カテゴリー:Travel

2019/09/03

【2009年ロンドン旅行記①】キン肉マンの影響でタワー・ブリッジを観光してみたお話

【2009年ロンドン旅行記①】キン肉マンの影響でタワー・ブリッジを観光してみたお話を書いたブログ記事のタイトル画像です。

【2009年ロンドン旅行記①】『タワー・ブリッジ』へ行こう♪

2009年にロンドンを旅行した想い出を書いたブログ記事です。

久しぶりに”Travel”のカテゴリー記事を書いてみたいと思います。

 

まぁ毎回”Travel”の記事は「久しぶり」になるのですが……一応メインは音楽のブログなのでご勘弁を。

 

さて、本来であれば今年の3月に書いていた【2016年ニューヨーク旅行記】の続きを書くべきなのですが、今回は先に思い出したお話を書きたいと思っています。

 

音楽のブログ記事でもそうなのですが、このブログは基本的に僕がその時に思い出した事柄優先で書いています。

 

そのためジャンルがバラバラだったり、同じミュージシャンのお話を連続で集中的に書いていたりします。

 

というわけで”Travel”のカテゴリーもその時に思い出した事から順に書いていきます。

 

それでは今回はNYから離れてロンドンのお話を書きたいと思います。

 

<スポンサーリンク>



 

ロンドン旅行記を書こうと思いついたきっかけ

さて、今回ロンドンに行った時のお話を先に書こうと思ったきっかけがあります。

 

ちょうど昨日更新されたばかりのキン肉マンに繋がります。

 

「なぜキン肉マン?」ってことなのですが……

 

それは下記のブログ記事にも書いていたのですが、次回の【キン肉マン第295話】の更新日がいつになるのか?明確にされていないからでした。

 

【キン肉マン第294話】過去のトラウマを乗り越えろ!ブロッケンJr.の一大決心!

現在WEB配信で毎週月曜日に更新されているキン肉マンは、1週休みを挟むことがちょくちょくあります。

 

次の最新話の更新まで2週間待つなんてことは慣れっこなんですが、今週の第294話が終わった後は……

 

2週間後の9月16日(祝月)に『週刊少年ジャンプ(29) 2019年 7/1 号』に掲載された40周年記念の特別読切『さよなら、キン肉マン!!』の前編が掲載される予定だと公式サイトに記載されていました。

 

ってことは、次の9月23日(祝月)に後編がアップされるということだと思います。

 

そうなってくると、最新295話の更新は4週間後のの9月30日(月)になりそうな予感です……。

 

およそ1ヵ月も先になります。

 

『さよなら、キン肉マン!!』は、既に発売されているお話なので、前編と後編が掲載される2回は実質お休みとなります。

 

ちなみにキン肉マンは、過去に週刊少年ジャンプに掲載されていた時にも3ヵ月休載されたことがありました。

 

その時は、作者のゆでたまご先生が体調を崩されたのが原因だったはずです。

 

あれから30年近く経った今、ゆでたまご先生のお2人もお年を召されたので今回の3週休載も体調を崩されたのが原因なのでは?と勘ぐってしまいました。

 

何か情報が出回っていないか?と検索してみましたら……

 

なんと、ゆでたまご先生本人がキン肉マンやロビンマスクのフィギュアを持って嬉しそうにロンドンのタワー・ブリッジ前で記念撮影している写真をインスタグラムに公式でアップされていました!

 

どうやら体調を崩したとかではなく、取材旅行のための休載の様です。

 

これでほっとしました。(笑)

 

てことは、今後の物語が続くのは確定で、おそらくロンドンを舞台にしたお話が出てくるのかもしれません。

 

それにもう5年近く本編に登場していない英国出身の人気超人ロビンマスクが復活する可能性も出てきました!

 

最近では本編の方でもロビンマスクと同じ英国出身のネプチューンマンが思わせぶりな登場をしていましたので、この2人が活躍する日もそう遠くはないのかもしれません⁉

 

と、ついついキン肉マンの話になってしまいましたが(笑)……ゆでたまご先生のお2人がタワー・ブリッジ前で記念撮影している写真を見て、今回の自分のブログ記事を思いついたんです。

 

「ちょうど僕も10年前にタワー・ブリッジを観に行ったな~。」と懐かしく感じました。

 

自分でも普段は思い出すこともなく忘れかけていたことなのですが、写真を探してみたら見つかったので、NY旅行と同じようにブログに記録していきたいと思います。

 

たまたまキン肉マンの休載のお陰で今回のブログ記事を思いついたということです。

 

それでは【2009年ロンドン旅行記】のパート1『タワー・ブリッジ』へ行こう♪です。

 

 

なぜタワー・ブリッジを観に行くことにしたのか?

ちょうど10年前、まだ20代だった頃に僕はロンドン一人旅をしています。

 

きっかけは、前年にNYのメトロポリタン美術館を観に行ったことでした。

 

たまたまその日は、僕の最も好きな英国の画家ウィリアム・ターナーの特設店が開催されていました。

 

数多くのターナーの絵画が展示されていて、テンションが上がって夢中になって観ていたのですが……その特設店だけ17時半に閉まると看板に書かれていました。

 

その時既に17時を少し過ぎたところでした。

 

たったの30分程度しか観ることが出来ずにとても不満に感じたんです。

 

それから日本に帰ってきてすぐに「ターナーの絵を本場のロンドンに行って生で観たい!」と思うようになりました。

 

2008年から2009年に年度が替わり、NY旅行から半年が経った頃に居ても立っても居られなくなりロンドンに行くことを決意しました!

 

思い立ったら行動は早かったです。

 

いつの間にかロンドンに行っていた!という感じでした。

 

そしてロンドンに着いた最初の夜に滞在先のホテルで「せっかくだからタワー・ブリッジも観に行こう!」と思いつきました。

 

実は旅行に行く前までは、ターナーの絵を観に行く以外何も計画していませんでした。(笑)

 

タワー・ブリッジに行こうと決めたのも、ロンドンに着いてからでした。

 

しかしこの時にタワー・ブリッジのことを思いついたのも、実はキン肉マンのおかげでした。

 

僕は幼稚園に通ってた頃からキン肉マンの漫画が大好きでした。

 

まだ子供だったので当時はロビンマスクやウォーズマンのように見た目がかっこいいキャラクターが特に好きでした。

 

そんな中でロビンマスクの必殺技に「タワー・ブリッジ」という「アルゼンチン・バックブリーカー」のような技があります。

 

この技名のおかげで子供の頃から『タワー・ブリッジ』という言葉だけは知っていました。

 

もちろん子供時代は、プロレスの技のことだとずっと思っていました。(笑)

 

それが中学生の時に地理の授業でやっとロンドンに本当にある橋だと学びました。

 

まさか将来自分で旅行することになるとは思いもしなかったですが、「タワー・ブリッジって名所の名前だったんだ~。」と漠然と認識していました。

 

おそらくこの時にキン肉マンの影響がなければ『タワー・ブリッジ』と聞いても興味が沸かなかったと思います。

 

しかしロビンマスクの必殺技として強く印象に残っていたので「もし自分の人生でイギリスに行くことがあれば行ってみたいな~。」と心の奥底で感じていました。

 

それがまさかその10年後に訪れるとは思いもしなかったことです。

 

ロンドンに着いてからターナーの絵だけ観に行くだけでなく他も色々と観光して回ろうって思ったんです。

 

そこでキン肉マンに登場していたタワー・ブリッジを実際に生で観てみたい!と思いつきました。

 

これでひとつ英国旅行中の目的が増えました。

 

その日は早く寝て、2日目の朝からタワー・ブリッジがある駅まで向かうことにしました!

 

地下鉄に乗って目指すはタワー・ブリッジ近くの駅!

朝起きてホテルの朝食を食べに行きました。

 

僕以外はほとんど白人ばかりでした。

 

その中で印象に残ったことが2つ。

 

白人の若いお父さんがお皿に大量の食パンを乗せて、小さい子供2人が待つテーブルに運んでいました。

 

席に着くと、その2人の子供が大はしゃぎで喜んでいました。

 

そしたらそのお父さんが得意げにピーナッツバターを食パンに塗って、それをもう1枚の食パンに挟んで「超簡単即席ピーナッツバター・サンドイッチ」を作っていました。

 

微笑ましい光景なのですが、僕としては子供の頃に見た海外の映画やドラマでピーナッツバターだけを挟んだサンドイッチが出てくるのを見て「あれ、本当に外人は食べてるのかな?」とずっと不思議に思っていたんです。

 

それが目の前で実際に喜んで食べているのを見て「ドラマの光景は嘘じゃなかったんだ!」と少し嬉しくなりました。

 

もうひとつ、僕の横に座って朝食を食べていた白人のお爺さんが、カリカリ・ベーコンを食べる際にベイクドビーンズのソースに浸して食べていました。

 

それまで別々に食べていた僕は、そのお爺さんの真似をして浸して食べてみることにしました。

 

そしたらこれが相性抜群で!

 

「この塩辛いだけのベーコンは、ベイクドビーンズのソースに浸して食べるものなんだ!」と驚きました。(笑)

 

ホテルで学ぶことも多いですね。

 

さて、朝食を済ませた後は、さっそく地下鉄の駅まで歩いて向かいました。

 

特に予定など立てずにロンドンに来たので最寄りの駅まで30分も歩くことになりました……。

 

この辺はとても間抜けな計画でしたが、しかしロンドンの街並みはどこも絵になる景色ばかりでしたので30分歩いても苦痛ではなかったです。

 

僕が人生で初めて行った「霧のロンドン」は、イメージと違って「晴天のロンドン」でした。

 

歩くのに適した気候でした。

 

そうこうしているとアールズ・コートの駅に着きました。

【2009年ロンドン旅行記①】キン肉マンの影響でタワー・ブリッジを観光してみたお話を書いたブログ記事の画像1枚目

ここでまたひとつ面白かった出来事があります。

 

名物駅員の登場⁉

ロンドンの地下鉄は大変便利でお値段もお手軽なんです。

 

僕が行った時は、たったの5ポンドで一日乗り放題の切符がありました。

 

さっそくその切符を買おうと切符売り場の自販機に行ったのですが、何度硬貨を入れても戻ってくるんです……。

 

こういうのはやはり日本の機械と違って「いい加減に作られているな~。」と思ってしまいます。

 

日本の自販機で入れたお金が戻ってくることなんて滅多にないですよね。

 

しかしロンドンのこの自販機は何度硬貨を入れても、別の硬貨で試してみても反応しません!

 

朝から少し腹が立ったんですが、仕方なしに駅員から直接買うことにしました。

 

駅員から直接買うためには他のお客さんがいる列を並ばなければいけません。

 

既に数十人が並んでいましたが、僕も彼らの後ろに並ぶことにしました。

 

ちょうど僕の2つ前ぐらいに、英国人のブロンド美女が2人並んでいました。

 

「綺麗な人だな~。」と見とれていたら、その2人がクスクスと笑っていました。

 

何がおかしいんだろう?と見てみると、窓口で切符を売っているお爺さんがとっても変な口調で喋っていたからでした。

 

なんかまるで魚市場の競りでもするかのように芝居がかった口調だったんです。

 

日本人の僕からしたらそこまで面白さがわからなかったんですが、どうやらその言い方が彼女たちにはツボだったようです。

 

そのまま列が進んでいき、僕はそのお爺さんから一日乗り放題の切符を買いました。

 

もちろん購入の際は何も問題はありませんでした。(笑)

 

さて、超無計画な旅行は、一日乗車券を買ってから目的地を探し始めたんです。(笑)

 

駅に書いてあった路線図と自分の持ってきたロンドンの地図(当時はまだスマホがなかったので地図を持って行ってました。)を見比べて、タワー・ブリッジ近くの駅を探しました。

 

すると『タワーヒル』という駅が目的地に一番近いことを発見しました。

 

さっそく電車に乗ってその駅まで向かうことにしました!

【2009年ロンドン旅行記①】キン肉マンの影響でタワー・ブリッジを観光してみたお話を書いたブログ記事の画像2枚目

目的地タワーヒルに到着!

何駅か過ぎてようやくタワーヒル駅に着きました。

 

ロンドンらしい光景も目にしました。

【2009年ロンドン旅行記①】キン肉マンの影響でタワー・ブリッジを観光してみたお話を書いたブログ記事の画像3枚目

タワーヒルの駅は、その名の通り少し小高い丘のようなところにありました。

 

駅から見渡してみると、すぐに『ロンドン塔』を見ることが出来ました。

 

ロンドン塔といえば、ドラローシュの絵『レディ・ジェーン・グレイの処刑』を思い出しますね……。

 

「怖い絵」展観てきました!

どうしてもあの悲しい絵のことを思い出すのですが、今回の目的は『ロンドン塔』ではありません。

 

でもせっかくタワーヒル駅に来たので、少し周りの景色も写真を撮ってみました。

 

駅を出てすぐに背景の景色を撮った写真です。

【2009年ロンドン旅行記①】キン肉マンの影響でタワー・ブリッジを観光してみたお話を書いたブログ記事の画像4枚目

 

この時、英国旅行した10年前はまだ僕はWebの仕事をする前でして……今のようにPhotoshopとかも使えない頃でした。

 

そのため写真の構図がヘタだったりブレていたりもしますが……写真が残っていただけでもよかったな~ってことでヘタクソなのはご了承ください。(笑)

 

当時はまさかその10年後に自分のブログを作って掲載することになるだなんて思ってもなかったですからね。

 

次は駅の小高い丘から眺めた景色です。

【2009年ロンドン旅行記①】キン肉マンの影響でタワー・ブリッジを観光してみたお話を書いたブログ記事の画像5枚目

 

 

道路が見えてきました。

【2009年ロンドン旅行記①】キン肉マンの影響でタワー・ブリッジを観光してみたお話を書いたブログ記事の画像6枚目

 

少し歩くと『ロンドン塔』も近くに見えてきました。

【2009年ロンドン旅行記①】キン肉マンの影響でタワー・ブリッジを観光してみたお話を書いたブログ記事の画像7枚目

 

駅には何やらモニュメントのようなものが……

【2009年ロンドン旅行記①】キン肉マンの影響でタワー・ブリッジを観光してみたお話を書いたブログ記事の画像8枚目

これは紀元13年から現代に至るロンドンの歴史が刻まれた円盤になっています。

 

その後、もう少し歩いていくと……

【2009年ロンドン旅行記①】キン肉マンの影響でタワー・ブリッジを観光してみたお話を書いたブログ記事の画像9枚目

『ロンドン塔』の入り口が見えてきて、食事が出来そうな施設も見つかりました。

 

ここで一旦昼食を取ることにしました。

 

屋台のようなところで名物のフィッシュ&チップスが売っていたので、それを買いました。

 

当時使っていたガラケーの写真ですので画質は荒いですが……写真が残っていました。

【2009年ロンドン旅行記①】キン肉マンの影響でタワー・ブリッジを観光してみたお話を書いたブログ記事の画像10枚目

 

このフィッシュ&チップスを買って近くのベンチに座って景色を眺めながら食べることにしました。

 

一人でベンチに座って食べていると、横の席に東南アジア系の女性が座ってきました。

 

彼女も一人で旅行中の観光客のようで、僕と同じフィッシュ&チップスを食べていました。

 

どうやら他の席は白人が座っていたので、同じアジア人の僕の横を選んだようです。

 

当時の僕はと言えば……『タワー・ブリッジ』に行くことしか考えてなかったので、さっさと食べてその場を後にしました。

 

今になれば、何か話しかければよかったな~……と思います。

 

タワー・ブリッジを発見!

昼食を食べている時にも遠めにタワー・ブリッジが既に見えていました。

 

フィッシュ&チップスを食べ終えるとすぐに目的のタワー・ブリッジを目指すことにしました。

 

進行方向の左手には、『ロンドン塔』の歴史ある建物が目につきます。

【2009年ロンドン旅行記①】キン肉マンの影響でタワー・ブリッジを観光してみたお話を書いたブログ記事の画像11枚目

 

逆に右手側にはテムズ川が見えました。

【2009年ロンドン旅行記①】キン肉マンの影響でタワー・ブリッジを観光してみたお話を書いたブログ記事の画像12枚目

 

大きな客船が停泊していたり、近代的なビルも建ち並んでいました。

【2009年ロンドン旅行記①】キン肉マンの影響でタワー・ブリッジを観光してみたお話を書いたブログ記事の画像13枚目

 

そして正面にはタワー・ブリッジが見えてきました!

【2009年ロンドン旅行記①】キン肉マンの影響でタワー・ブリッジを観光してみたお話を書いたブログ記事の画像14枚目

 

ここで、スペイン人と思われる旅行中の親子に「タワー・ブリッジを背景に写真を撮って欲しい。」とお願いされました。

 

もちろん写真を撮ってあげたら、そのお父さんが喜んでくれて、「お礼に君もタワー・ブリッジを背景に写真を撮ってあげよう。」と言ってくれました。

 

せっかくなんで僕もタワー・ブリッジを背景に記念撮影してもらいました。

 

その時の写真も残っていたのですが、さすがに男一人が満面の笑顔で写った写真をブログに載せるのはちょっと恥ずかしいので掲載は止めておきます。(笑)

 

その後、歩くにつれて大迫力のタワー・ブリッジが目の前に迫ってきます!

【2009年ロンドン旅行記①】キン肉マンの影響でタワー・ブリッジを観光してみたお話を書いたブログ記事の画像15枚目

【2009年ロンドン旅行記①】キン肉マンの影響でタワー・ブリッジを観光してみたお話を書いたブログ記事の画像16枚目

【2009年ロンドン旅行記①】キン肉マンの影響でタワー・ブリッジを観光してみたお話を書いたブログ記事の画像17枚目

 

せっかくなので歩いて渡ってみようと思いました。

 

 

 

タワー・ブリッジを歩いて渡ろう!

タワー・ブリッジの橋の上に登るにはどうやって行けばいいんだろう?と近づくにつれ考えるようになりました。

 

僕の進行方向からは登る場所が見当たりません。

 

すると橋の下を潜るトンネルのようなものが見えてきました。

【2009年ロンドン旅行記①】キン肉マンの影響でタワー・ブリッジを観光してみたお話を書いたブログ記事の画像18枚目

 

取りあえずそこを潜って逆方向に出てみました。

 

逆方向に出た瞬間のタワー・ブリッジを下から眺めた写真です。

【2009年ロンドン旅行記①】キン肉マンの影響でタワー・ブリッジを観光してみたお話を書いたブログ記事の画像19枚目

この逆方向にある階段からタワー・ブリッジに登ることが出来ました。

 

ちなみにこの地域は『タワーハムレッツ区』のようです。

【2009年ロンドン旅行記①】キン肉マンの影響でタワー・ブリッジを観光してみたお話を書いたブログ記事の画像21枚目

 

思いつきの無計画で来たので、この写真を撮るまで知りませんでした。

【2009年ロンドン旅行記①】キン肉マンの影響でタワー・ブリッジを観光してみたお話を書いたブログ記事の画像22枚目

 

 

階段を登ってここからタワー・ブリッジを歩いて渡ることにしました。

【2009年ロンドン旅行記①】キン肉マンの影響でタワー・ブリッジを観光してみたお話を書いたブログ記事の画像23枚目

 

ちょっと写真の撮り方がヘタでわかりづらいのですが、僕が歩いて渡った歩道の横は車が通る車道になっています。

 

なので、車がビュンビュン横を通り過ぎていきます。

 

手振れしまくりなのですが、この時の動画を録っていましたのでそちらもどうぞ。

 

動画録るのヘタ過ぎて見てるだけで酔いそうですね。(笑)

 

せっかくなのでタワー・ブリッジの色んな部分を写真で撮ってみました。

【2009年ロンドン旅行記①】キン肉マンの影響でタワー・ブリッジを観光してみたお話を書いたブログ記事の画像24枚目

【2009年ロンドン旅行記①】キン肉マンの影響でタワー・ブリッジを観光してみたお話を書いたブログ記事の画像25枚目

【2009年ロンドン旅行記①】キン肉マンの影響でタワー・ブリッジを観光してみたお話を書いたブログ記事の画像26目

【2009年ロンドン旅行記①】キン肉マンの影響でタワー・ブリッジを観光してみたお話を書いたブログ記事の画像27枚目

【2009年ロンドン旅行記①】キン肉マンの影響でタワー・ブリッジを観光してみたお話を書いたブログ記事の画像28枚目

【2009年ロンドン旅行記①】キン肉マンの影響でタワー・ブリッジを観光してみたお話を書いたブログ記事の画像29枚目

【2009年ロンドン旅行記①】キン肉マンの影響でタワー・ブリッジを観光してみたお話を書いたブログ記事の画像30枚目

 

橋を渡っている時の右手側はこんな景色です。

【2009年ロンドン旅行記①】キン肉マンの影響でタワー・ブリッジを観光してみたお話を書いたブログ記事の画像31目

 

逆に左手側はこんな景色です。

【2009年ロンドン旅行記①】キン肉マンの影響でタワー・ブリッジを観光してみたお話を書いたブログ記事の画像32枚目

 

以上が、【2009年ロンドン旅行記①】キン肉マンの影響でタワー・ブリッジを観光してみたお話でした。

 

ターナーの絵を生で観てみたい!から始まって、ロンドンに到着してから、「そう言えばロビンマスクの必殺技タワー・ブリッジも観に行ってみたいな~。」と急に思いつき実際に状こうやって観光することが出来ました。

 

【2009年ロンドン旅行記】のパート1としたのは、他にも観光地を巡ったお話を書こうと思ったからです。

 

今回タワー・ブリッジの写真を探している時に、他の写真も出てきたので今後もこのブログに掲載してみたいと思いました。

 

実際にターナーの絵を生で観るために美術館巡りもしています。

 

そう言ったお話は、また次回以降に……。

 

それでは今後も【2009年ロンドン旅行記】をお楽しみに~♪

 

 

 

オマケ

タワー・ブリッジのお土産として記念ガイドブックを買いました。

【2009年ロンドン旅行記①】キン肉マンの影響でタワー・ブリッジを観光してみたお話を書いたブログ記事の画像33枚目

【2009年ロンドン旅行記①】キン肉マンの影響でタワー・ブリッジを観光してみたお話を書いたブログ記事の画像34枚目

【2009年ロンドン旅行記①】キン肉マンの影響でタワー・ブリッジを観光してみたお話を書いたブログ記事の画像35枚目

【2009年ロンドン旅行記①】キン肉マンの影響でタワー・ブリッジを観光してみたお話を書いたブログ記事の画像36枚目

タワー・ブリッジの歴史やメカニズムに至るまで詳細が紹介されたガイドブックになります。

 

ロンドンの現地で購入したのに、日本語バージョンで買いました。

 

このガイドブックを買ったときもちょっとした面白話があります。

 

お土産屋さんに入店して、すぐにこのガイドブックを見つけたのでレジに持っていきました。

 

するとレジを担当していた白人のおばさんが、「あなたフランス語読めるの?」と英語で言ってきました。

 

僕は何言ってるんだろう?と思い「フランス語?読めませんけど何故ですか?」と聞き返したら……

 

「あなたの持ってるガイドブックはフランス語のものよ。中国語のものなら目の前の棚に置いてあるからそれと替えなさい。」と親切に教えてくれました。

 

いや、待てよ!よく考えると、この人僕のことを中国人と思ってるみたい!(笑)

 

実は僕は海外旅行に行くと、毎回のように中国人に間違えられます。

 

一応生粋の日本人なんですが、もはやこれは僕にとってはお決まりのイベントです。(笑)

 

「あの、僕は日本人なんです。」と言うと、「あらそうなの、ごめんなさいね。日本語のガイドブックも中国語の横に置いてあるわよ。」と親切に教えてくれました。

 

そんなことがあって僕はこのガイドブックの日本語版を購入することになりました。

 

しかし本当を言うと、英語バージョンが欲しかった……。

 

フランス語は全く読めませんが、英語は読めます。

 

でもせっかく日本語バージョンを教えてもらったので、ここは素直に日本語版を購入することにしたんです。

 

またしても中国人に間違えられたな~という面白話でした。(笑)

 

 

 

 

<スポンサーリンク>



 

他に関連するお勧め記事

 

2009年に行ったロンドン旅行の行きに乗った大韓航空での面白話
2008年に初めてニューヨークに行った時に乗ったデルタ航空での面白話
エリック・クラプトンのブログ記事シリーズまとめ
Travelの一覧に戻る
<関連コンテンツ>
オリジナルLINEスタンプ『まめチキ君』『もじもじうさぎ もじたん』『陽気なサボテン・ムーチョ』販売中です。ぜひ買ってください。ガンガン使ってね。詳しくはこちらからご覧ください→

Related Articles

Quick Category

  • カテゴリー:Music
  • カテゴリー:Movie
  • カテゴリー:Book
  • カテゴリー:Travel
  • カテゴリー:Diary
  • カテゴリー:Work
  • カテゴリー:Guitar
  • カテゴリー:Live
  • カテゴリー:Comic