カテゴリー:live

2017/11/11

【最近のライヴ活動】2017年11月梅田ROYAL HORSE – ギター発表会とセッション

SLOW LIFE SLOW MUSIC LIVE!梅田ROYAL HORSE Nov.04.2017

2017年11月4日(土)梅田ROYAL HORSEでのギター発表会

毎年恒例の発表会

毎年恒例の年一回のギター発表会の日がやってきました。

 

毎年11月のこの時期に同じギターレッスンに通っている生徒が「誰か他のギタリスト」と組んで、2人1組で2曲演奏します。

 

一緒に演奏するギタリストのパートナーはその時の演奏内容によって変わったりもします。

 

ギター2人以外のバックの演奏陣はピアノ+ベース+ドラムはプロのミュージシャンがサポートしてくれるので安心です。

 

自分がやりたいと選んだ曲は、自分がリーダーとなって曲のテーマを弾き、最初のギターソロを弾き、次にその時のパートナーがギターソロを弾いてまたテーマに戻って曲が終わるっていう感じです。

 

パートナーがやりたいって言った曲は、逆で自分のギターソロ以外ではバッキングに徹します。

 

一応、出演する際は発表会に向けての曲のレッスンや、一度パートナーとの顔合わせを含んだ打ち合わせ的なスタジオ練習があります。

 

演奏する曲のイントロやエンディングもその辺りで事前に決めておいて、人によってはギターソロもレッスン時に作ってもらったのを弾く人もいます。

 

完全にアドリヴでギターソロを弾く人もいますので様々です。

 

ギターソロの尺は決まっていることが多いと思いますが、ワンコードの曲でアドリヴでソロを弾く際は、セッションみたいな感覚で良い塩梅を自分で判断してギターソロを弾き終えなければいけません。

 

そんな感じで、一般のお客さんもちょくちょく観に来ている緊張感ある中で、一年の成果をみんなで発表しあいます。

 

僕は今年で4年目です。

 

<スポンサーリンク>


 

場所は老舗の梅田ROYAL HORSE

 

↓お店のロゴマークが描かれた看板です。
SLOW LIFE SLOW MUSIC LIVE!梅田ROYAL HORSE Nov.04.2017
↓お店の看板です。
SLOW LIFE SLOW MUSIC LIVE!梅田ROYAL HORSE Nov.04.2017
↓チェスの騎士(ナイト)のコマのようなロゴマークです。
SLOW LIFE SLOW MUSIC LIVE!梅田ROYAL HORSE Nov.04.2017

僕が参加しだした1年目は別のお店だったんですが(その後、そのお店は移転)ここ3年間は老舗の『梅田ROYAL HORSE』で演奏させて頂いてます。

 

僕らのような素人が『梅田ROYAL HORSE』で演奏出来るなんて、こんな機会でもないとまず無理ですからね!

 

貴重な経験になります。

 

その代り発表会は昼の2時頃には終わり、僕らが撤退した後はその日のメインの出演者のプロミュージシャンの方々がリハにやってきます。

 

そのため当日は僕は朝の9時20分入りでした。

 

↓お店に着くと本日のイベントの貼り紙がありました。
SLOW LIFE SLOW MUSIC LIVE!梅田ROYAL HORSE Nov.04.2017

 

 

これまでの発表会で演奏した曲

 

ちなみに前3回の発表会で僕が演奏した曲は……

 


– 2014年度  –
リーダー曲:Cissy Strut
サポート曲:Chameleon

想:この年は初参加で、そもそも2014年なるまで4年間ぐらいギターを止めていました。(2014年の4月からレッスンに通っています。)ライヴ活動も全然していなくってそれまでにブルースバンドでやっていた頃の自分の手持ちのフレーズなどほとんど忘れている状態でした……。しかしこの年から定期的にセッションにも行き始めました。それまでブルースの曲ばかりやっていたのですが、もともとファンクの16ビートが好きで、いつかやってみたいって思っていたことをギターを再開したこの年から実現していっています。その頃からの自分の中のテーマでもあるJazz Funk系は今も続いています。初の発表会の2曲はどちらもシンプルな曲構成でアドリヴでいくらでもソロを弾ける曲なのですが、この日はギターソロは事前に用意して16小節ずつ弾く感じです。しかしこの年は久しぶりの人前でのライヴ演奏というのと、誰も知り合いがいなかったという緊張感で散々な演奏でした……。しかも録音していたつもりが、デジタルレコーダーの容量が満タンだったのに気づかず、録音に失敗していました……。動画も撮っていなかったです。だからうろ覚えなのですが、この日の演奏は酷かったです。ただ演奏は酷かったけれども、こういった失敗の経験から学ぶことが多いですね。観に来てくれた知り合いに「全然リズムが合ってなかったな。」と言われ、リズムの重要さに気づきそれ以降16ビートに慣れるためそういったレッスンをしてもらっています。この失敗を糧に「いつかこの発表会でCissy StrutとChameleonでリベンジしたい!」と思い、今回そのリベンジの半分が叶いました!(後述)

 


– 2015年度  –
リーダー曲:Treasure
サポート曲:Thrill Is Gone

想:2年目のこの年から『梅田ROYAL HORSE』に会場が変わりました。ちなみに”Treasure”はブルーノ・マーズの曲で、それをザ・ニューマスターサウンズのJazz Funk系インストバージョンでカヴァーしました。”Thrill Is Gone”はB.B.キングのカヴァーで有名なロイ・ホーキンスがオリジナルのマイナーミディアムのブルースです。この曲は過去に10年ほど前にブルースバンドでやっていたのでなんとなく覚えていました。キーが半音上げのCmでやった以外はほぼ変わりありません。ギターソロでいきなりチョーキング失敗したのがこの日一番の思い出です。(笑)この日は動画を録っていたのですが、まぁどちらの曲もイマイチな出来でした。今動画を見返すのが恥ずかしいので観たくないくらいですね。(苦笑)”Treasure”は前年よりも16ビートに慣れてきたので、だいぶマシにはなっていますが、グルーヴ感や勢いがなく、退屈な演奏でした。ギターソロは事前用意です。”Thrill Is Gone”も久しぶりだったのでほんとイマイチな出来でした……。10年以上前にやっていた頃の方がもっと上手くいっていました。ギターソロは10年以上前にも演奏していた頃のフレーズを思いだしつつも、8割用意したフレーズで2割アドリヴで弾きました。ただ今後は”Thrill Is Gone”はブルース系のセッションでも行かない限りもういいかな?って感じですが、”Treasure”はまたやりたいですね。今後企画しているJazz FunkのイベントやJazz Funkバンドで出来たらやりたいです。

 


– 2016年度  –
リーダー曲:Jean De Fleur
サポート曲:Moanin’

想:3年目のこの年も前年と同じく『梅田ROYAL HORSE』が会場でした。動画も録りました。この年は、最も好きなギタリストのグラント・グリーンが作曲したモードジャズ系の名曲”Jean De Fleur”を取り上げました。かなりの難曲でした!コード進行も複雑で、テンポも速く、転調ばかりで……素人がアドリヴ弾くのはハードルが高い曲でした……。事前にセッションで何度か演奏させてもらっていたのですが、回数を重ねるごとにだんだんとマシに弾けるようになっては来ていましたが、まぁこの日の演奏もまだまだ……な感じでしたね。ギターソロは、この曲のタブ譜を持っていたので、グラントのフレーズの完コピで1コーラス分だけ弾きました。1コーラスと言っても60小節以上あります!もう1曲の”Moanin'”は、ピアニストのボビー・ティモンズ作でアート・ブレイキーのバージョンが有名な定番の曲ですね。この曲と”My Favorite Things”は、だいぶ前に流行ったジャズバンドのアニメの主題歌になっていたので若い子らにもちょっと有名になりましたね。2曲とも定番すぎてジャズに詳しくなっちゃうと逆にチョイスするのが恥ずかしくもなっちゃいますが、こんな機会でもなければ僕がこの曲を演奏することはなかったと思うので良い経験となりました。ギターソロはなるべくアドリヴで弾きましたが、いくつかのフレーズは事前に用意していました。

 

そして今年の選曲は……


– 2017年度  –
リーダー曲:Root Down
サポート曲:Chameleon

 

の2曲です!

 

遂に”Chameleon”でリベンジです!(笑)

 

“Root Down”は、ジミー・スミスの有名なJazz Funk曲でビースティー・ボーイズがサンプリングして更に有名になった曲です。

 

オリジナル録音のギターはアーサー・アダムズでベースにクルセイダーズのウィルトン・フェルダー、ドラムはポール・ハンフリーという西海岸系のJazz Funk/Fusion鉄壁の布陣です。

 

この曲は本来テーマ部分はジミー・スミスがオルガンで弾いているのですが、その部分をギターで弾きました。

 

いつかやってみたい!って思っていたJazz Funkの名曲をついに演奏することとなりました。

 

“Chameleon”に関しては、初めての発表会の後も定番曲なのでセッションに行ったりして何回か演奏していました。

 

前もってセッションで練習

前3回は、発表会当日のリハはなくって、事前の土曜日とかにスタジオ練習がありました。

 

初年度はパートナーなしで事前スタジオ練習は僕1人でバックのプロミュージシャンと合わせる形です。

 

その時は久しぶりの人前でのライヴだったんですがパートナーは当日まで誰だかわからなくってリハなしでいきなり参加してもらった形でした。

 

2015-2016年度はパートナーは決まっていて、事前のスタジオ練習もこなしていたので準備万端でした。

 

そして今回の2017年度は、パートナーの方は決まっていて、演奏する曲も決まっていたのですが、事前スタジオ練習なしで当日朝にリハという形になることがわかりました。

 

今回の2曲は、どちらもシンプルなコード進行のJazz Funk曲です。

 

だからテーマ以外の部分のギターソロやバッキングはなるべくアドリヴで弾きたいと思っていました。

 

もう4年目なのだから、今までとは違った形で演奏したいですよね。

 

“Chameleon”は、セッションでもよく演奏している曲ではあるのですが、事前のスタジオ練習がないってことになったので、せっかくなので直近の日に別のセッションにお邪魔して演奏させてもうらおう!と思い11月1日(水)にちょくちょく参加させてもらってるセッションに行きました。

 

マーキーズジャズセッション 2017年11月11日 マーキーズジャズセッション 2017年11月11日

 

この日のセッションでは、

 

◆Cissy Strut
◆Chameleon
◆Autumn Leaves

 

の3曲を演奏しました。

 

最近はジャズの曲をあまりやってないのでこの日の”Autumn Leaves”は酷かったです……。(苦笑)

 

自分は「ガチジャズ」をやるべき能力はないなって気づきました。(笑)

 

Jazz Funk系があってますね。

 

“Chameleon”は、ギターソロもバッキングもアドリヴで変化をつけて演奏出来て良い練習になりました。

 

ただ2コードのシンプルな曲調なんで、ギターソロを終わるタイミングを逃してしまってなかなか終われなくってホストのベーシストさんに強制終了してもらいました。(笑)

 

発表会の当日はこんなことがないように良い塩梅でギターソロの尺を決めないとな……とこの日セッションに行ったおかげで課題が出来ました。

 

ちなみにこの日はミニワウを持って行きました。

セッションでミニワウ

この日は初めてセッションでワウ使いました。

 

そもそもセッションでワウペダルを使いたいから、持ち運びに便利なこのミニワウを買ったのに、ずっと使っていなかったんですよね……。

セッションでミニワウ

買ってから半年経ってついにセッションでワウギターデビューです!

 

まぁこの日も演奏はイマイチな出来でしたが……ミニワウの評判は悪くなかったと感じましたので、今後も持って行こうって思います。

 

自分の個性の一部として今後もワウペダルは使っていこうと思います。

 

たまたまやりたい音楽性もファンキーなジャンルなんでワウを使うことは必須だと思いますのでちょうど良いんです♪

 

こうやってセッションに行ったことで事前に曲の練習も出来たのと、ワウペダルを良い感じで使えたので発表会に向けての良い準備となりました。

 

当日はワウペダルを持って行こう!ってこの日セッションに行ったおかげで決意しました。

 

 

発表会当日

 

さて、それから3日後にギター発表会です。

 

当日は朝にリハをするので9時20分入りです。

 

入り時間ピッタリにお店に着きました。

 

↓42周年なんですね。
SLOW LIFE SLOW MUSIC LIVE!梅田ROYAL HORSE Nov.04.2017

リハは2番目でした。

 

ギターはいつものES-335です。

 

梅田ROYAL HORSE Nov.04.2017 ES-335

エフェクターは、この日はワウペダル1個だけにしました。

 

上記のES-335の写真から2つのオーヴァードライヴ・ペダルを抜いた形です。

 

リハで早速ワウペダルを使ってみたんですが……

 

「あれ?音が鳴らない?」

 

ギターのクリーントーンは出力されますが、ワウペダルをオンにすると音が出ません……。

 

電池切れでした……。

 

結局リハでは、ワウペダルなしで2曲を合わせました。

 

リハ自体は、”Root Down”も練習していたし”Chameleon”もセッションでよく演奏するので特に問題なさそうです。

 

“Root Down”の不安要素だったエンディングもこの日のリハでいきなり合わせてみて、うまく行きました。

 

付点四分音符で半音ずつ上がっていくキメの部分も問題なしです。

 

ギターソロもアドリヴで弾けそうです。

 

“Chameleon”もギターソロを丁度良い尺で終われました。

 

本番はもう少しだけ長めに弾こうかな?ってぐらいで、2曲ともギターソロはアドリヴで弾くことにしました。

 

発表会4年目にして2曲ともギターソロをアドリヴに出来ました。

 

完全にセッション風で、ある意味気楽な感じで本番を迎えれたのが良かったです。

 

カチッ!と決め決めてやるのではなくって、ある程度自由に気軽な感じでアドリヴ演奏できる環境が自分にとっては最適です。

 

今回の発表会は、そういった環境が整っていたので、今までで一番やりやすかったです。

 

後は、自分の出番を待つだけ。

 

ちなみに出番は最後から2番目です。

 

今までで一番後ろの出番でした。

 

もともとMC以外はステージで緊張しないタイプなんで、特にドキドキはしないで「まだかな~」って感じで自分の出番を待ちます。

 

……とその前に、まだまだ発表会の本番が始まるまでに時間はたっぷりとあります。

 

せっかくこの日のためにワウペダルを持ってきたのに、単なる荷物で終わらせては持ってきた意味がない……。

 

それに”Root Down”は、ワウギターがとっても合う曲で、”Chameleon”もワウギターが合う曲です。

 

 

「そうだコンビニに電池を買いに行こう!」

 

リハを終えて席についてすぐに「そうだコンビニに電池を買いに行こう!」と思いました。

 

お店の近くにコンビニがあるのですぐに向かいました。

 

コンビニって9Vの電池置いてたっけ?……と思いながら探してみたら……

 

すぐ見つかりました!

 

そりゃコンビニなんだから置いてますよね。(笑)

 

でもすごく助かりました。

 

↓コンビニで買った9V電池です。
SLOW LIFE SLOW MUSIC LIVE!梅田ROYAL HORSE Nov.04.2017 ワウペダルの電池の取り換え
↓エレハモ電池使っていたのですが電池が切れてしまいました……。
SLOW LIFE SLOW MUSIC LIVE!梅田ROYAL HORSE Nov.04.2017 ワウペダルの電池の取り換え
↓このワウの良いところは裏面のネジを外すイプでないので簡単に電池を交換できます。
SLOW LIFE SLOW MUSIC LIVE!梅田ROYAL HORSE Nov.04.2017 ワウペダルの電池の取り換え

 

こうしてワウペダルの電池を交換して復活することができました。

 

……じゃないとこの日持ってきた意味がないですからね。(笑)

 

 

そして本番

 

さて、本番が始まってセッティングしていたら「あれ?またワウの音が出ない?電池替えたのにまさかワウ自体の故障?」と思ったら、マヌケにもギター側の出力とアンプ側の入力に逆にシールドをさしていました……。(笑)

 

これはさすがにマヌケ過ぎました。(笑)

 

演奏始まる前でよかったです。

 

それからセッティングし直して、ワウペダルをオンにするとしっかりと音が出ました!

 

「電池買いに行ってよかった~。」……とホッとしました。(笑)

 

リハでは一切ワウ使ってなかったのですが、ぶっつけ本番でいきなりワウを使いました。

 

でも、普段から「ひとスタ」する際は、毎回のようにワウペダルを持って行って練習しているので特に使い方に不安はないです。

 

 

 

ひとスタでセッション定番曲の練習!

 

 

 

いい感じに本番もワウギターが弾けたと思います。

 

本番で最初に演奏した”Root Down”は、テーマ部分はミスったけれども、ギターソロのアドリヴもワウを使ったバッキングも悪くはなかった感じです。

 

エンディングもしっかりと終われました。

 

付点四分音符で半音ずつ上がっていくキメの部分もズレはほとんどなかったと思います。

 

一回だけアドリヴで、ソロ終わりのテーマ部分でこの付点四分音符の部分をコード弾きではなくダブルストップを崩したアルペジオ風の感じで弾いてみました。

 

アーサー・アダムズがオリジナル演奏でやっていたのをオマージュしてみました。(笑)

 

上手くいったと思います。

 

次に演奏した”Chameleon”でもワウを使いました。

 

ギターソロはアドリヴで弾いて、バッキングもその都度少しニュアンスを変えたり、ベース部分のフレーズを弾いたりしました。

 

課題だったアドリヴソロも、ちゃんと自分で合図を出してちょうど良い尺で終われました。

 

初年度のリベンジが遂に4年目にして出来たと思います!(笑)

 

当日いきなり合わせたセッション感覚での発表会でしたが、本番では2曲とも上手くこなせました。

 

この記事のお勧め商品
Artist
Jimmy Smith
Album
Root Down
この記事のお勧め商品はJazz Funkの名盤Jimmy Smithの『Root Down』

終わりに……

 

今回の発表会では、自分の好きなJazz Funk系の2曲だったってのもありますが、今までで一番良い感じで演奏出来ました。

 

初年度は仕方ないとしても、2年目はグルーヴ感がイマイチでしたし、3年目はジャズの曲がイマイチでした……。

 

どうやら自分にはJazz Funk系の曲が一番合っているんだなって感じます。

 

普段からよく聞いている思い入れの強いジャンルなんで得意になるのもわからないでもないです。

 

また今回の発表会では、今までとは違ってセッション感覚で気軽にゆる~く楽しく演奏出来たのが最高でした。

 

決まり事ばかりの演奏は僕には向いてないです。

 

今後も出来たらこんな感じでやっていきたいなって思いました。

 

来年からは更にJazz Funk系の曲の持ちネタを増やしていって、自分でもJazz Funkバンドをやりたいなって思います。

 

今回やった”Root Down”に”Chameleon”も今後やっていきたいですし、以前セッションでやった”Windjammer”や2年目の発表会で演奏した”Treasure”に、今年のレコーディングで取り上げた”One Note Brown”なんかもまた演奏していきたいと思います。

 

 

 

2017年度 – ギターレッスンのCD制作

 

 

 

ちなみに次はファビュラス・カウンツがオリジナルでグラント・グリーンがカヴァーして有名になったJazz Funkの定番曲”Jan Jan”をニューマスターのバージョンでカヴァーしています。

 

 

 

ニューマスター・サウンズのJan Jan♪

 

 

 

12月からセッションで演奏する予定です。

 

こういった感じの曲をセッションやバンドで今後はワウペダルも使ってやっていけたら最高です♪

 

またJazz Funk系のイベントも企画する予定です。

 

今後も音楽は「聴くだけ」ではなくって「実際に自分も演奏する」ことで更にレビュー記事のクォリティーなんかも上げていければな……と思っています。

 

それに実際に自分で好きな曲を演奏出来るのは楽しいですからね♪

 

またこういった発表会やセッションでも色んなJazz Funk系の曲をアドリヴ演奏を交えてやって行きます!

 

 

<スポンサーリンク>


 

オマケ

 

SLOW LIFE SLOW MUSIC LIVE!梅田ROYAL HORSE Nov.04.2017 ビーフジャーキー

 

お店のワンフードで頼んだビーフジャーキーです。

 

しっとり系でしたがなかなか美味しいです。

 

ワンドリンクはコロナビールを頼みました。

 

 

 

SLOW LIFE SLOW MUSIC LIVE!梅田ROYAL HORSE Nov.04.2017 『ティファニーで朝食を』

お店のトイレの手洗い場に飾っていた映画『ティファニーで朝食を』の置物です。

 

今の時代にも色褪せないようなオシャレなデザインが好きです♪

オリジナルLINEスタンプ『まめチキ君』『もじもじうさぎ もじたん』『陽気なサボテン・ムーチョ』販売中です。ぜひ買ってください。ガンガン使ってね。詳しくはこちらからご覧ください→
Liveの一覧に戻る

Related Articles

<スポンサーリンク>