カテゴリー:Music

2017/11/15

お勧めのニューオーリンズ・ファンクバンドのダンプスタファンク!

お勧めのニューオーリンズ・ファンクバンドのダンプスタファンク!

2000年代以降のお勧めの新世代ニューオーリンズ・ファンクバンドです。

このバンドを知ったきっかけは?

実はこのバンドを知ったきっかけはブートレッグ(ボソッ)からなんです。(笑)

 

かれこれもう10年近くも前の話なんですが……

 

それも2007年ぐらいにまだ1stミニアルバムをリリースするかしないかぐらいの時期に、2006年にイヴァン・ネヴィルが出演していたブートレッグ(ボソッ)を聴いたのがきっかけでした。

 

その時に聴いたファンキーな曲の”Gasman Chronicles”がとても気に入り、ブートレッグ(ボソッ)だけでなく公式アルバムも買うことにしました。

   

   

Dumpstaphunk(ダンプスタファンク)とは?

 

ザッとですがメンバーをご紹介します。

 

元はと言えばアーロン・ネヴィルの息子イヴァン・ネヴィル(vo,key)が2006年辺りに始めたバンドです。

 

その他のメンバーは、ギタリストにアート・ネヴィルの息子のイアン・ネヴィルとベーシストは元ネヴィル・ブラザーズ出身のトニー・ホールとニック・ダニエルズのツインベースです。

 

ツインベース形態ですがそれぞれ他の役割もあって、イアン・ネヴィルが派手なギターソロを弾けないのでジミヘン風の派手なギターソロを弾く曲の時はなぜかトニー・ホールが白のストラトでソロを弾きます。

 

またイヴァン・ネヴィルのボーカルがとってもイマイチなので(苦笑)トニー・ホールとニック・ダニエルズも歌います。その2人の方が歌も上手いです。(笑)

 

このツインベースのベテラン2人で成り立っているファンクバンドです。まだまだダメダメなネヴィル家の息子たちです。(笑)

 

たまにイヴァン・ネヴィルもリズムギターを弾いたりしますがそれもイマイチです……。(笑)

 

ドラムはよくメンバーが入れ替わっていてもう3人目です。

 

……という感じです。

 

<スポンサーリンク>


 

3枚の公式アルバム

現時点での公式盤のアルバムは3枚です。

Dumpstaphunkの3枚の公式盤のアルバムの写真

 

どれもジャケットがかっこいいのも特長です。

 

僕の持っているアルバムの写真と一緒に各アルバムを下記に掲載します。

 


 

 

1stミニアルバム『Listen Hear』(2007)

Dumpstaphunkの1stミニアルバム『Listen Hear』(2007)の写真
Dumpstaphunkの1stミニアルバム『Listen Hear』(2007)の写真

 

 

のミニアルバムは、5曲入りで少しロックな感じの曲が多いです。ギターも歪んでいてジミヘン風です。ファンカデリック風のファンク・ロックって感じですね。その後の2枚のアルバムとは印象が違いますので、このアルバムがDumpstaphunkの音楽性を全て示しているか?ってなると違うような気がしますが、少ない収録曲数でサクッと爽快なファンクを聴きたい時にお勧めです。

 


 

 

1stフルアルバム『Everybody Want Sum』(2010)

 

Dumpstaphunkの1stフルアルバム『Everybody Want Sum』(2010)の写真
Dumpstaphunkの1stフルアルバム『Everybody Want Sum』(2010)の写真

 

 

ちらが初のフルアルバムです。曲数も12曲と通常の収録曲数で、バラエティに富んだ楽曲が多いのでまずはDumpstaphunkの音楽性を知るにはこの1枚から聴き始めると良いんじゃないかな?って思います。2曲目に収録されている”Deeper”でのニック・ダニエルズのブラックフィーリング溢れる歌が聴けます。またこのアルバムにインストの名曲”Gasman Chronicles”が収録されています。7曲目の”Standin’ In Your Stuff”は、ミーターズのドラムのジガブーがソロで演奏していた曲でもあります。まず初めの1枚はこのアルバムからが最適なんじゃないかな~?って思います。

 


 

 

2ndフルアルバム『Dirty Word』(2013)

 

Dumpstaphunkの2ndフルアルバム『Dirty Word』(2013)の写真
Dumpstaphunkの2ndフルアルバム『Dirty Word』(2013)の写真

 

 

のところ最新作の2ndフルアルバムです。アーニー・ディフランコやレッチリのフリーにサックス奏者のスケーリックなど多彩なゲストが参加している豪華なアルバムです。収録曲も前2作よりも更にバラエティーに富んでいて、それが逆に散漫なイメージを与えてしまってもいます。(笑)ジョン・リー・フッカーのブギみたいな8曲目の”Blueswave”もあればどことなくEW&Fの”Thats the Way of the World”ぽいバラード曲の”They Don’t Care”もあります。ただしこの曲を歌うイヴァン・ネヴィルの歌唱力は……イマイチです。(笑)ちなみにこのアルバムでは1曲目の”Dancin’ To The Truth”のPVも制作されています。おそらくこれがこのバンドにとって初のPVなんじゃなかったかな?と思います。

 

Dumpstaphunk – “Dancin to the Truth” 

 

以上が現時点で発売されているDunmpstaphunkの公式アルバム3枚でした。

 


 

ちなみに作品をリリースするペースは遅いですが、2006年より毎年ニューオーリンズ・ジャズ&ヘリテッジ・フェスティバルに出演していたりアメリカ本国ではライヴ活動を盛んに行っているみたいです。

 

CD-Rでのリリースですが、ジャズフェスのアルバムもAmazonなどで購入できます。

 

Dumpstaphunkのニューオーリンズ・ジャズ&ヘリテッジ・フェスティバルなどのライヴアルバムの写真

 

中には全編レッド・ツェッペリンの楽曲をカヴァーしたライヴアルバムなんてのもあったりします!

 

ご興味ある方はぜひ下記のリンクからチョイスしてみて下さい。

 

 

 

お勧めのライヴ映像!

 

Dunmpstaphunkは、アルバムリリースの速度は遅いのですが、その代り毎年かなりの数のライヴを行っているようです。

 

やはりライヴで本領を発揮するバンドなんですね♪

 

そんな数多く行っているライヴの映像はYouTubeで気軽に観れますので、ご興味ある方はぜひ色々と探してみて下さい。

 

しょっちゅう新しいライヴ映像が追加されていますので、もちろん僕もその全てを把握するなんて到底無理なんですが……

 

そんな中でも自分の好きなDunmpstaphunkのライヴ映像を4つ選んでみました。

 

↓この曲でハマりました!今も好きな曲です。
Dumpstaphunk – “Gasman Chronicles”

 

 

Dumpstaphunk – “Water” 

 

 

Dumpstaphunk – “Everybody Wants Sum” 

 

 

↓ファンカデリックの名曲もやってます!
Dumpstaphunk – “One Nation Under A Groove” 

 

まだまだこの他にもたくさんライヴ映像がYouTubeに流れていますので、他にも探してみて下さい。

 

最後に……

Dunmpstaphunkはまだまだ日本では知名度が低いのかな?って思ったりもしますが、すごくかっこいいファンクバンドなので少しでも聴く人が増えて欲しいです。

だからこうやってブログの記事にして布教活動しています。(笑)

 

もしこの記事を読んでDunmpstaphunkを気に入って頂けたら嬉しいです。

 

   

<スポンサーリンク>


オリジナルLINEスタンプ『まめチキ君』『もじもじうさぎ もじたん』『陽気なサボテン・ムーチョ』販売中です。ぜひ買ってください。ガンガン使ってね。詳しくはこちらからご覧ください→
Musicの一覧に戻る

Related Articles

<スポンサーリンク>