カテゴリー:Music

2018/09/15

エリック・クラプトンの素晴らしいワウギターが聴けるボブ・マーリーの曲”Slogans”を聴こう♪

 
<スポンサーリンク>
  

ワウギター好きにもおすすめ!エリック・クラプトンがワウギターを弾いたボブ・マーリーの曲”Slogans”!

前回の【マーヴィン・ゲイの名曲”Sexual Healing”からモロに影響を受けた2曲をご紹介!】に引き続き今回も【音楽の小ネタシリーズ】でサクッと書いてみます。

 

 

実はレゲェが大好き♪

今回は、今までこちらのブログで取り扱うことの少なかった音楽ジャンルのレゲェからです。

 

よく考えてみたら今までにレゲェの記事はたったの1つしかありませんでした……。

 

このブログの[Blog]ページにある自己紹介文にもチラッと書いてるように僕もレゲェがは大好きです。

 

それも楽器を使って生演奏するルーツ・レゲェ系です。(ダンスホール・レゲェはちょっと苦手です……。)

 

その理由としては、今回ご紹介するテーマのようにレゲェ音楽のギタリストにもワウペダルが多く使われています。

 

グルーヴィーなリズムに乗せてギターはワウを使ってカッティングすることの多いレゲェはモロに僕の好きな音楽性になります。

 

ボブ・マーリーや、同じくウェイラーズのメンバーだったバーニー・ウェイラーやピーター・トッシュはもちろん、他にもアスワド、カルチャー、ビム・シャーマン、バーニング・スピア、デルロイ・ワシントン、グラディエイターズ、グレゴリー・アイザック、オーガスタス・パブロ、リー・ペリー、マックス・ロメオ、マイティ・ダイアモンズ、スライ&ロビー、ジュニア・マーヴィン、ジミー・クリフ、リコ・ロドリゲス(リコ)、ヘプトーンズ、ソウル・シンジケート、スカタライツ、アビシニアンズ、ジャスティン・ハインズ&ザ・ドミノズ、パブロ・モーゼズ、アイジャーマンなど……これまでにそこそこ聴いています。(順不同。思いついた順です。)

 

ちなみに昨年『ギターマガジン』の2017年9月号でレゲェ系のギタリストの特集でアーネスト・ラングリンとリン・テイトとアール・チナ・スミスという3人の偉大なるギタリストが紹介されていたのですが……

 

 

後付けではなく2014年にこの僕のホームページを初めて作った際に、自己紹介欄で好きなレゲェ系ギタリストに「Earl “Chinna” Smith, Ernest Ranglin, Lynn Taitt」と書いていたんです。

 

まだ今のようにブログ化する前の旧デザインの時でした。

 

まぁそれは今となっては「もういっか……」なお話なんですがね。

 

さて、前置きが長くなっちゃいましたが、僕は本当にルーツ・レゲェ系の音楽が大好きです。

 

今回サクッとご紹介したいのは、レゲェの神様ボブ・マーリーの楽曲にギターの神様エリック・クラプトンが参加した曲になります。

 

 

 

ワウギター好きにぜひ聴いて欲しいエリック・クラプトンが参加したボブ・マーリーの曲”Slogans”

まずはこの曲をYouTube音源で聴いてみて下さい。(Bob Marley & The Wailers – SlogansなんかのキーワードでYouTubeを検索してみて下さい。)

 

この曲は元はといえば1979年にボブ・マーリーがマイアミのホテルでテープ録音したデモ音源が元になっています。

 

そのデモ音源にバンドを加えて楽曲にしたものです。

 

その際に、後からエリック・クラプトンがワウギターを重ね録りしたのがこのバージョンです。

 

だから直接ボブ・マーリーとエリック・クラプトンがその場に居合わせて、一緒にレコーディングしたわけではありません。

 

そう言えば、エリック・クラプトンは過去にもボブ・マーリーの名曲”I Shot the Sheriff”をカヴァーして大ヒットさせていますよね。

 

 

そのエリック・クラプトンが近年では珍しくワウペダルを使ってギターを弾いた音源になります。

 

クリーム時代のクラプトンは名曲”White Room”で聴けるようにワウギターの名手でした。

 

 

それが70年代に入ってからワウを使わなくなりました。

 

ワウペダル好きの僕としては、せっかくうまいのにもったいないな……と感じていました。

 

しかし2005年10月発表の当時のボブ・マーリーの最新ベスト盤の『アフリカ・ユナイト~シングル・コレクション』に新曲としてエリック・クラプトンが久しぶりにワウギターを弾いた”Slogans”が収録されることを知りました!

 

エリック・クラプトンが久しぶりにワウギターを弾いたとなれば、即この曲をゲットしなければ!という使命感にかられました。(笑)

 

 

他にもボブ・マーリーのベスト盤は持っていましたが、クラプトンの参加している”Slogans”目当てでこのアルバムを買いました。(笑)

 

購入して大正解でした。

 

曲自体は、誰もが知るボブ・マーリーの偉大なる大ヒット楽曲群と比べるといまいちな曲ではありますが……しかしこのゆったりとした心地よい曲調にエリック・クラプトンの巧みなワウギターが聴けるので僕のお気に入りの曲になりました♪

 

以上が今回ご紹介したかった【エリック・クラプトンの素晴らしいワウギターが聴けるボブ・マーリーの曲”Slogans”を聴こう♪】でした。

 

しかしエリック・クラプトンってめちゃくちゃワウギター上手いですよね!

 

本当にもったいないです……もっとワウギター弾いて欲しいです。

 

それでは今後もこちらのブログでレゲェのご紹介記事を書いていきたいと思います。

 

せっかく上記で挙げたように、僕もそこそこ多くのレゲェ・ミュージシャンをこれまでに聴いてきたのだからブログ記事にもしていきたいと思います。

 

ジャズやジャズファンク系の記事ばかり増えて、まさかのレゲェの記事はやっとこれで2つ目っていう……。(笑)

 

頑張って書きますので乞うご期待ください⁉(笑)

 

 

<スポンサーリンク>



 

 

他に関連するワウぺダル系のお勧め記事

 

エリック・クラプトンのブログ記事シリーズまとめ
Musicの一覧に戻る
<関連コンテンツ>
オリジナルLINEスタンプ『まめチキ君』『もじもじうさぎ もじたん』『陽気なサボテン・ムーチョ』販売中です。ぜひ買ってください。ガンガン使ってね。詳しくはこちらからご覧ください→

Related Articles

Quick Category

  • カテゴリー:Music
  • カテゴリー:Movie
  • カテゴリー:Book
  • カテゴリー:Travel
  • カテゴリー:Diary
  • カテゴリー:Work
  • カテゴリー:Guitar
  • カテゴリー:Live
  • カテゴリー:Comic