カテゴリー:Music

2009/11/23

ジミー・スミスの代表作アルバム『ミッドナイト・スペシャル』を聴こう!

ジミー・スミスの代表作『ミッドナイト・スペシャル』

ジミー・スミスの大ヒットアルバム『ミッドナイト・スペシャル』

Jimmy Smith – 『Midnight Special』

01.Midnight Special
02.A Subtle One
03.Jumpin’ the Blues
04.Why Was I Born?
05.One O’Clock Jump

 

Jimmy Smith – organ
Stanley Turrentine – tenor saxophone
Kenny Burrell – guitar
Donald Bailey – drums

 

Recorded:April 25, 1960

 

 

 


 

最高の参加メンバー

ケニー・バレルスタンリー・タレンタインというアーシーブルージーなプレイヤーといった最高のメンバーが好演しているのも本盤の聴き所です。

 

ジミー・スミスの代表作!

ジャズ・オルガンの改革者ジミー・スミスのBNを代表する名盤で、ヒットしたアルバムでもあります。

 

BN時代のジスミスのアルバムのほとんどに参加しているお馴染みのドナルド・ベイリーに、相性の良い洗練されたブルージーなジャズギタリストのケニー・バレルを迎えて、更にこのアルバムでBNデビューを飾ったソウルフルでブルージーテナー奏者スタンリー・タレンタインというオルガン・ジャズにぴったりの名手ばかり集めたこのアルバムが悪くなるはずがないですよね。

 

アルバムの内容は?

ゆったりとしたミドルテンポで人懐っこいメロディーの#1を初め素晴らしい曲ばかりです!

 

うっとりとしたメロディーでスタンリー・タレンタインのコンポーザーとしての才能が伺える#2も綺麗なメロディです。

またバレルとタレンタインがユニゾンで奏でるイントロからして適度にスウィンギーな#3や、教会音楽のようなオルガンのホーリーな音が泣けるバラードの#4に、カウント・ベイシーの有名曲#5で軽やかにスウィングする…などどれも名曲・名演ばかりです!

聴きどころはソウルフルなテナーサックス♪

#2と#4のみケニー・バレルは参加せず、テナーとオルガン、ドラムのトリオで演奏されています。

 

ジミー・スミスケニー・バレルが素晴らしいのは言うまでもないのですが、#4でのタレンタインの名演は一筆に値します。

どこまでもソウルフルな音色に癒されます♪

 
 

 
 

終わりに……

BNのジミー・スミスと言えばまずはこれ!!という感じで絶対に外せないアルバムす。

同日録音の『Back At The Chicken Shack』も合わせて聴きたい名盤ですね。

 

 

 

<スポンサーリンク>



  

他に関連するお勧め記事

 

ジミー・スミスのブルーノート3作目『Jimmy Smith At The Organ, Volume 3』を聴こう♪
ジミー・スミスの熱いライヴ名盤『Groovin’ at Small’s Paradise』を聴こう!
ジミー・スミス白熱の実況録音ライヴ盤!『クラブ・ベイビー・グランドのジミー・スミス』
ジミー・スミスのおすすめ作品『Home Cookin’』を聴こう!
ジミー・スミスのもうひとつの代表作『バック・アット・ザ・チキン・シャック』も聴こう!
ジミー・スミスの代表曲のひとつとなった“The Cat”を含む1964年の大ヒット・アルバム!
ジミー・スミスの代表曲のひとつ”Organ Grinder Swing”を含む1965年の大ヒット・アルバムを聴こう♪
ジミー・スミスが歌った⁉ストーンズのカヴァー曲も含むキャッチーな作品『Got My Mojo Workin’』を聴こう♪
Musicの一覧に戻る
<関連コンテンツ>
オリジナルLINEスタンプ『まめチキ君』『もじもじうさぎ もじたん』『陽気なサボテン・ムーチョ』販売中です。ぜひ買ってください。ガンガン使ってね。詳しくはこちらからご覧ください→

Related Articles