カテゴリー:guitar

2018/05/26

ベルデンのギターシールドとパッチケーブルのこだわりの話。

【My BELDEN Guitar Cablel】ギターシールドとパッチケーブルのこだわりの話。全てベルデンの製品を使用しています。

【My BELDEN Guitar Cablel】

僕はギターのシールドやパッチケーブルは全てベルデンの製品を使用しています。

 

ベルデンはアメリカの企業で古くはあのウッドストックフェスティバルなんかでもベルデン社のケーブルが使用されていたようです。

 

主に僕は2種類のシールドを使い分けしていてその違いについてもご紹介しています。

 

<スポンサーリンク>



 

 

ギターシールドとパッチケーブルのこだわりの話。

ギターとアンプを繋ぐ長いケーブルの事を[シールド]と呼びます。

 

更にギターとアンプの間に、ギターの音をいろいろと変えるエフェクターを繋ぐこともあります。

 

そのエフェクターは、様々な種類があり1つだけではなく、いくつも繋いで使うこともあります。

 

その際にエフェクター同士を長い[シールド]で繋ぐのはさすがに邪魔になって不便なことになってしまいます。

 

だから通常は[パッチケーブル]と呼ばれる15cm~30cmぐらいの短めのケーブルで繋いでいきます。

 

たまにライヴ前に[パッチケーブル]が故障して、その日の他の出演者に借りようとする際に「誰か余分なシールド貸してくれませんか?」という人がいたりしますが、「その場合はパッチケーブルですよ……。」と言いたくなることもあります。(笑)

 

さて、そんなシールドやパッチケーブルにも様々なメーカーと価格帯があります。

 

もちろん人それぞれでこだわりがあり、その人の好きなものを使うべきだと思います。

 

しかし僕が初めてギターを弾き始めた高校生ぐらいの頃は、何を使ったらいいのか?どのメーカーのを使ったらいいのか?よくわからずに適当に買えそうな価格帯のものを使っていました。

 

メーカーも種類もバラバラで適当に使っていました……。

 

しかし実際には、シールドやケーブルにもそれぞれの製品でギターの音色が変わったりします。

 

そういったことを、ギターを始めたばかりの頃に知ることが出来ていればな……と思ったこともあります。

 

僕がギターをやり始めた高校生の頃は、まだインターネットも黎明期で、もちろんスマホなど存在もしていなくって、PCですらほとんどの人が持っていませんでした……。

 

なので自分で調べることも出来ず、周りの人に聞いても何を使ったらいいのかさっぱり分かりませんでした……。

 

しかしあれから20年近く経ち、僕も自分のこだわりが出来ました。

 

そこでせっかくなのでこの場で僕のこだわりを見て頂いて、もしかしたらギターを始めたばかりの誰かの役に立てたら嬉しいなと考えました。

 

なので、僕の普段使っているシールドやパッチケーブルをご紹介いたします。

 

ちなみにメーカーは全てBELDEN(ベルデン社)のものを使用しています。

 

このBELDEN(ベルデン社)は、あのジミヘンやサンタナなどが出演したウッドストックのライヴ会場でメインで使用されたことで有名です。

 

これも僕のこだわりなのですが、ギターからアンプまでを全て同じメーカーのもので統一しています。

 

理由としてアンプから出力されるまでのトーンを同じ規格で作られた同じメーカーのもので揃えたいんです。

 

それではまずは、シールドからです。

 

2種類をそれぞれ別々の用途で使っています。

 

 

 

BELDEN【#9778】シリーズ

 

【#9778】という細めのケーブルのシリーズです。

BELDEN ギターシールド #9778 3M SS

これをエフェクターとアンプの間に繋いでいます。

 

 

そして僕はES-335を使うことが多いのでギター側には「L字型」のプラグを繋ぐようにしています。

BELDEN ギターシールド #9778 3M SL

 

 

この【#9778】というシリーズは、ファンクやR&B系の音楽をやる時に使用しています。

 

その理由は、このシールドの特長として「音の立ち上がりの早さ」があります。

 

本来はシングルコイル系のストラトキャスターやテレキャスターなんかにぴったりのシールドなのです。

 

だから僕もストラトキャスターを使うライヴの時はこのシールドを主に使っています。

 

しかしそれだけでなくってES-335を使用する際にもこのシールドを使う場合もあります。

 

現在やっているファンクバンドのロングホーントレインズではギターソロをバリバリ弾くことが多いのでES-335をメインギターにしています。

 

ES-335は、太くて甘い音が鳴る素晴らしいギターなのですが、音のシャープさではストラトキャスターに負けます……。

 

しかしこの「音の立ち上がりの早い」【#9778】を使うことでギターにシャープさを与えることが出来ます。

 

カッティングをする際の鋭さもES-335でもある程度は出るようになります。

 

そういったわけでこの【#9778】は、ファンクやR&B系の音楽をやる時にメインで使うことが多いです。

 

そしてもうひとつは別の用途で使っています。

 

 

BELDEN【#8412】シリーズ

【#8412】という太めのケーブルのシリーズです。

BELDEN ギターシールド #8412 3M SS

これを【#9778】の時と同じくエフェクターとアンプの間に繋いでいます。

 

【#9778】よりも太めのケーブルで重量も少しあります。

 

 

そして【#9778】の時と同じくギター側には「L字型」のプラグを繋ぐようにしています。

BELDEN ギターシールド #8412 5M SL

 

 

この【#8412】というシリーズは、ジャズやブルース系の音楽をやる時に使用しています。

 

その理由は、このシールドは見た目の太さ同様に「太めの音」が鳴ります。

 

だからジャズやブルースみたいに、クリーントーンや少し歪んだクランチトーンでギターを弾く際にちょうど良いんです。

 

僕はES-335を使うことが多いので、このシールドを繋ぐと更に僕好みの「甘くて太い音」が鳴るようになります。

 

またジャズ系の音楽をやる際には、フルアコギターを使う場合もあります。

 

そういった音楽をやる時は、シャープなリズムカッティングをする必要性がないので、この【#8412】のシールドを繋いで更に「甘い音」を出せるようにしています。

 

というわけで、ギターとアンプを結ぶシールドはこの【#9778】シリーズと【#8412】シリーズを用途に合わせて使い分けています。

 

それでは、次はパッチケーブルのご紹介です。

 

これに関しては、全て同じものを使用しています。

 

 

BELDEN【BDC 1503A】シリーズ

【BDC 1503A】というシリーズです。

BELDEN【BDC 1503A】シリーズ

 

基本的には15cmのものでエフェクター同士を繋いでいます。

ベルデン BDC 1503A 15LL

 

 

このシリーズは、ケーブルがとても細くってかさ張らないのが便利なんです。

 

また僕はワウペダルを使うのが好きなのですが、そのワウペダルを繋ぐ際には15cmのものではワウを踏み込むときに隣にあるエフェクターが振動して邪魔になる場合があります……。

 

ワウペダルは、ギター側の一番近くに繋いでいます。

 

そのワウからアンプ側に向かって他のエフェクターを数台繋いだりするのですが、そのワウとすぐ隣に位置するエフェクターとは少し距離を開けといた方がよりワウを踏み込みやすくなるんです。

 

なので、ワウペダルを使う場合のみ30cmのものを使用しています。

ベルデン BDC 1503A 30LL

 

 

これは本当にワウを使う時だけのこだわりです。

 

しかしこうやってこだわることで、ギターのトーンに統一感を出したり、より自分の操作しやすいように出来たりします。

 

もしこれを読んでる方が、全くこだわりを持たずに今まで適当にシールドやパッチケーブルを使っていたのなら、これを機に色々と試してみたり、好きなメーカーや種類で揃えてみてはいかがでしょうか?

 

ただし、これは「今までにこだわりを持っていなかった」人に関してです。

 

もうすでに「自分のこだわり」がある方は、それをそのまま使い続けて下さい。

 

今回ご紹介したBELDEN(ベルデン社)のものに関しても、単なる僕のこだわりであって、別に人それぞれこだわりのある好きなメーカーを使用したらそれが一番だと思います。

 

もし「今まで全然こだわりがなかったけど、これからはこだわってみようかな?」とお考えの方は、僕からはBELDEN(ベルデン社)のものがお勧めですので、使用してみてはいかがでしょうか?

 

以上、僕の使っているこだわりのギターのシールドとパッチケーブルのご紹介でした。

 

 

 

<スポンサーリンク>


オリジナルLINEスタンプ『まめチキ君』『もじもじうさぎ もじたん』『陽気なサボテン・ムーチョ』販売中です。ぜひ買ってください。ガンガン使ってね。詳しくはこちらからご覧ください→
Guitarの一覧に戻る

Related Articles