カテゴリー:Music

2018/02/28

『Harlem Underground』本当にジョージ・ベンソンが参加している?

レア・グルーヴのマストアイテムでもある『Harlem Underground』には、本当にジョージ・ベンソンが参加している?

Harlem Underground Band – 『Harlem Underground』

“Smokin’ Cheeba Cheeba”収録のRare Grooveマストアイテム!

この作品はHip-Hopのサンプリングネタとしても有名な”Smokin’ Cheeba Cheeba”というダンサンブルなファンクナンバーが聴き所のレア・グルーヴ系のファンキーな作品です。

 

クラブ受けの良さそうな曲ですね♪

 

このアルバムのジャケットにも記載があるように……

あのジャズギタリストのジョージ・ベンソンが参加しているのが一番の話題になります。

 

ジャケットの裏にもベンソンの写真が載せられていますね。

 

ただギタープレイがベンソンっぽく聴こえないところに、「本当にベンソンが参加しているの?」となる点だと思います。

 

そこで僕なりに検証してみました。

 

やはりジョージ・ベンソンは参加していると思います!

 

まず1曲目の”Smokin’ Cheeba Cheeba”なんですが、ベンソンの多重録音でギターが重なっています。

 

LチャンネルもRチャンネルもベンソンのリズムギターだと思います。

 

ファンク系のギタリストなら、こういった曲の場合1~3弦中心の高音のコード弾きをすると思います。

 

しかしこのリズムギターは3~5弦辺りが中心です。

 

その点からジャズギタリストだと思います。

 

またベンソンのギターだと思う点に、曲の終盤のギターソロがあります。

 

エコーこそかけられていますが、ブルース・スケール中心のフレージングがベンソンぽいです。

 

またトリルで盛り上げていくフレージングもベンソンぽいです。

 

2曲目の”Fed Up”は、以前、どこぞの雑誌で「ベンソンが弾かなそうなブルースっぽいギターのフレージングに歪ませたギターがベンソンっぽくない!」と書かれていましたが、それもそのはず……そのギターはベンソンの他にクレジットされている恐らくスターリング・マッギーなる人物のプレイなのでは?と思います。

 

Lチャンネルがベンソンで、Rチャンネルのブルースギターはスターリング・マッギーなる人物なのでは?と思います。

 

3曲目と4曲目に関してはクレジットも記載されていませんので、これはベンソンではないでしょう。

 

……とおうわけで、1曲目と2曲目(同じ曲の5曲目も)にはクレジット通りにベンソンが参加していると思いました。

 

どうでしょうか?

 

以上、ベンソンが参加しているのかどうか?の検証でした。

 

レア・グルーヴ系の作品としては必聴の作品となっておりますので、まだ未聴の方はぜひ聴いてみて下さい!

 

オリジナルLINEスタンプ『まめチキ君』『もじもじうさぎ もじたん』『陽気なサボテン・ムーチョ』販売中です。ぜひ買ってください。ガンガン使ってね。詳しくはこちらからご覧ください→
Musicの一覧に戻る

Related Articles

<スポンサーリンク>