カテゴリー:live

2017/05/19

The New Mastersounds 2017年来日公演

The New Mastersounds May.18.2017 ビルボード大阪

 

久しぶりにニュー・マスターサウンズ見てきました。

 

4年振りくらいかな?

多分、これでニューマスターのライヴ見るの
7回目ぐらいだと思います。

 

初来日から見てます。

 

今回はニューマスター初のビルボードでの公演です。

 

ギリギリに会場に着いたので、慌ててトイレを済ませて飲み物を買って席に着きました……。(汗)

 

 

<スポンサーリンク>



 

 

ニューマスターのライヴが始まった!

 

そうこうしているとライヴは
ここ最近のオープニングの定番曲、
“Way Out West”で始まりました!

 

インスト系Jazz Funkバンドの醍醐味はアドリブソロ!

ギターは弾(ひ)きまくり!
キーボードは弾(はじ)きまくり!
ベースがウネリまくり!
ドラムがグル~~ヴして

 

それはそれはもう、銀河系最強レベルの(シルバー・サーファーが逃げるくらい!)
ディーーープなファンクの世界でした。

 

ビールが進む進む!(笑)
1曲目終わる前には1杯目飲み干してました!

 

すぐもう1杯!ですね。(笑)

 

ギターの弦が切れた?

そっから怒涛のように曲が続いたんですが、
4曲目あたりで
エディの ギターの弦が切れました!

 

しかも4弦!(笑)

 

確かフラットワウンドで032の
そこそこ太い弦張ってるはずなのに
切れてました。(笑)

 

切れたっていうか、正しくはペグから外れたんかな?

 

過去にもライヴ中に弦が切れて交換してるの
何度かみたことありましたが(1弦とか2弦とか)
相変わらず今回も切れてました。(笑)

 

そしてその後にファストトラックの名曲“San Frantico”
ピートの ベースソロが最高♪

 

ギタリストが嫉妬するくらい素晴らしいソロでした。

 

てかなんでこの曲ではいつもギターソロ弾かないんだろうか?
こういう曲でこそ、ギター弾きまくって欲しいのに……。

 

最新作からの選曲

それから……

今んとこ最新作からは
“Made for Pleasure”もやってくれました。
初めて生演奏で聴きました!
グル~~~ヴィ~~♪

 

レア・グルーヴ・マニア?

ところで
ニューマスターのギターのエディとドラムのサイモンは、
かなりのレア・グルーヴマニアで、

 

実は海外のライヴでは
「よくそんな曲見つけてきたな!(笑)」と、レア・グルーヴ好きを
ニヤッとさせてくれる曲をカヴァーしてたりするんですが
なぜかあまり日本ではやってくれないんですよね……。

 

例:Lonnie Smithの”Son Of Ice Bag”とかCharles Kynardの”Zebra Walk”とかIvan “Boogaloo Joe” Jonesの”Confusion”とか……

またエディはソロ活動時にはニュー・オーリンズファンクの知る人ぞ知る、
The Metersに対するThe Gaturs“Gatur Bait”“Cold Beer”なんかのレアな曲もライヴで取り上げています。

 

 

 

もはやレア・グルーヴマニア以外はなんのこっちゃ???な話なんですが、
まぁ適当に右から左へ受け流してください。

 

でも……もし上記の曲、全部お分かりになるレア・グルーヴマニアの方いましたら
ぜひとも今度一緒に飲みに行きませんか?(笑)

 

閑話休題……

 

アフロ・メトロポリス!

 

昨日のニューマスターのライヴでは
2016年からよくセットリスト入りするようになったAlan Parker & John Cameronの曲”Afro Metropolis”をやっていました。

 

 

ブート(ボソッ……)では何度か聞いていましたが
まさか日本でもレア・グルーヴの曲をやってくれるとは思いませんでした!

 

生で聴けて嬉しいです!

 

しかしそれまでノッテいた周りのお客さんらは
「この曲知らんな~……?」「新曲??」って感じになってました。(笑)

 

この曲のギターリフがかっこいいんですよね♪
僕もいつかバンドとかセッションとかでやってみたい曲です。

 

ライヴ終盤は定番のお決まり曲

そしてライヴの本編は、“Spooky”(ダスティ・スプリングフィールドの曲。ドラムのサイモンのお気に入り曲らしい!?)の
次にお決まりの“Nervous”でパッパラッパラ~終わりでした。

 

アンコールは予想と違ってた……

その後、アンコールに“One Note Brown”を期待していたのですが……
“Make Me Proud!”で今回は終了でした。

 

大体、上記2曲か“Baby Bouncer”もしくは“The Vandenburg Suite”で終わることが多いですね。

 

今回のライヴではゲストにシンガーやホーン隊がいなくって
4人だけのシンプルだけどグル~~~ヴィ~~な演奏が満遍なく聴けました。

期待してた曲も今回はお預け……

残念ながら
僕の好きな“Thermal Bad”“Soul Shine”はやってくれなかったです。
あと、ブルーノ・マーズの“Treasure”もやってくれなかったです……。

 

次回に期待したいですね。

 

でもやっぱ……
“One Note Brown”は、やって欲しかった……。

 

The New Mastersounds May.18.2017 ビルボード大阪

とかのローテーションで毎月ビルボで企画してくれないかな?
それなら毎月行くのに!(笑)

 

で、年末は3バンドで豪華ジャズファンク・ジャムセッション!!!!

 

 

他に関連するお勧め記事

 

ザ・ニュー・マスターサウンズのアルバムをご紹介したブログ記事シリーズのまとめ
ギターとオルガンが中心となったジャズファンク系アルバムのブログ記事まとめ!
Liveの一覧に戻る
<関連コンテンツ>
オリジナルLINEスタンプ『まめチキ君』『もじもじうさぎ もじたん』『陽気なサボテン・ムーチョ』販売中です。ぜひ買ってください。ガンガン使ってね。詳しくはこちらからご覧ください→

Related Articles

Quick Category

  • カテゴリー:Music
  • カテゴリー:Movie
  • カテゴリー:Book
  • カテゴリー:Travel
  • カテゴリー:Diary
  • カテゴリー:Work
  • カテゴリー:Guitar
  • カテゴリー:Live
  • カテゴリー:Comic