カテゴリー:Travel

2018/06/17

【2015年に深圳で購入した本場のプーアル茶の話】目の前でお茶を入れてもらいました。

【2015年に深圳で購入した本場のプーアル茶の話】目の前でお茶を入れてもらいました。

2015年香港旅行

前回の続き……

前回、久しぶりに『Travel』のカテゴリーに記事を書きました。

 

思えば、2018年度初でした!

 

 

 

2015年に香港で2つの展示会に行った時の話です。

 

 

そして今回も引き続き、深圳・香港に2015年に行った時の話になります。

 

今回は深圳でプーアル茶を買った時の様子を写真を中心にご紹介します。

 

<スポンサーリンク>



 

深圳で飲んでみたプーアル茶

前回のお話で2日間、香港の展示会に行った後の話になります。

 

この時は深圳に居ました。

【2015年に深圳で購入した本場のプーアル茶の話】目の前でお茶を入れてもらいました。

春先で天気の良い日が続いていました。

 

すでに日本の夏日のような暑さでした……。

 

こんな暑い日でも、中国では熱いお茶を飲みます。

 

まぁ熱湯消毒したものでないと、お腹を下しそうな気がするんで……なるべく生水や氷なんかは避けたいですからね。

 

レストランで食べる前に食器を熱湯消毒するのは、ちょっとしかカルチャーショックでした。

 

それでもあたるときは、あたる……みたいですね。

 

幸い僕はこの時の旅行では、一度もお腹を下しませんでした。

 

僕はそれまでに欧米にしか旅行したことがなくって、日本以外のアジアの国に行くのはこの時が初めてでした。

 

だからそういった衛生面でのカルチャーショックは、初体験でした。

 

そんなわけで、レストランなんかでは製品化されたミネラルウォーターや瓶ビール以外は、熱いお茶を飲んでいました。

 

ところで実は僕は日本に居てもお茶を飲まないんです。

 

もともとそんなに好きではないんです。

 

だからいつもコーヒーかミネラルウォーターばかり飲んでいます。

 

しかしせっかく中国に来たのだから、本場のお茶を飲んでみようって思いました。

 

 


 

大学生の頃、ゼミの教授にこんなことを言われたことを思いだします……。

 

「君らも、若いうちに海外旅行をして色んな経験をするべきだ!《本場》を経験していないようなガキが偉そうな口を叩くんじゃない!中国の本場でウーロン茶を飲めば、日本のウーロン茶なんか単なる清涼飲料水だ!イタリアで本場のパスタを食べれば、日本のパスタなんかうどんでしかない!」……と。

 

当時の僕はまだ若くって、グランジ/ハードコアパンクなんかの音楽を聴いていて、反骨精神が強かった時期でした。

 

正直言うと、この教授の嫌味な言い方が大嫌いでした。

 

「何言ってんだコイツ?」って感じで鼻で笑っていました。

 

しかしそれから2年ぐらい経った頃に、どうしても上記の様なことを言われたのがずっと頭の中で引っかかっていました……。

 

「本当に本場を経験したらそんなに凄いんだろうか?」

 

「20代の内に海外に行って色んな経験をすべき何だろうか?」

 

そこで行動するかどうか?は、その人次第なんですが……僕は行動をしました!

 

まずはどこの国に行ってみようか?……と考えた時に思いついたのが……

 

子供の頃に、初めて読んだジョジョの奇妙な冒険の第二部で主人公のジョセフ・ジョースターがベネチアで修業をする話がありました。

 

その時に初めて知ったベネチアという場所に小さい頃からずっと憧れていました。

 

そして初めての海外旅行は、イタリアに行くことにしました!

 

本場のパスタを食べれば、日本のパスタはうどんでしかないのだろうか?……現地に確かめに行きました。

 

……本当でした!

 

ムカつくけど教授の言う通りでした!(笑)

 

これ以降、僕は「現地で体験して初めて知ることが出来る!」と考えるようになりました。

 

ある意味、この嫌な教授のお陰なんですよね。(笑)

 

人生、誰が影響を与えてくれるのか?わからないものです。

 

 

 


 

さて、話を戻しますと、その時のことを思いだしつつ、本場中国でプーアル茶を飲んでみました。

 

お茶があまり好きではない僕が、ゴクゴクと飲めました。

 

お代わりまでしました!

 

本当に美味しかったです!

 

これが本場のお茶なんだな!って感じました。

 

そうこうしていると、日本に帰ってからもこのお茶を飲みたいな~と考えるようになりました。

 

そこで自分用のお土産にプーアル茶を買うことにしました。

 

 

深圳で購入したプーアル茶

さてここからは、購入しに行ったプーアル茶を写真を中心にご紹介していきます。

 

お店の雰囲気はこんな感じです。

【2015年に深圳で購入した本場のプーアル茶の話】目の前でお茶を入れてもらいました。

色んな種類のお茶の缶が並べられています。

【2015年に深圳で購入した本場のプーアル茶の話】目の前でお茶を入れてもらいました。

この台のようなところに茶碗を置いてお茶を入れて行きます。

【2015年に深圳で購入した本場のプーアル茶の話】目の前でお茶を入れてもらいました。

高級そうな急須がありました。

 

その隣のお茶の葉が良い香りでした。

【2015年に深圳で購入した本場のプーアル茶の話】目の前でお茶を入れてもらいました。

これが製品化されたプーアル茶です。

【2015年に深圳で購入した本場のプーアル茶の話】目の前でお茶を入れてもらいました。

プーアル茶にも色んな種類があります。

【2015年に深圳で購入した本場のプーアル茶の話】目の前でお茶を入れてもらいました。

 

独特の雰囲気があってワクワクしました。

 

そしてお店のお姉さんに試飲用のお茶を入れてもらいました。

【2015年に深圳で購入した本場のプーアル茶の話】目の前でお茶を入れてもらいました。

この台の上に茶碗を置いてお茶を注いでくれます。

【2015年に深圳で購入した本場のプーアル茶の話】目の前でお茶を入れてもらいました。

詳しくはわからないんですが、こういった飾り物が色んなところに置いてあって目を引きます。

【2015年に深圳で購入した本場のプーアル茶の話】目の前でお茶を入れてもらいました。

お茶を入れる前に、上記の写真のような馬の置物や七福神の神様のような置物にお茶をかけていました。

 

神様にお茶を捧げているんでしょうか?

 

よくわからなかったんですが、何か意味があるのでしょうね。

 

他にも色んな神様の置物があったんですが、なぜか馬の置物に何回も何回もかけていました。

 

法則性がないように感じましたが、馬だけびしょびしょになってました。

 

そして僕は初めてなんで種類が分からないので、一番基本的でお店の人のお勧めのものを飲ませてもらうことにしました。

【2015年に深圳で購入した本場のプーアル茶の話】目の前でお茶を入れてもらいました。

良くわからないのですが、お店の人がお勧めで飲みやすいと言ってくれた上記のものを試飲させてもらいました。

 

店主のお姉さんがお茶の準備をしてくれている間、そのお姉さんのお父さんなのかな?そんな感じの人が店の奥から出てきて僕にお菓子を食べさせてくれました。

【2015年に深圳で購入した本場のプーアル茶の話】目の前でお茶を入れてもらいました。

ハッピーターンのような味で美味しかったです。

 

 

たまたま綺麗なお姉さんのお店を選んだら、親切な人たちで良かったです。(笑)

 

僕が運が良かったのか?それとももともとそういった土地柄なのか?

 

この深圳旅行で行ったお店の方々は比較的親切な人が多かったように感じました。

 

中には客引きでウザったいのもいましたが、ちょっときつめに言い返せば身を引いてくれるので、それだったらイタリアのやたら押しの強い奴の方が手に負えなかったですからね……。

 

お茶を入れてもらっている間、店内を更に見回してみました。

【2015年に深圳で購入した本場のプーアル茶の話】目の前でお茶を入れてもらいました。

僕がお茶に詳しくないのが残念なんですが、本当に様々な種類が置いてありました。

【2015年に深圳で購入した本場のプーアル茶の話】目の前でお茶を入れてもらいました。

本当に様々な種類があります。

【2015年に深圳で購入した本場のプーアル茶の話】目の前でお茶を入れてもらいました。

置物も色んな種類があります。

 

そうこうしているとお湯が沸きお茶を入れてくれました。

【2015年に深圳で購入した本場のプーアル茶の話】目の前でお茶を入れてもらいました。

入れてもらったプーアル茶は、とても美味しかったのでそのお勧めのものを購入することにしました。

 

更に紅茶も飲ませてもらいました。

 

紅茶は沸騰したお湯ではなくって90℃のお湯で入れると美味しいとか話してくれました。

 

ただ紅茶の方は、イマイチ僕の口には合いませんでした……。

 

なのでプーアル茶のみ購入することにしました。

【2015年に深圳で購入した本場のプーアル茶の話】目の前でお茶を入れてもらいました。

後ろ姿ですが、このお姉さんがお茶を入れてくれました。

 

この写真は、僕が購入したお茶をパック詰めしてくれているところです。

 

こうやって僕は深圳で本場のプーアル茶を購入しました。

 

ホテルに帰って、その日買ったプーアル茶をパシャ!

【2015年に深圳で購入した本場のプーアル茶の話】目の前でお茶を入れてもらいました。

 

【2015年に深圳で購入した本場のプーアル茶の話】目の前でお茶を入れてもらいました。

洒落た紙袋に入れてくれました。

 

日本に帰って、儀式的なことなしで適当にお湯を注いで飲んでも美味しかったです。

 

こうやって僕は大学時代のわだかまりを解消すべく、本場のプーアル茶を飲むことが出来ました。

 

確かに本場のお茶は美味しかったです!

 

世の中、嫌な人ほど良いこと言ってたりするもんですね。(苦笑)

 

 

 

 

 

オマケ……宿泊したホテルや購入した物

この時、深圳で僕が宿泊したホテルの部屋です。

深圳で宿泊したホテルの部屋

部屋の入り口入ってすぐです。

深圳で宿泊したホテルの部屋

1人で宿泊しているのに豪華なベッドです!(笑)

深圳で宿泊したホテルの部屋

トイレとカプセルシャワーです。

 

湯舟はありませんが、特に気になりません。

 

僕は清潔なシャワーがあって、ちゃんとお湯が出さえすれば気になりません。

 

<スポンサーリンク>



 

 

ホテルの近くに夜遅くまでやっているスーパーがあって、そこで食料品を購入していました。

深圳で買ったやたら甘いお茶のペットボトル、やたら甘い缶コーヒー、普通のミネラルウォーターです。

写真向かって左側から、やたら甘いお茶のペットボトル、やたら甘い缶コーヒー、普通のミネラルウォーターです。

 

このお茶……深圳の人は普通に飲んでいましたが、僕には甘すぎてきつかったです。

 

それと缶コーヒーなんですが……

プルタブが懐かしいやたら甘い缶コーヒーです。

プルタブが懐かしい感じでしたが、味は……酷かったです。(笑)

 

日本の缶コーヒーがいかに美味しいのか!を感じました。

 

更にこの旅行中に眼鏡も買いました。

深圳で買った眼鏡

実はこの眼鏡、粘って粘って値段交渉の末、めちゃくちゃ安く買ったんです!

 

ちゃんと僕の視力に合わせて作ってもらったので、今でもこの眼鏡を使っています。

 

せっかくなのでホテルでこの眼鏡をかけてパシャ!

謎のかっこつけポーズは気にしないで下さい。若気の至りです。(笑)

 

かけ心地も良い眼鏡を思わぬ安価で購入出来てラッキーでした!

 

ちなみにこの時はまだiPhone5を使っていて、モンドリアン柄のケースをしていました。(笑)

 

 

 

なんだかんだで色々と楽しめた旅行でした。

 

また次回に続きます。

 

『Sky100』に上った時の写真なんかもたくさんありますので、乞うご期待を……。

 

オリジナルLINEスタンプ『まめチキ君』『もじもじうさぎ もじたん』『陽気なサボテン・ムーチョ』販売中です。ぜひ買ってください。ガンガン使ってね。詳しくはこちらからご覧ください→
Travelの一覧に戻る

Related Articles