カテゴリー:Music

2010/01/11

エディ・ハリスとレス・マッキャンの名作『Second Movement』を聴こう!

エディ・ハリスとレス・マッキャン

Eddie Harris & Les McCann -『Second Movement』

 

Eddie Harris & Les McCann -『Second Movement』

1. Shorty Rides Again
2. Universal Prisoner
3. Carry On Brother
4. Set Us Free
5. Samia

 

<スポンサーリンク>


 

今聴いてもオシャレでかっこいいです!

 

’71年作のレス・マッキャン&エディ・ハリスによるフュージョンの走りのようなアルバムなんでしょうか。

キング・カーティス組みが参加していることでもこのアルバムの価値は上がります。

 

バーナード・パーディーのタイトでファンキーなドラムにジェリー・ジェモットのボトムを支えるベース、そしてファンキーなギターカッティングを弾くコーネル・デュプリーが最高です。

 

そこにレス・マッキャンのフェンダーローズの音が絡み合いエディ・ハリスのメロウなサックスが合わさる名盤でしょう。

 

アルバムの内容は?

#1は、クラブジャズ・ライクな曲でDJ好きしそうなダンサンブルな曲です。

 

パーディーのバックビートを強調したファットバックなドラミングにマッキャンのスムージーなフェンダーローズが周りを漂います。

 

エディのエレクトリック・サックスによるサイケな演奏も聴き所です。

 

続く#2は、マッキャンのだみ声ボーカルが聴けるニュー・ソウルッぽいオシャレな曲です。

 

#3は、デュプリーのファンキーなカッティングがかっこいいミドルテンポの曲です。

 

こちらもマッキャンの渋い歌声が堪能できます。女性コーラスも雰囲気を盛り上げてくれています。

 

名曲#4は、エディのメロウなサックスが存分に味わえます。

 

またマッキャンのフェンダーローズもこの曲では効果的に機能しておりドナルド・ディーンのストリングベースとデュプリーのファンキーカッティングと共にメロウな世界観を作り上げています。

 

最後の#5も先の曲に続くようなメロウな曲調でエディのサックスに合わせるようにメロディーを奏でるマッキャンノローズの音がなんとも素晴らしいですね。

 

 

 

 

 

終わりに……

早すぎたフュージョンと言えるかもしれないが良いアルバムであることは間違いないでしょう。

 

  

<スポンサーリンク>



  

他に関連するお勧め記事

 

ジャズ・ファンク系アルバムのブログ記事まとめ!
Musicの一覧に戻る
<関連コンテンツ>
オリジナルLINEスタンプ『まめチキ君』『もじもじうさぎ もじたん』『陽気なサボテン・ムーチョ』販売中です。ぜひ買ってください。ガンガン使ってね。詳しくはこちらからご覧ください→

Related Articles