カテゴリー:live

2022/03/24

2022年5~6月にビルボードライブ大阪にて来日公演を行う海外ミュージシャンの気になる日程をまとめました。

ラリー・カールトンにロバート・グラッスパー等気になる海外大物ミュージシャンがこぞって来日公演を行う2022年5~6月のビルボードライブ大阪のライブ情報をまとめたブログ記事のタイトル画像です。

ビルボードライブ大阪で2022年5~6月に開催予定の気になるライブ情報をまとめてみました!

コロナ禍で減った海外ミュージシャンの来日公演

コロナ禍の状況が続く昨今、ここ2年程は海外ミュージシャンの来日公演が延期になったり中止になったり…と、とても残念な日々が続いていました。

 

僕もこの2年間で国内のライブイベントや国内ミュージシャンのライブを観に行くことは数回ありましたが、海外ミュージシャンの来日公演に関しては2020年の1月31日(金)にザ・ニュー・マスターサウンズの来日公演を観たのが最後でした。

 

ザ・ニュー・マスターサウンズ3年ぶりの来日公演を梅田シャングリラで観てきました。

 

その後2月にチャーリー・ハンターのライブを観に行く予定だったのですが、こちらの来日公演は直前で中止となってしまいました…。

 

それから2年近くは海外ミュージシャンの来日公演は控えめとなってしまいました。

 

いつまでこの状況は続くのだろう…!?と先の見えない不安が続いていたのですが、今年に入り状況が少し変わってきたようです。

ワクチンの3回目の接種を控えそろそろ来日公演が多くなってきた?

さて、そろそろ3回目のコロナワクチンの接種を控えた今日この頃…Twitterを見ていたら、コリー・ヘンリーが5月にラリー・カールトンが6月に来日公演を同じビルボードライブ大阪にて行うことという情報を知りました。

 

どちらも僕が好きなミュージシャンではありますが、実は今までどちらもライブを生で観たことがありませんでした。

 

特にラリー・カールトンの方はこれまでにも何度か観に行くチャンスはあったのですが、なかなか都合が合わずに観に行くことが出来ませんでした。

 

僕の身近なお知り合いの方々にもこのことを話すと「へ~意外ですね。ラリー・カールトンは観に行ってそうなのに。」と言われることもあります。

 

もいろん僕もラリー・カールトンの音楽性が大好きなので本当は生でライブを体験したいとずっと思っていました。

 

これまで泣く泣く観に行くことが出来なかったラリー・カールトンのライブなのですが、Twitterの情報を観てもしかしたら今回こそは観に行くことが出来るのではないかと思い胸を躍らせているところです。

 

ラリー・カールトンやコリー・ヘンリーが来日公演を行うことを知りさっそくビルボードライブ大阪のライブ情報を公式ホームページまで観に行ったのですが…それだけじゃなかったです!

 

他にも気になるミュージシャンがこの5月~6月にビルボードライブ大阪でライブを行う予定のようでした。

 

今回は僕が観に行きたいと思った5月~6月のビルボードライブ大阪のライブイベントを自分用の備忘録も兼ねてこちらにまとめてみたいと思います。

 

チケットの購入に関しては各公演の情報毎にビルボードライブ大阪の公式サイトへのリンクを貼って置きますのでそちらよりご購入をお願いいたします。

 

僕もいつもWEBから予約しているのですが、やはりWEBからの予約が便利ですよ♪

 

ぜひこのブログ記事をご覧の皆様もこの記事の情報を参考にライブを観に行ってはいかがでしょうか。

 

それではまずは5月から順番にまとめてみました。

 

<スポンサーリンク>



 

ビルボードライブ大阪5月の気になるライブイベント情報

5月9日(月)セルジオ・メンデス

まずは5月9日(月)にブラジル音楽界のスーパースターであるセルジオ・メンデスが久しぶりに大阪にて来日公演を行います。

 

詳しい情報は下記の通りです。

 

【開催日】
5月9日(月)

 

【1stステージの情報】
開場:17時~
開演:18時スタート

 

【2ndステージの情報】
開場:20時~
開演:21時スタート

 

【金額】
サービスエリアの金額:13,900円
カジュアルエリアの金額:13,900円

 

【チケットの予約販売開始日】
BBL会員・法人会員: 3月25日(金)12時より受付開始
ゲストメンバー: 4月1日(金)12時より受付開始

 

チケットの予約はこちらから→

 

バンド編成は、セルジオ・メンデスのボーカルに2名のバックシンガーが付いています。

演奏陣はキーボード、ギター、ベース、ドラムの基本の4種類にパーカッションも付いた5人編成のようです。

 

ゴールデンウィーク明けはぜひ本場のブラジリアン・ポップスを楽しみましょう♪

 

5月11日(水)ロバート・グラスパー

先日約10年振りとなる『Black Radio』シリーズの第三弾をリリースしたばかりのロバート・グラスパーも5月にビルボードライブ大阪にて来日公演を行います。

 

詳しい情報は下記の通りです。

 

【開催日】
5月11日(水)

 

【1stステージの情報】
開場:17時~
開演:18時スタート

 

【2ndステージの情報】
開場:20時~
開演:21時スタート

 

【金額】
サービスエリアの金額:11,000円
カジュアルエリアの金額:11,000円

 

【チケットの予約販売開始日】
BBL会員・法人会員: 3月25日(金)12時より受付開始
ゲストメンバー: 4月1日(金)12時より受付開始

 

チケットの予約はこちらから→

 

バンド編成は、ロバート・グラスパーのキーボードにベースとドラムのピアノトリオ編成が基本となりますが、そこにジャジー・ヒップホップな『Black Radio』シリーズのサウンドに相応しいDJ ジャヒ・サンダンスが参加しているようです。

 

残念ながらサックス奏者のケイシー・ベンジャミンは不参加みたいなのですが、その分ロバート・グラスパー自身のキーボードをじっくりと堪能できそうですね♪

 

個人的には『Black Radio Ⅲ』にもゲストで数曲に参加していたアイザイア・シャーキーがギターで参加して欲しかったところですが…それは叶いませんでした。

 

しかし今一番楽しみなライブイベントでもあります♪

 

僕はおよそ10年前にケイシー・ベンジャミンが参加していた頃のロバート・グラスパー・エクスペリメントをビルボードライブ大阪で観たことがあるのですが、久しぶりに同じ場所で観れることを今から楽しみに待っています。

 

5月16日(月)海野雅威TRIO

海野雅威さんは日本人の方ですが、ロイ・ハーグローヴのバンドに在籍時からNYで活躍されているグローバルなミュージシャンです。

 

そのため今回のこのブログ記事でも「海外ミュージシャン」の一人として取り上げることにしました。

 

僕個人が好きなピアニストでありますからね。

 

コロナ禍のNYで2020年9月にアジア人へのヘイトクライムの犠牲となり重傷を負われた海野さんでしたが、懸命なリハビリを続けてついに来日公演をされることとなりました。

 

詳しい情報は下記の通りです。

 

【開催日】
5月16日(月)

 

【1stステージの情報】
開場:16時30分~
開演:17時30分スタート

 

【2ndステージの情報】
開場:19時30分~
開演:20時30分スタート

 

【金額】
サービスエリアの金額:7,000円
カジュアルエリアの金額:6,500円

 

【チケットの予約販売開始日】
BBL会員・法人会員: チケット受付中
ゲストメンバー: 3月28日(月)12時より受付開始

 

チケットの予約はこちらから→

 

編成はピアノトリオという必要最低限のシンプルなメンバーでライブを行う予定です。

 

他のリード楽器がいないため海野さんのピアノに集中して聴くことが出来そうです♪

 

ぜひ復活した海野さんを観に行きましょう♪

 

5月23日(月)コリー・ヘンリー

スナーキー・パピーの元メンバーで現代のファンク&ゴスペル界最高峰のオルガン奏者と言っても過言ではないコリー・ヘンリーが5月に大阪にやってきます。

 

そもそも今回このブログ記事を書こうと思ったきかっけもこのコリー・ヘンリーの来日公演をTwitterで知ったからでした。

 

これまでに僕は生でコリー・ヘンリーの演奏を観たことがなかったのですが、YouTubeでコリーの演奏している姿を見る度に、いつか生演奏を目の前で観てみたい!と思うようになっていました。

 

それが今回実現できそうです!

 

詳しい情報は下記の通りです。

 

【開催日】
5月23日(月)

 

【1stステージの情報】
開場:17時~
開演:18時スタート

 

【2ndステージの情報】
開場:20時~
開演:21時スタート

 

【金額】
サービスエリアの金額:8,900円
カジュアルエリアの金額:8,400円

 

【チケットの予約販売開始日】
BBL会員・法人会員: 4月5日(火)12時より受付開始
ゲストメンバー: 4月12日(火)12時より受付開始

 

チケットの予約はこちらから→

 

どういった編成で今回の来日公演を行うのかが今のところ公式サイトに記載がないのですが、コリーを中心としたオルガン・ソウル・バンドになることでしょう。

 

5月26日(木)ホセ・ジェイムズ

現代の男性ジャズ・ボーカル部門をグレゴリー・ポーターと共に牽引するホセ・ジェイムズも久しぶりに来日します。

 

僕はホセ・ジェイムズも10年近く前にビルボードライブ大阪で観たことがありました。

 

ちょうどディアンジェロ風ネオ・ソウル作品『No Beginning No End』をリリースした時の来日公演でした。

 

 

あれから10年近くの時が流れ、2020年には『No Beginning No End 2』という続編もリリースされました。

 

 

その後もライブ盤やクリスマス企画盤等をコンスタンスにリリースしていますが、今回の来日公演は『No Beginning No End 2』を中心に行ってくれるのでしょうか?

 

それはどうなのかよくわかりませんが、詳しい情報は下記の通りです。

 

【開催日】
5月26日(木)

 

【1stステージの情報】
開場:17時30分~
開演:18時30分スタート

 

【2ndステージの情報】
開場:20時30分~
開演:21時30分スタート

 

【金額】
サービスエリアの金額:9,000円
カジュアルエリアの金額:8,700円

 

【チケットの予約販売開始日】
BBL会員・法人会員:チケット受付中
ゲストメンバー: 3月25日(金)12時より受付開始

 

チケットの予約はこちらから→

 

以上が5月に来日公演を行う気になる海外ミュージシャンの情報でした。

 

それでは次は6月の情報をまとめてみたいと思います。

6月6日(月)シャカタク

フュージョン界の大御所シャカタクが2020年に結成40周年を迎えました。

 

しかし2020年はちょうどコロナが流行りだした時期でもありましたので、2年後の今年40周年を記念して来日公演を行うようです。

 

詳しい情報は下記の通りです。

 

【開催日】
6月6日(月)

 

【1stステージの情報】
開場:17時~
開演:18時スタート

 

【2ndステージの情報】
開場:20時~
開演:21時スタート

 

【金額】
サービスエリアの金額:10,000円
カジュアルエリアの金額:9,500円

 

【チケットの予約販売開始日】
BBL会員・法人会員: 3月25日(金)12時より受付開始
ゲストメンバー: 4月1日(金)12時より受付開始

 

チケットの予約はこちらから→

 

時の流れは早いものでフュージョンバンドも結成40年を超えるんですね。

 

ローリング・ストーンズやエアロスミスといったロック・バンドが50年以上活動を続けているようにフュージョンバンドもまだまだ活動を続いてくれそうですね。

 

6月13日(月)~6月14日(火)ラリー・カールトン

今回僕がロバート・グラスパーの来日公演と並んで注目しているのがこちらのラリー・カールトンです。

 

しかも6月13日(月)と6月14日(火)の2daysで1stステージと2ndステージの計4回の公演を行ってくれるみたいです。

 

しかも1stステージではクルセイダーズ時代の曲を中心にライブをやてくれるようで、2ndステージでは自身のソロ活動のベストな選曲とスティーリー・ダンに参加した際の楽曲を演奏してくれるみたいです。

 

出来ればどちらも観たいところですが…僕はなるべく2ndステージを観に行こうと思います。

 

初のラリー・カールトンなのでやはり”Room 335″を聴きたいですからね♪

 

詳しい情報は下記の通りです。

 

【開催日】
6月13日(月)
6月14日(火)

 

【1stステージの情報】
開場:17時~
開演:18時スタート

 

【2ndステージの情報】
開場:20時~
開演:21時スタート

 

【金額】
サービスエリアの金額:11,800円
カジュアルエリアの金額:11,300円

 

【チケットの予約販売開始日】
BBL会員・法人会員: 4月28日(木)12時より受付開始
ゲストメンバー: 5月6日(金)12時より受付開始

 

チケットの予約はこちらから→

 

シャカタクに引き続きラリー・カールトンまでも、今年の6月はフュージョンが熱いですね!

 

 

 

以上、【2022年5~6月にビルボードライブ大阪にて来日公演を行う海外ミュージシャンの気になる日程をまとめました。】でした。

 

今のところ6月以降のライブ予定は、ほとんど更新されていないのですが9月に元アース・ウィンド&ファイアーのギタリストだったアル・マッケイが来日することだけ決まっています。

 

チケットの予約はこちらから→

 

今後もビッグな海外ミュージシャンの来日を期待いたいところですね。

 

2年も待ちましたからね…。

 

デイヴィッド・T.・ウォーカー辺りも近いうちに来日して欲しいところです。

 

 

 

<スポンサーリンク>



 

他に関連するお勧め記事

 

ラリー・カールトンとデイヴィッド・T.・ウォーカー夢の共演ライヴ『Billboard Live Tokyo』を聴こう♪
ラリー・カールトンの最高のブルースアルバム『Sapphire Blue』 を聴こう!
ロバート・グラスパー・エクスペリメントの10年振りの続編『BLACK RADIO III』を聴いて思うこと
Liveの一覧に戻る
<関連コンテンツ>
オリジナルLINEスタンプ『まめチキ君』『もじもじうさぎ もじたん』『陽気なサボテン・ムーチョ』販売中です。ぜひ買ってください。ガンガン使ってね。詳しくはこちらからご覧ください→

Related Articles

Quick Category

  • カテゴリー:Music
  • カテゴリー:Movie
  • カテゴリー:Book
  • カテゴリー:Diary
  • カテゴリー:Guitar
  • カテゴリー:Live