カテゴリー:Music

2017/12/20

ラリー・カールトンのおすすめのクリスマス・アルバム『Four Hands & a Heart Christmas』

Four Hands & a Heart Christmas - ラリー・カールトンのクリスマス・アルバム -

Four Hands & a Heart Christmas

名ギタリストで名セッションマンでもあるラリー・カールトン

ブルースやジャズのギターが好きだったら絶対に避けては通れないであろうラリー・カールトン……もちろん僕も大好きで憧れています。

 

本当に心の底から「巧いギタリスト」だって言える存在です。

 

人類で最もES-335を良いトーンで鳴らせる名人だと思います。

 

ラリー・カールトンのようなトーンでES-335を鳴らせたら最高です。

 

そんなラリー・カールトンは、若い頃から数多くのセッションをこなしてきたギタリストだったので、ブルースやジャズに限らずほぼどんなジャンルの音楽でも超一流に弾きこなせる名手です。

 

エレクトリック・ギターだけでなく、アコースティック・ギターの腕前も超一流です!

 

ラリー・カールトンのアコギの名盤はいくつかありますが、それはまた別の機会に……。

 

今回はせっかくクリスマスの時期なので、この時期にちょうど良いお勧めのラリー・カールトンのエレキとアコギの卓越した演奏が聴ける名盤をご紹介します!

 

 

<スポンサーリンク>


 

ラリー・カールトンの1人2役のアルバム

 

ところでラリー・カールトンは、2012年にそれまでのキャリアの集大成として『Four Hands & A Heart Volume One』というアルバムをリリースしています。

 

 

このアルバムは、”Room 335″や”Rio Samba”に”Sleepwalk”などの過去の代表曲をラリー・カールトン1人2役で再録音した作品です。

 

基本的にアコギでリズムを奏でて、その上にオーバーダビングでリードギターをエレキで弾いています。

 

ラリー・カールトン本人が言うには、元々それらの曲を作曲した時のハーモニーに近い形で録音し直した作品です。

 

このアルバムも、もちろんお勧めですので未聴の方はぜひ!

 

 

ラリー・カールトンのクリスマス・アルバム

さて、本題なんですが……

 

今回ご紹介したかったのは、上記のアルバム『Four Hands & A Heart Volume One』のクリスマス・バージョンのアルバムです。

 

『Four Hands & A Heart Volume One』と同じようにラリー・カールトンのエレキとアコギの1人2役のコンセプトを持ちつつ、クリスマスの定番曲をギターインストでアレンジして演奏しています。

 

Four Hands & a Heart Christmas - ラリー・カールトンのクリスマス・アルバム -
Four Hands & a Heart Christmas - ラリー・カールトンのクリスマス・アルバム -
Four Hands & a Heart Christmas - ラリー・カールトンのクリスマス・アルバム -

Larry Carlton – 『Four Hands & a Heart Christmas』

 

01. Have Yourself A Merry Little Christmas
02. Oh Come Oh Come Emmanuel
03. The Christmas Song
04. Angels We Have Heard On High
05. Silent Night
06. Away In a Manger
07. The First Noel
08. Rudolf The Red Nose Reindeer
09. We Three Kings

 

 


 

このアルバムもラリー・カールトン1人で2役をこなしています。

 

全曲アコースティックとエレクトリック・ギター2本を多重録音して制作されています。

 

ロマンティックなムードの曲もあればスウィンギーでノリの良いゴキゲンなナンバーも収録されています。

 

基本的には穏やかでホッとするような曲調が多く収録されていてます。

 

ほとんどの曲で優しいメロディー満載の素晴らしいアレンジが聴けます。

 

どの曲にもラリー・カールトン印の泣きのメロディーが用意されていて、ギターの音色のあまりの美しさにうっとりとしてしまうこと間違いなしです。

 

このようにほとんどの収録曲がロマンティックな大人なムード溢れる作品なのですが……

 

僕が一番好きなお勧め曲は8曲目の”Rudolph the Red-Nosed Reindeer(赤鼻のトナカイ)”です♪

 

このアルバムのバージョンは左CHにジャジーなコンピング、左寄りの中央CHにシェイカー、右CHにベースライン、右寄りの中央CHに歌心溢れるリードギターが流れています。

 

スウィンギーなジャズ・アレンジでノリが良く、聴いてるこちらまで楽しくなってくるアレンジです♪

 

 

余談:ギターデュオで実際に演奏

 

ちなみにこのアレンジが好きすぎて、どうしてもこの曲を演奏したくなってカヴァーしました。

 

僕のやっているギターデュオのString Windersでもこの曲をクリスマスの時期にだけやっています。

 

ラリー・カールトンのこのアレンジを元にギタークラスで更に弾きやすい形でアレンジし直してもらっています。

 

1年の内にこの時期にしか演奏する機会がないのがもったいない気もしますが、昨年度は2回、今年はつい先週の土曜日のライヴで取りあげました。

 

特に今年のデュオでの演奏は、見に来てくださった方々から色々とご好評いただいたみたいです。

 

残念ながら今年は動画撮ってなかったのがちょっともったいないんですが……昨年のライヴでの動画をこちらに載せておきます。

 

String Winders – 2016年12月23日 @CELLAR BAR KENT 05.Rudolph the Red Nosed Reindeer

この時はベース+ピアノ+ドラムとプロの方々にサポートして頂いています。

 

手前で黒のES-335でイントロ~最初のテーマを弾いてるメガネ超人が僕です。

 

ギターソロはその場で思い付きで弾いた一応アドリヴ演奏です。

 

また来年のこの時期まではこの曲をやることがないですが、まぁクリスマスの時期にだけの特別な演奏曲ってことで……。

 

終わりに

 

途中から自分たちの演奏の話になったんですが、まぁ自分のブログなんで自分の話に持って行くのは当然のことなんで……。(笑)

 

そもそも自分の話をしないんだったら個人ブログの意味もないですからね。

 

自分の話載せないのだったら自作ブログ作って独自ドメインなんて取得せずにどっか適当なブログサービス使ってます。(笑)

 

どこにでもあるような単なる情報だけを載せたありふれたレビューサイトにするつもりもないですから。

 

当然、ラリー・カールトンのように巧くは演奏出来ませんが、こうやってトップ・ミュージシャンから影響を受けて自分たちでも演奏してみることに意味があると思います。

 

よく思うのが、自分で演奏してみて初めて分かることってすごく多いんですよ。

 

実際に自分で演奏していないのにどこにでも載っているようなウンチク自慢だけのレビューとかって、僕個人としてはすごくつまらなく感じます。

 

以前、他の音楽サイトにレビューを投稿していた際に下記のようなコメントを頂いたことがあります。

 

 

 

ジム・ホール・トリオの『サークルズ』

 

上記記事より抜粋


 

なんて詳しいレビューなんだ!
ジャズレビューにありがちなウンチク自慢じゃなくて、作品の演奏内容に言及してくださっていて本当に参考になりました。
ありがとうございます。

 


 

詳しいかどうかはさておき……ウンチク自慢は僕も逆の立場で見ていて面白くないなって感じます……。

 

個人の考えや聴いた感想など、その人の個性が感じられないものって魅力に欠けるなって僕は思います。

 

それに海外旅行にしてもなんにしても、実際に自分で体験してみて初めてリアリティーも出てきますし、面白みも出てきます。

 

もちろん自分の話だけでなく、今回ご紹介しましたラリー・カールトンのクリスマス・アルバムもお勧めですのでぜひ聴いてみて下さい。

 

 

ギターインストものが好きな人はもちろん、今まであまりギターものは聴いたことなかったって人もこれを機にラリー・カールトンの素晴らしいギター演奏に触れてみて下さい。

 

お勧めですよ♪

 

 

<スポンサーリンク>


オリジナルLINEスタンプ『まめチキ君』『もじもじうさぎ もじたん』『陽気なサボテン・ムーチョ』販売中です。ぜひ買ってください。ガンガン使ってね。詳しくはこちらからご覧ください→
Musicの一覧に戻る

Related Articles

<スポンサーリンク>