カテゴリー:Music

2018/03/18

ニューマスターサウンズの新曲”Tantalus”のPVが新たに公開されていました!

もうすぐニューアルバム発売!ニューマスターサウンズの最新情報!

最近は、ニューマスターサウンズとソウライヴばかり聴いています。

さて、このブログでも登場頻度の高いニューマスターサウンズとソウライヴなんですが……好きなんだからしょーがない!って感じで開き直って(?)そちらの情報を多めに今後も書いていきたいと思います。

 

僕は10代後半から20代半ばの若い頃に古い時代の戦前ブルースやジャズが好きでそれなりにたくさん聴いていました。

 

それが、なぜか歳いって逆に最近ではニューマスターやソウライブなんかのDeep Funk系ばかり聴くようになりました。

 

こういったDeep Funk系の音楽にハマったのは20代も半ばの頃からでした。

 

それ以前は、むしろジャズもブルースも正統派の古い音楽ばかりを聴いていました。

 

もしかしたらそういった古い音楽にハマるのはもっと年を取ってからの方が多いのかな?とも思います。

 

多分、今の僕の年齢からそういった古い音楽を聴きだす方が自然な気もしますが……なぜか僕の場合は逆で今の方が2000年代以降のファンク系の曲が好きでそればかり聴く様になっています。

 

そのため最近では、古い曲の話題なってもすっかり忘れてしまってることが多々あります。

 

知っているはずなのにその場では忘れてて…って感じで……。

 

こないだもフランク・シナトラやビリー・ホリデイにエラ・フィッツジェラルドが歌っていた”Blue Moon”の話題なって、曲は知ってるのに何度頭の中で再生しようとしてもメロディーが浮かんでこなくって……どんなだったっけ?……と。

 


 

ちなみに個人的には元祖セクシーブロンド美人歌手のジュリー・ロンドンが歌う”Blue Moon”が一番好きです。

 

Julie London – “Blue Moon”

素晴らしいコンピングを聴かせてくれるのはジャズギターの名手ハワード・ロバーツです。

 

ベースはデュオ演奏の名人のレッド・ミッチェルが弾いています。

 


 

こないだ個人的に焦ったのはセッションで”Isn’t She Lovely”のテーマメロディーを忘れたことです……。

 

あんなにも有名な曲なのにね……。(笑)

 

まぁ演奏開始する直前に思いだして事なきを得ましたが……。

 

そんなわけで、最近ではニューマスターサウンズとソウライヴのことばかり気になります。

 

どちらのバンドもブームになったのは、もう10年以上前なんですが……しかし今でもバリバリ現役で素晴らしいライヴ演奏やアルバムを発表してくれているこの2バンドがまた日本でも再ブームが起こって欲しいな!と思いこうやって自分のブログやTwitterなんかで取り上げています。

 

一人でも多くの人が同じ音楽を好きになって聴いてくれるようになれば嬉しいな……と。

 

共通の音楽ジャンルが好きな人とは、いい感じで会話も進み仲良くなれますからね。

 

それにニューマスターサウンズやソウライヴみたいなファンキーな音楽好きな人に悪い人なんていないです!(……よね?)

 

 

およそ3年振りのニューアルバム『Renewable Energy』の発売までちょうどあと1ヵ月!

さて、そんなニューマスターサウンズのおよそ3年振りのニューアルバム『Renewable Energy』の発売までちょうどあと1ヵ月となりました。

 

日本盤の発売日はちょう1カ月後の4月18日となっております!

 

個人的には、今回のアルバムをすごく楽しみにしています。

 

その理由としてまず昨年からライヴで取り上げられていた新曲の”Green Was Beautiful”がついに正式にアルバムに収録されるからです。

 

 

過去記事になりますが、昨年にこの曲のことをしったことについて書いていますので、ぜひ読んでみて下さい。

 

 

 

 

 

ニュー・マスターサウンズの新曲?

 

 

 

 

ちなみにこの曲のスタジオ演奏風景の動画も新たにYouTubeにアップされています。

 

The New Mastersounds – “Green Was Beautiful”

 

こちらの曲はいつも通りのオルガン系ジャズファンク曲です。

 

相変わらずギターソロを弾きまくってくれているエディ・ロバーツが頼もしいですね♪

 

kの曲のイントロのギターフレーズが、ブーガルー・ジョー・ジョーンズの”Confusion”とほぼ同じなんです。(笑)

 

またテーマのリフもなんとなくFabulous Counts作でグラント・グリーンのジャズファンク期の代表曲となった”Jan Jan”にも似ています。

 

そのためかこの曲をライヴで演奏する際にキーボードのジョー・タットンがソロを弾く前にわざと”Jan Jan”のメロディーを弾くっていうお遊びもしていました。

 

曲名からしてもグラント・グリーンのトリビュートっぽいですからね。

 

その辺のジャズファンク・ギタリストにこの曲で敬意を表しているんでしょう。

 

ちなみにグラント・グリーンの完全未発表ライヴ盤も5月に2種類発売されますので、そちらの方も要チェックです!

 

 

 

 

 

グラント・グリーンの完全未発表ライヴ音源

 

 

 

 

ニューマスターサウンズの新曲”Tantalus”のPV

 

そして今回の記事のタイトルにあります新曲の”Tantalus”の最新PVも先ほどの “Green Was Beautiful”と同じ日にYouTubeにアップされていました。

 

The New Mastersounds – “Tantalus”

この曲はオルガン系ではなくってピアノ系のジャズ・ファンク曲ですね♪

 

どうしても自分がギターを弾くので、ギタリストのエディ・ロバーツのことばかり取り上げてしまいそうなんですが、キーボード奏者のジョー・タットンも、ほんと素晴らしい演奏をしますよね!

 

オルガンだけでなくピアノも最高です!

 

こういった感じの曲が、来月発売のニューアルバムの『Renewable Energy』に収録されているのであれば、期待大ですね♪

 

昨年の5月の来日公演では、僕のみに行った大阪公演では新曲は演奏してくれませんでしたが、近いうちにまた来日をして今回のアルバムからの新曲をガンガン演奏して欲しいです。

 

 

 

 

 

The New Mastersounds 2017年来日公演

 

 

 

 

ニューアルバムの発売までちょうどあと1ヵ月……待ち遠しいです。

 

そしてこれを機に、また日本でも久しぶりにニューマスターやソウライヴなんかの人気が再熱してくれないかな?って願ってます。

 

 

オマケ?

ジョー・タットンは、ニューマスターの初期からいたオリジナルメンバーではないのですが、彼が参加してからもう10年以上になるはずです!?

 

 

 

 

 

ザ・ニューマスターサウンズのデビューアルバム

 

 

 

初期のキーボード奏者はボブ・バークでした。

 

しかしジョー・タットンも今ではすっかりニューマスターサウンズの顔とまで言えるような存在だと思います。

 

そもそも素晴らしい演奏技術を持っているので当然と言えば当然ですよね。

 

本当に上手いキーボード奏者だと思います。

 

僕の大好きな70年代ソウル・ジャズ/ジャズ・ファンク風のオルガンを弾いています。

 

最近知り合ったピアノ/ドラムを演奏する人にニューマスターを紹介してYouTubeにアップされている最新のライヴ映像を観てもらったら、「キーボードめちゃくちゃかっこいい!」と言っていました。

 

そうですよね!

 

めっちゃかっこいいフレーズ連発です!

 

気に入ってもらえて嬉しいです。

 

ところで、こんな面白かった話があります。

 

もう何年前のことだったか?少し記憶は曖昧ですが、キーボードがボブ・バークからジョー・タットンに変わってすぐの来日公演を友人と3人で観に行きました。

 

その友人は兄弟で兄の方が僕と同い年でした。

 

その兄弟は2人とも音楽が好きなんですが、そこまで詳しくもなくって、バンド経験なども僕よりは浅い方でした。

 

で、その日のライヴを観て、僕が「キーボードの人が新しい人に変わってるんだけど、なんかめっちゃ巧いな!すでに他のメンバーにもすごく馴染んでるな~♪」と褒めたんですが、それを聞いていた兄の方がある行動を起こしました。

 

彼は英語系の仕事をしているので、多少の英会話は出来ます。

 

そしてライヴ後にメンバーとの握手会があったのですが、まだ加入したばかりのジョーは、他の3人のメンバーほどその時は人気がありませんでした……。

 

まずは先頭でリーダーのエディー・ロバーツがいて、さすがの人気です!

 

その次にイケメンだけでおしゃべりドラマーの憎めないやつサイモンも大人気です!

 

次に見るからに人が良さそうな優しい顔したベースのピートも人気者でした!

 

最後にいたジョーは、まだ加入して間もなくで少し遠慮気味でファンと握手をしていました。

 

そしたら友人の兄がなにやらごそごそジョーと話していました。

 

何言ってるんだろう?と僕は盗み聞きしたら、「今日の演奏すごく良かったです!ニューマスターサウンズにぴったりの演奏でした。」みたいなことを英語で言ってべた褒めしていました。

 

そしたらジョーも嬉しそうに照れ笑いしていました。

 

で、僕は冗談で友人の弟の方に「お前の兄ちゃん、今日は家帰らんのちゃう?」って言ったら弟が苦笑いしていました。(笑)

 

チャンチャン♪

 

To Be Continued→

 

<スポンサーリンク>


オリジナルLINEスタンプ『まめチキ君』『もじもじうさぎ もじたん』『陽気なサボテン・ムーチョ』販売中です。ぜひ買ってください。ガンガン使ってね。詳しくはこちらからご覧ください→
Musicの一覧に戻る

Related Articles

<スポンサーリンク>