カテゴリー:Movie

2017/08/13

ホラーな映画を3本観ました……。1本目『イット・フォローズ』

お盆は旧作1本辺り100円でレンタルできるキャンペーン中なので何本か映画を借りました。

 

レンタルで3本の最近のホラー映画を借りました。

 

 

 

 

ハズレ映画にもよく出くわしますが……映画観るのは大好きです!

 


 

 

さてさて……今回の映画は……

 

『イット・フォローズ』『ヴィジット』『チェインド』の3本の鬱系ホラー映画を借りました。

ホラーな映画を3本観ました……。1本目『イット・フォローズ』

ホラーといってもモンスターがドワーッ!!!!って感じではない3本でした。

 

1本だけ幽霊系で、あと2つは現実にあってもおかしくないかな?的な映画でもあります。

 

3本ありますのでまずは最初に観た『イット・フォローズ』について書いていきます。

 

続きの他の2本については、また後ほど別の記事に書きますので、ぜひ読んでみて下さい。

 

※ネタバレ含みます……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<スポンサーリンク>


 

 

 

まず1本目は、レンタル開始されてからずっと観たいなって思ってた『イット・フォローズ』です。

 

この映画は、不気味なジャケが気になって面白そうだな~ってずっと思ってたのですが、やっと旧作扱いになっていたので借りました。

 

ホラーな映画を3本観ました……。1本目『イット・フォローズ』

 

この映画のテーマは、面白いと思います……が、なんともB級……いや……C級な仕上がりでちょっと残念でした……。

 

プロローグ

物語の初めに、家の外で何かに追われている若い女性が登場します……

 

彼女の父親が「大丈夫か?」と尋ねるが、彼女は「ええ、大丈夫……」と言って何かから逃げるだけ……。

 

父親にはその何かは見えていない……。

 

そして……その後、海岸で何かに襲われたのであろうか?……足がぐちゃぐちゃになった彼女の死体が見つかる……。

 

……とここまでは良かったです。(死体のクォリティーが低かったけど……。ぐちゃぐちゃになった足がすごいCGっぽいです……。)

 

それから本編が始まります。

 

主人公の19歳になる年頃の女の子ジェイは、ある日出会った同年代の男の子とデートに出かける。

 

しかし映画を観に行ってもどこか様子のおかしいその男は、映画の途中で映画館を出て行き……何かに追われているような雰囲気を漂わせる……。

 

その後、ジェイは様子のおかしいその男のことも気にもせず、車の中で2人愛し合う……。

 

しかし事が終わった後で男が急にジェイを襲い気絶させてしまう……。

 

意識が戻り、気が付いたジェイは、いつの間にか椅子に縛り付けられた状態で廃墟に連れていかれていた。

 

そこでその男が真相を話し出す……。

 

 

何かに追われる……

 

先ほどジェイと関係を持ったことで、その男が追われている何かをジェイにうつしたのだという……。

 

その何かはどんな人間の姿にも化け、延々とターゲットとなった人間を追いかけてくるのだという。

 

そして追いつかれた人間を死に至らせるのだと……。

 

この男はジェイを利用して何かから追われている自分が助かろうとしているクズな奴であった……。(その後ジェイを助けるでもなくこの男はただただ怯えて逃げるのみ……。)

 

そんな説明をしている最中にもその何かは突然表れてジェイたちを襲いにきたのである……。

 

このシーンはなかなか不気味でした……。

 

普通の歩く速度でまっすぐ一直線に近づいてくる気味の悪い顔色の謎の裸の女性……。

 

周りには目もくれずに一直線にジェイに向かっていきます……。

 

逃げる2人……。

 

なぜターゲットに?

 

男が言うには、その何かは動きは鈍いが頭は利口で人を騙すのだと……。

 

また逃げる際は相手は徒歩なので追いつかれないように車で逃げるように……と。

 

急に襲ってくる何かは、常に色んな人間に化けているので、もし人ごみにいたとしたら自分に向かってくる人間のどれが何かなのか中々気付くのは困難……。

 

しかもターゲットになっていない人には何かは全く見えないので、周りの人間に助けてもらうことも出来ない……。

 

この辺の設定はすごくいいですね!

 

ただ……無駄にラブシーンを絡めたかったのか?

 

その対策方法は、肉体関係を結んだ相手に何かに追われるのをうつすことが出来るのだという。

 

しかしその追われているターゲットが死んでしまうと、遡ってその前に肉体関係を持ったターゲットを再度追いかけてくるのだという。

 

何だろ……その無茶苦茶理論……。(笑)

 

その後はジェイが友達たちに助けてもらいながら何かから逃げ続けるという内容です。

 

 

追ってくる何か……

 

最初にジェイが襲われるのは大学の講義を受けている時です。

 

窓の外をボンヤリと眺めていると、離れた場所からこちらにまっすぐ向かってくる老婆が……

 

周りの人間には目もくれず、また周りの人間もその老婆に気づいていないような……

 

恐ろしくなって教室を抜け出すジェイ……

 

しかしもしそのまま教室にいても何かはまっすぐ入ってこれたのだろうか??

 

この辺はちょっと疑問ですね……。

 

無理に逃げたせいで余計に追われるのでは??

 

それからジェイは家に帰って妹や友達に何かに追われているので側について助けてほしいと話します。

 

半信半疑の友人たち。

 

しかしみんなでジェイの家に泊まり彼女を一晩中見張って助けてあげることに決定した。

 

夜になり……

 

2階の寝室で眠りにつくジェイ……。

 

ジェイに密かな恋心を抱く友人のポールはジェイを守るために、一晩中寝ずにリビングでTVを見て周りを警戒している……。

 

しかしジェイは眠れず1階に降りてリビングでポールと話しをする。

 

物音がしたのでポールが音がした方へ様子を見にその場を離れる。

 

1人になったジェイは居間に行くと……

 

上半身裸で不気味な表情の女性が急に表れ……こちらに向かってくる……

 

ポタ……ポタ……

 

その女の体から水が流れ落ちている……

 

ゆっくりと……

 

ゆっくりと……

 

まっすぐに……

 

ジェイに向かってきます……。

 

 

とても不気味な感じです……。

 

恐ろしくなり慌てて2階の部屋へ逃げるジェイ……。

 

家の中で何かに追われていることを友人たちに話すが、彼らは何かに気づいていない……。

 

そんな人間はどこにもいないぞ!と……。

 

そうこうしている時に部屋のドアがノックされる……。

 

コンコンコン……

 

ドアの外では……

 

妹のケリーが姉を心配して自分の部屋から出てきたのだと言う……

 

みんなホッとして……ドアを開けて……

 

妹のケリーを確認した瞬間……

 

妹の後ろに……

 

背が高く顔色の悪い不気味な男が立っている……。

 

そしてまっすぐジェイを追ってくる……

 

ジェイはまだ何かに追われているのだ……。

 

窓から飛び降りるように逃げるジェイ……。

 

窓から飛び出て逃げるジェイを近くに止めた合った車の中で女とデートしていたプレイボーイのグレッグが見ていた。

 

グレッグはその様子をみてジェイを追いかける。

 

その後ジェイを心配したポールや友人たちは公園に逃げたジェイを見つけ出す。

 

そしてグレッグもやってきて、ジェイの話を聞いて、逃げるのなら車が必要だろ?と自分の車でみんなを乗せて逃げるのを手伝ってくれるのだという。

 

それから、グレッグの車で彼の家族のオンボロ別荘に逃げ込むこととなる……。

 

自宅にはもう居たくない……というジェイだったが……

 

 

ツッコミどころ満載!?

 

ここまでは面白かったのですが、その後は……ちょっとね……。

 

まずオンボロ別荘に逃げ込む方が自宅にいるよりも怖いでしょう……。

 

いかにも襲われやすそうなオンボロ別荘……。

 

簡単に床が抜けたり、壁が崩れたり……と。

 

明らかに逃げる際にこけたりして何かに追いつかれるんじゃないの??

 

しかしそんなホラー映画に好条件な別荘の設定をうまく使わないまま、なぜか外でビーチを眺めている時に何かに急に襲われます。

 

また何かは急に出てくる割にはジェイが寝ていたり気絶していたりする間は襲ってきません……。

 

しかも襲われているターゲット以外には何かは見えないのですが、ポールが大体の場所を勘で椅子を振り回し何かをぶん殴りました……。

 

霊的な感じなのにぶん殴れるんですね……(苦笑)

 

そもそもラストも銃で撃って何かは大量の血を流して死にます……。

 

それにプレイボーイのグレッグと肉体関係を結び何かをうつすジェイだったのですが、その後グレッグは何かに襲われていないし姿も見ていない……と言います。

 

その理由としてジェイとの情事の後にもプレイボーイのグレッグは複数の女性と関係を結んでいるのです。

 

ということは彼が襲われる順番が変わっていたってことで、グレッグと肉体関係を持った女性たちが先に何かに襲われているということになるはずです。

 

しかしその描写が単に大学で女に囲まれているグレッグをポールが見かけるっていうだけです。

 

だが、それからしばらく経ってついにグレッグが何かに襲われる順番となりました。

 

おそらくグレッグと関係を結んだ女性たちは全員何かに襲われて亡くなったのか?(描写はなかったです……。)グレッグが何かの第一ターゲットになったようです。

 

ある日の夜、結局自宅に戻ったジェイが2階の窓から近所のグレッグの家を眺めていました。

 

その時、グレッグの家に向かう何かがジェイには見えました。(一度ターゲットとなった人には何かはみんな見えるみたいです。)

 

グレッグを助けに行くジェイ……

 

しかし遅かった……

 

グレッグの部屋のドアをノックするグレッグの母親に化けた何か……

 

気づかずドアを開けて襲われるグレッグ……

 

母親に化けた何かに上に跨がれて襲われます。

 

しかしながら……何かは殺し方を統一はしていないんですね……。

 

冒頭は若い女性の足をぐちゃぐちゃにして殺していたのに、グレッグは侵して生気を奪い取る殺し方でした……。

 

しかもこのグレッグが襲われているシーンのチープさと言ったら……(苦笑)

 

変な光が出ていてなんとも笑えます……。

 

またグレッグの顔色が悪くなっているのが、特殊メイクが下手なのか……表情がなんともマヌケでした……。

 

結末に向けて……

 

その後、自分が何かに追われる第一ターゲットになったことに怖くなったジェイは、ビーチに行き海で遊んでいる若い男たちを見かけて……

 

全員と関係を持ち何かをうつしたようでした……。(描写はありませんがそんな雰囲気です。)

 

主人公が軽い女になっちゃったのに、いまいち可哀そうに感じることが出来ません……。

 

なんとも感情移入できない演技というか……映画の雰囲気がB級な感じというか……。

 

追ってくる何かの不気味さは面白いのに、脚本がダメなのか、いま一つ物語の面白みに欠けます……。

 

その後、ジェイと友人たちはプールまで行ってワザと何かに自分たちを追ってこさせて……何かがプールに入ったところで感電させようと計画するのですが、その計画に感づいた何かは逆にプールに入ったジェイを感電させようとします……。

 

で、結局ポールが銃で撃ち殺すっていう……。

 

また何故だか笑えるシーンに、プールまで車で向かうジェイたちを、家の屋根から裸のおっさんに化けた何かがこちらを見ているのですが……

 

裸のおっさんが仁王立ちで屋根からジェイたちを見つめています……。

 

怖いシーンのはずが、裸のせいもあって、とてもシュールで笑えます……。

 

 

<スポンサーリンク>


 

 

そして物語の締めくくりは……

 

結局プールで何かを拳銃で撃ち抜き、殺したジェイとポールたち……。

 

これで何かにもうこれ以上追われる心配もなくなったところで……

 

なぜか、かねてからジェイに気が合ったポールの2人はついに肉体関係を結びます……。

 

その後、手をつないで街を歩く2人の遥か後ろに何かの人影が彼らの後をつけているシーンで終わります……。

 

まだ終わっていなかったんだ……という。

 


 

 

 

う~~ん……全体的にもっと不気味に……もっと恐ろしく……もっと悲惨な内容に出来たのじゃないのかな?とも感じますが、少しは楽しめました。

 

しかし突然出てくる何かの不気味さは良かったです。

 

いつどこに何かがいて、またどんな人間に化けているのかも予想が付かず、こちらに向かってくる人間全てに気をつけないといけないという恐ろしさ……。

 

特に妹の後ろに立っていたやけに背の高い何かは意外性があり不気味でした……。

 

水が垂れている上半身裸の何かは、出てくる雰囲気バレバレで、いかにも!って感じで逆に怖くはありませんでした。

 

妹がいて大丈夫と思わせといて……の方が恐ろしさはありますね!

 

物語は「う~~ん……」な感じですが、何かの不気味さは出ているので、そういうのを見たい怖いもの好きの方にはお勧めです。

 

怖さレベルは(人にもよりますが……)僕の中では星5が満点なら

星1.5ぐらいでしたが……。

 

なんかところどころ出てくるマヌケなシーンのせいで、怖さも損なわれます……。

 

2本目の『ヴィジット』に続きます……。

 


 

 

 

2本目『ヴィジット』

 

 

 

 

3本目『チェインド』

 

 

 

 

オリジナルLINEスタンプ『まめチキ君』『もじもじうさぎ もじたん』『陽気なサボテン・ムーチョ』販売中です。ぜひ買ってください。ガンガン使ってね。詳しくはこちらからご覧ください→
Movieの一覧に戻る

Related Articles