カテゴリー:Music

2010/02/01

NYパンク伝説のバンド、テレヴィジョンの代表作『Marquee Moon(マーキー・ムーン)』を聴こう!

「ニューヨークのロックの伝説」テレヴィジョン

Tlevision -『Marquee Moon』

1. See No Evil
2. Venus
3. Friction
4. Marquee Moon
5. Elevation
6. Guiding Light
7. Prove It
8. Torn Curtain
9. Little Johnny Jewel (Parts 1&2)
10. See No Evil (alternate version)
11. Friction (alternate version)
12. Marquee Moon (alternate version)
13. Untitled Instrumental

 

<スポンサーリンク>


 

マーキー・ムーン

テレヴィジョンの’77年リリースのファースト・アルバムです。

 

トム・ヴァーレインとパティ・スミスのクールで知的なNYパンクの結晶が聴こえてくるようです…………。

 

ヴェルヴェット・アンダーグラウンドに始まりこのテレヴィジョンを通してNYアンダーグラウンド・シーンのクールでノイジーなパンクはソニック・ユースへと受け継がれました…………。

 

トム・ヴァーレインの研ぎ澄まされたナイフのようでいてしかし凍りついたギターの『音』に退廃の官能美が隠されているように感じます。

 

 

テレヴィジョンは、シングル“Little Johnny Jewel”をインディからリリースした後、このアルバムでメジャーデビューしました。

 

文学の香りを漂わせたアーバンな感触を持ちつつもあくまでもクールにパンクロックを形成していく…………。

 

ベスト・トラックは表題曲かな?

特に表題曲の#4はそういった感触をうまく表していると感じます。

 

Television – “Marquee Moon”

シンプルだけれどもメロディラインの綺麗で音楽的なギターソロが好きです。

 

また曲の後半のツインギターがユニゾンで盛り上がるところが最高潮に盛り上がります!

 

また少し冷たくって機械的なギターの音色がこれまた退廃的で好きです。

 

今もなお過激で革新的な音楽が産声を上げているNYアンダーグラウンド音楽シーンですが、このテレヴィジョン抜きで現在のアンダーグラウンド・シーンを語る事は出来ないはずでしょう。

 

<スポンサーリンク>


 

ちなみにテレヴィジョンは、’92年にオリジナル・メンバーで再結成されました。

Musicの一覧に戻る
<関連コンテンツ>
オリジナルLINEスタンプ『まめチキ君』『もじもじうさぎ もじたん』『陽気なサボテン・ムーチョ』販売中です。ぜひ買ってください。ガンガン使ってね。詳しくはこちらからご覧ください→

Related Articles