に!

 

カントリーロードを歌っている時の背景は全て「昼」です。

 

オールウェイズ・ラブ・ユーを歌っている時の背景は「夜」になっているんですね。

 

明るく軽快に歌うカントリーロードは、「人生の喜び」を表現していて、切なく哀しげに歌うオールウェイズ・ラブ・ユーは、「人を愛する苦しみ」を表現しているんでしょうか?

 

このセンス!

 

アメリカ人のこういったセンスは、憧れますね!

 

さて、1分19秒から登場する2番目のサビを歌うのは3人組のレディ・アンテベラムです

 

男女混合によるとても綺麗なハーモニーですね♪

 

その後、ブレイク・シェルトン→ジョージ・ストレイトと続くのですが……

 

この部分、よ~~く耳を凝らして聴いてみると……

 


 

And I will always love you

 


 

と、オールウェイズ・ラブ・ユーのサビを歌っている声が微かに聴こえてきます。

 

この声の持ち主は、新世代のカントリーミュージック界のディーバであるキャリー・アンダーウッドの声なんです。

 

彼女はまた後ほど曲の終盤に出てきます。

 

キャリーの声、気づきましたか?

 

長らくカントリーミュージック界のディーバであったドリー・パートンの名曲オールウェイズ・ラブ・ユーを2番で歌っているのは新世代のカントリーミュージック界のディーバでもあるキャリー・アンダーウッドとケイシー・マスグレイヴスだってのも憎い演出ですね!

 

そして引き続き、1分34秒のシーンで家のポーチに座って歌っているのが、カントリー界の新世代のディーバであるマルティナ・マクブライドです。

 

彼女がオールウェイズ・ラブ・ユーを引き続き歌っています。

 

その横に座っているのが、アメリカの人気ロックバンド(なぜか日本ではヒットしなかったけれども、アメリカでは1stアルバムが爆発的大ヒットをした……)フーティー・アンド・ザ・ブロウフィッシュのボーカリストのダリアス・ラッカーです。

 

ダリアス・ラッカーは、フーティーが活動休止中に、(現在は活動を再開中)まさかのカントリーミュージックのソロ歌手としてデビューしました。

日本では過小評価されてる⁉本当はすごいロック・バンド!フーティー・アンド・ザ・ブロウフィッシュを聴こう♪

もともと、カントリーっぽい歌い方だったので、ピッタリなんですがね。

 

そしてその後、1分40秒からカントリーロードのブリッジ部分を歌うジェイソン・アルディーンが登場して、1分43秒に男性3人のコーラスグループ、ラスカル・フラッツと続きます。

 

そして1分52秒から大御所のご登場です!

 

そう、ボブ・ディランも憧れた偉大なるウィリー・ネルソンのご登場です!

 

この時、既に83歳です!

 

しかもパリのエッフェル塔(背景は全てCG)をバックにこの貫禄です!

 

とても深みのある声なんですね…心に染みわたります。

 

長い年月を経て多くの経験を積んだからこそ表現できる歌声なのでしょう。

 

1分59秒から再度、カントリーロードのサビに戻ります。

 

ダリアス・ラッカーとリトル・ビッグ・タウンが登場する2分7秒のシーンは、レインボーブリッジ国定公園にあるランドスケープ・アーチが背景に合成されています。

 

2分20秒が過ぎたところで再びオールウェイズ・ラブ・ユーに代わります。

 

ここで登場するのがカントリーの女王リーバ・マッキンタイアです。

 

彼女が


 

Oh I hope life treats you kind
And I hope you have all you dreamed of

 


 

と祈るように歌います。

 

ここでカントリーの女王とくれば、お次はカントリーの王様アラン・ジャクソンが2分30秒に登場します。

 

とても穏やかで渋い声です。

 

曲も終盤に進み、2分36秒から天使の歌声を持つ、ヴィンス・ギルが登場します!

 

まるで強面なのに美しい声の持ち主なのは、カントリー界のアーロン・ネヴィルといったところでしょうか⁉

 

さて、ここまででも十分すぎるぐらい豪華な内容でしたが、このミュージックビデオの最大の見どころは最後のサビ部分です。

 

ここで登場人物が全員集合します!

 

その最初を飾るのが現代カントリーミュージック界のディーバことキャリー・アンダーウッドです。

 

2分44秒のところで彼女がアップで映し出されます。

 


 

And I will always love you, I~

 


 

オールウェイズ・ラブ・ユーの一番の盛り上がる箇所をキャリー・アンダーウッドが歌いあげます。

 

さすがに華がありますね♪

 

ケイシー・マスグレイヴスも負けじと再登場!

 

ここから最後にかけて出演していた全員が一堂に会します!

 

そして、これだけの豪華なミュージシャンたちを従えてトリを飾るのが、名曲オールウェイズ・ラブ・ユーを作曲したドリー・パートンご本人がご登場です!

 

ジョン・デンバーは残念ながら亡くなっているので登場はしません。

 

こうして大御所ドリーのご登場でカントリーミュージック界の2大名曲の共演は無事に大団円を迎えます!

 

3分55秒の最後のシーンでのドリーのキュートな笑顔も素晴らしいですね。

 

この時、既にドリーは70歳なのですが、現役バリバリなのが素晴らしです。

 

こうしてカントリー界の名曲2曲を合わせた動画が終了します。

 

本当に素晴らしい映像だと思います。

 

 

追記……

 

1番の歌の最中、ミランダ・ランバートからルーク・ブライアンと続く動画の51秒の部分で、チラッと一瞬だけランディ・トラヴィスが写っています。

 

ランディ・トラヴィスは、1986年の傑作『Storms of Life』でネオトラディショナル・カントリーの発展に大きく貢献した、現代カントリーミュージックを代表するミュージシャンです。

しかし現在は病気のため以前のように歌ったりギターを弾いたりとパフォーマンスをすることが出来ません。

 

でもそんなランディ・トラヴィスもこのミュージックビデオに出演しているのは、なんとも泣ける演出ですね。

 

今はもう歌うことが出来なくなってしまっていても、彼も同じカントリーミュージック界のレジェンドなのです。

 


 

 

 

以上、「CMAアワード50周年記念ミュージックビデオ!」のご紹介でした!

 

皆さんも、このカントリーミュージック2大名曲のコラボを聴いて、ぜひ心の底から感動して下さい!

 

<スポンサーリンク>



他に関連するお勧め記事

 

ブルース初心者に聴いて欲しいおすすめの名盤20選をご紹介します。
ジャズ初心者がまずは聴くべきおすすめの名盤5選!様々な楽器がリーダーの作品からチョイス!
リンダ・ロンシュタットがカヴァーしたおすすめの泣ける名曲バラード【4選】
Musicの一覧に戻る
<関連コンテンツ>
オリジナルLINEスタンプ『まめチキ君』『もじもじうさぎ もじたん』『陽気なサボテン・ムーチョ』販売中です。ぜひ買ってください。ガンガン使ってね。詳しくはこちらからご覧ください→

Related Articles

Quick Category

  • カテゴリー:Music
  • カテゴリー:Movie
  • カテゴリー:Book
  • カテゴリー:Travel
  • カテゴリー:Diary
  • カテゴリー:Work
  • カテゴリー:Guitar
  • カテゴリー:Live
  • カテゴリー:Comic