カテゴリー:Music

2018/06/26

R+R=Nowの『Collagically Speaking』を買いました!

【R+R=NOW - “Collagically Speaking”】ロバート・グラスパーによる今最も最先端のスーパーグループ、R+R=NOW(アール・プラス・アール・イコールズ・ナウ)のデビュー作品をついに買いました!

ロバート・グラスパーを中心に結成されたスーパーグループのR+R=Now(アール・プラス・アール・イコールズ・ナウ)

2018年度最も注目すべきスーパーグループ!

こちらのブログにも何度も出てきているトランぺッターのクリスチャン・スコットが僕は10年近く前からずっと大好きです。

 

 

ここ最近一番好きなトランぺッターは、クリスチャン・スコット!


そんな天才トランぺッターのクリスチャン・スコットは、プリンスのアルバムやソウライヴの名盤『ライヴ・アット・ブルーノート東京』にも参加していました。

 

 

 

僕はソウライヴも大好きなので昨年の10月にクリスチャン・スコットと同月に来日公演をしてくれたのは本当に嬉しいことでした。

 

ビルボ大阪の10月が最高!

 

ソウライヴはそれ以前にも観に行ったことがあったのですが、クリスチャン・スコットを生で観たのはこの時が初めてでした。

 

Christian Scott Oct.30.2017 ビルボード大阪 – クリスチャン・スコットを観てきました!

初めて観に行ったクリスチャン・スコットのライヴは、本当に素晴らしかったです!

 

そんなクリスチャン・スコットが、近々またビルボード大阪で観れるかも知れません!

 

それはロバート・グラスパーが新たに結成したスーパーグループのR+R=Now(アール・プラス・アール・イコールズ・ナウ)に参加しているからです。

 

このグループのことは、TwitterやFacebookなんかの音楽系のニュースで流れまくっていたのでご存知の方も多いかもしれませんね。

 

僕も最初はロバート・グラスパーやクリスチャン・スコットのFacebookグループから流れてくる情報で知りました。

 

そして徐々にTwitterで情報が流れて……数日遅れて日本のサイトでも流れるようになりました。

 

もちろん僕はロバート・グラスパーの創造する音楽性も大好きなのでこのスーパーグループには、ずっと注目していました!

 

こちらのブログには書いてなかったんですが……だいぶ前にロバート・グラスパーの来日公演もビルボード大阪に観に行ったことあります。

 

そしておよそ10日前の6月15日にR+R=NOWのデビューアルバムがリリースされました!

 

<スポンサーリンク>



 

R+R=NOWのデビュー作品『Collagically Speaking』

このデビュー作品である『Collagically Speaking』が発売されるよりも前からネットの情報でR+R=NOWについては知っていました。

 

しかし色々と事情がありまして……発売日直ぐにはアルバムを買うことが出来ませんでした……。

 

なんとか先週末にネット注文して、やっとのことで今日手元に届きました。

R+R=NOWのデビュー作品『Collagically Speaking』

 

R+R=NOWのデビュー作品『Collagically Speaking』

 

R+R=NOWのデビュー作品『Collagically Speaking』

 

R+R=NOWのデビュー作品『Collagically Speaking』

 

 

 

 

なんとなくデュオトーンなデザインのアルバムジャケットもかっこいいです!

 

まだ手元に届いたばかりでこの記事を書いているので、作品を聴いてはいないのですが……これだけの面子が揃っているのだから、素晴らしい作品であることは間違いないでしょう!

 

この作品をじっくり聴いた頃にこちらのブログでいつものようにレビュー記事も書きたいと思いますので、よかったらぜひまたこちらのブログを読みに来てください。

 

それでは8月のR+R=NOWの初来日公演を楽しみに待ちながら、この作品をじっくりと聴きたいと思います!

 

 

クリスチャン・スコットの参加した別グループで聴くべき作品2選!

さて、最後にせっかくなのでクリスチャン・スコットが過去に参加していたグループのアルバムで聴くべき作品を2種類ご紹介しておきます。

 

まずは2011年の『Ninety Miles Project』です。

 

 

このプロジェクトは、ヴィブラフォン奏者のステフォン・ハリスを中心に、クリスチャン・スコットがサックス奏者のディビッド・サンチェスと組んだ魅力的なキューバン・ジャズ系のグループです。

 

YouTubeで公式のPVも観れますので、ぜひこのかっこいいグループの演奏も聴いてみて下さい!

 

Ninety Miles Project – “La Fiesta Va”(2011)

 

 

そしてもう1つ!

 

2013年のNEXT Collectiveの『Cover Art』です。

 

このグループには、当時クリスチャン・スコット・バンドに在籍していたギタリストのマット・スティーヴンスとドラムのジャマイア・ウィリアムスが参加しています。

 

D’angeloの名曲”Africa”をカヴァーしていたりしますので、そういったネオソウル系(オーガニック・ソウル)が好きな人にもお勧めです♪

 

 

NEXT Collective performs Africa (originally by D’Angelo)

 

以上、クリスチャン・スコットが参加している2つのお勧めグループの作品でした。

 

本当にジャズが好きなのならば……古い時代のジャズばかりでなく、こういった2000年代以降の進化したフューチャー・ジャズ系も聴きましょう!

 

他に関連するお勧め記事

 

My Favorite Trumpet Players – 近年のトランぺッターで特に好きなミュージシャン10選】

 

<スポンサーリンク>


オリジナルLINEスタンプ『まめチキ君』『もじもじうさぎ もじたん』『陽気なサボテン・ムーチョ』販売中です。ぜひ買ってください。ガンガン使ってね。詳しくはこちらからご覧ください→
Musicの一覧に戻る

Related Articles