カテゴリー:Movie

2018/05/15

実際に起きた連続殺人事件を題材にした映画『ゾディアック』を観よう!

実際に起きた連続殺人事件のゾディアック事件をデヴィッド・フィンチャー監督が映画化した作品『ゾディアック』を観よう!

シリアルキラー・ゾディアック事件

実際に起きた連続殺人事件を映画化!

『ゾディアック』は、名作映画『セブン』や『ファイト・クラブ』で知られる鬼才デヴィッド・フィンチャー監督が2007年に制作した実際の事件を取り扱った映画です。

 

 

 

 

 

 

映画『ゾディアック』

 

僕はBlu-rayで購入しました。

 

Blu-rayのジャケットデザインが実際にゾディアックと名乗る殺人鬼が書いた手紙になっています。

 

 

 

 

映画の内容は1968年から1974年にかけてサンフランシスコ市内で実際に起きた無差別連続殺人事件を題材にしています。

 

ゾディアック事件は、未だにゾディアックと名乗る殺人鬼が捕まっておらず、それどころか犯人の正体が謎で未解決のままです。

 

もしかしたら世界で最も有名な未解決事件だと言ってもいいのかもしれませんね!?

 

ちなみにこの映画の70年代風の街並みや景色は全てデジタルで制作されているのだとか……!

 

優れた映像美もさることながら、各登場人物の心情や人間関係を描いているのも見所です。

 

主人公のロバート・グレイスミスは、人気俳優のジェイク・ジレンホールが演じています。

 

ロバート・グレイスミスは実際に存在している人物で事件当時はサンフランシスコ・クロニクル紙に風刺漫画家として在籍していました。

 

そして事件が起きてからサンフランシスコ・クロニクル紙宛にゾディアックから手紙が届いたのをきっかけにこの事件にのめり込んでいくことになります。

 

この映画『ゾディアック』の原作も元はと言えばグレイスミスの書いたノンフィクション小説から制作されています。

 

 

 

 

そしてサンフランシスコ・クロニクル紙の敏腕記者ポール・エイヴリー役には映画『アイアンマン』で主役のトニー・スターク役を演じて一躍人気者となったロバート・ダウニー・Jrが演じています。

 

 

 

 

他にはゾディアック事件の担当刑事のデイヴィッド・トスキ役にマーク・ラファロが出演しています。

 

マーク・ラファロは、その後映画『アベンジャーズ』でハルク役を演じることになり、アイアンマン役のロバート・ダウニー・Jrと再度共演することになります。

 

 

今考えると豪華なこの3人の俳優が共演した映画ということになります!

 

映画の内容自体は、先にも書きました通りグレイスミスのノンフィクション小説の通りに進んで行きます。

 

最初の3つの殺人事件がさくさくと進んで行きます。

 

映画は冒頭から1969年7月4日のアメリカの独立記念日に起きたヴァレーホでの事件から始まります。

 

この事件では、車に乗っていた女性1名と男性1名が銃で襲われて、男性の方だけ命からがら生き残りました。

 

次に1969年9月27日にベリエッサ湖で起きた不気味な事件が映像化されています。

 

この事件でも先の事件と同じく女性1名と男性1名が標的で、2人ともナイフでめった刺しにされましたが男性の方のみ生き残りました。

 

ベリエッサ湖の事件が不気味さを感じるのは、生き残った男性の証言からグレイスミスが描いた絵が原因です。

 

この絵で気味の悪い変装をしたゾディアックが描かれています。

 

詳しくは下記のYouTube動画をご覧ください。【閲覧注意】

 

 

そして次は1969年10月11日にサンフランシスコでタクシードライバーが至近距離から撃たれた事件です。

 

この事件では、街中を逃げるゾディアックに2人の見回りをしていた警官が、その正体を見ていながら犯人と分からず会話をして取り逃がすという失態をおかしています。

 

この3つの事件の後、物語は『刑事コロンボ』のモデルにもなったデイヴィッド・トスキ刑事の登場で犯人捜しが始まります。

 

 

 

 

僕は先にこの映画を観てからグレイスミスの書いた原作小説を読みました。

 

小説を読むと、事件の内容がすごく細かく描かれています。

 

しかしどうしても読み終えるまでに時間が掛かりますし、状況が思い浮かばない場面などが多々あります……。

 

しかしこうやって約2時間半という限られた時間内で観ることが出来る映画だと、とてもわかりやすいです。

 

というわけで、僕が体験した際の様に先に映画『ゾディアック』を一通り観てから、原作を読んでみた方がいいと思います。

 

それから再度、映画『ゾディアック』を観直すとより深く内容を理解できるんじゃないでしょうか。

 

そして最後にBlu-rayに特典で収録されているドキュメンタリーを観るといいと思います。

 

このドキュメンタリーでは、グレイスミス本人や、この事件の被害者で生き残った2名の男性も出てきて当時のことを振り返っています。

 

以上、不気味で謎の多い未解決の連続殺人事件『ゾディアック事件』の映画のご紹介でした。

 

 

 

 

オリジナルLINEスタンプ『まめチキ君』『もじもじうさぎ もじたん』『陽気なサボテン・ムーチョ』販売中です。ぜひ買ってください。ガンガン使ってね。詳しくはこちらからご覧ください→
Movieの一覧に戻る

Related Articles

<スポンサーリンク>