カテゴリー:Movie

2017/12/30

年末年始に観たいSF映画6選

年末年始に観たいお気に入りのSF映画のBlu-rayを大人買いしました!

年末年始に観たいお気に入りのSF映画のBlu-rayを大人買いしました!

どれもレンタルで借りて観て気に入ってたのでついつい何度も観たくなるSF映画6作品をBlu-rayで買いました。

2001年宇宙の旅,2010,レッドプラネット,ゼロ・グラビティ,インターステラー,オデッセイ

『2001年宇宙の旅』
『2010』
『レッドプラネット』
『ゼロ・グラビティ』
『インターステラー』
『オデッセイ』

 

の6作品です。

どれも980円ぐらいの廉価版です。

 

エイリアンと戦う系よりも宇宙を彷徨う系が好きです。

 

他にも『ミッション・トゥ・マーズ』、『ダーク・スター』、『ソラリス』、『月に囚われた男』などが好きです。

 

 

孤独な宇宙空間であまりにも無力な人間

こういった宇宙空間を舞台にしたようなSF映画が好きな理由として、何もない広い宇宙では人間の力が全く無力になることです。

 

人間は地球上でだけは力を持っていて、科学の力で他の生物を苛めていても、ひとたび宇宙に放り出されると自分で遊泳すこともできず

 

ただただ孤独に……

 

何もできずに無力に……

 

宇宙空間に流されていくだけになります。

 

初めて『2001年宇宙の旅』を観た時に、スペースシャトル外での作業中に宇宙空間に流されていくあのシーンに恐怖を感じました……。

 

ヘタなホラー映画で間抜けなエイリアンに襲われたり……なんかよりも遥かに恐怖感があります。

 

真空の宇宙空間で『音』がなくなり無音状態になる演出もより恐怖を感じるので素晴らしいです。

 

広い宇宙空間は、真っ暗で音もなく寒くて天地がなく孤独で何も無い……この恐怖感が堪りませんね!

 

『ゼロ・グラビティ』や『ミッション・トゥ・マーズ』なんかでも宇宙空間に放り出され自分で進行方向すら舵を取れず無力に流されていくあの感じ……恐ろしくも魅力的ですね。

 

他には、まるでアメコミのシルヴァー・サーファーみたいに宇宙空間でサーフィンする『ダーク・スター』の最後のあのシーン……

 

シュールでユーモラスで好きです。(笑)

 

 

そういった点では、『宇宙船レッドドワーフ号』も宇宙を漂流しているんでSFですよね。かなり笑えるコメディだけれども。(笑)

 

 

 

宇宙船レッド・ドワーフ号!

 

 

 

 

 

科学雑誌『Newton』の創刊30周年企画

 

 

 

 

<スポンサーリンク>


オリジナルLINEスタンプ『まめチキ君』『もじもじうさぎ もじたん』『陽気なサボテン・ムーチョ』販売中です。ぜひ買ってください。ガンガン使ってね。詳しくはこちらからご覧ください→
Movieの一覧に戻る

Related Articles

<スポンサーリンク>