カテゴリー:live

2018/05/14

高槻ジャズストリート2018に2バンドで2Days出演しました!

今年の高槻ジャズストリート2018には新バンドのロングホーントレインズとギターデュオのストリング・ワインダーズの2バンドで2日連続で出演しました!

高槻ジャズストリート2018に出演!

さて、もう1週間以上前の話なのですが……今年も高槻ジャズストに出演しました。

 

出演後はヘトヘトに疲れていたのと、なんだかんだでやることがあって時間がなくって、このブログの更新がずっと止まっていましたね……。

 

今月はGWの時期なので更新が遅くなりました。

 

やっとこうして高槻ジャズストに出演した際のことを書く時間が出来ました。

 

それでは、出演した感想やセットリストなんかも書いていきたいと思います。

 

<スポンサーリンク>


 

ロングホーントレインズ – 2018年5月3日(祝木)

まずは高槻ジャズストの1日目の出演は、昨年末に結成したばかりの新バンド『ロングホーントレインズ』でした。

 

そもそもこのバンドは、今年の高槻ジャズストに出演するために結成したようなもんです。

 

 

 

 

新バンド『ロングホーントレインズ』始動!!

 

 

 

 

運も良かったんですが当初の目的通り、高槻ジャズストの出演者募集の第一サークルで高槻のBirth Actというお店に出演が決定しました!

 

そしてすぐにメンバー全員で何の曲をやりたいか?それぞれ提案してもらってセットリストを作成しました。

 

その後、高槻ジャズストの前に一度だけでもこの新バンドでステージに立っておきたいと考え、4月にオープンジャム・イベントの方に出演させて頂きました。

 

 

 

 

宝塚Rainbow Studioにてデビューライヴ!

 

 

 

 

このイベント出演がうまくいったので、自信も付き本番当日までに1度だけスタジオ練習もしました。

 

僕も含めてバンドメンバーは、過去にバンド経験があったりセッションなんかで共演もしているので多少の慣れはあります。

 

なので、そこまで心配なことはありませんでした。

 

心配事があるとすれば……当日に忘れ物しないかどうか?ぐらいでした。(笑)

 

さすがにギターを持って行くのを忘れることはありませんが、今回は会場にギターアンプが一台しかないため、自分のギターアンプを持って行かなければいけません!

 

しかもギターエフェクターも3つは使う予定です!

 

一応、このどれもが欠けてはいけないようなセッティングを想定しています。

 

当日にどれかひとつでも忘れてしまうと、それだけで調子が崩れそうです……。

 

ライヴのステージングでのサウンド作りって重要ですもんね!

 

自分の出したい音じゃないと調子が狂います……。

 

こういったショボイ悩み事を抱えつつ(笑)、本番前日にまるで遠足を楽しみにする小学生の様に忘れ物がないか?何度も確認しながら荷物を準備しました!

 

その甲斐があって、当日は忘れ物をしませんでした!(笑)

 

 

そして……当日

 

忘れ物こそしなかったんですが、電車を1本目の前で逃してしまいました……。(笑)

 

この日の荷物はギターだけでなく、小型アンプやエフェクターの入ったリュックが重たかったので走ることが出来ません……。

 

電車に乗り遅れたので、メンバーに「少し遅れます」とメールをして改めて次の電車に乗ります。

 

しかし次の電車に乗って駅に着いてみれば……普通に間に合ってました!(笑)

 

結局、予定していた集合時間ぐらいに会場に着き、お店の方に挨拶をしました。

 

お店の入り口付近には今年の高槻ジャズストのパンフレットがたくさん置かれていました。

 

すでに高槻ジャズストは朝から始まっているのです!

 

高槻Birth Actのお店に置かれていた高槻ジャズストリート2018のパンフレット

毎年、このパンフレットを手に取ると「今年もジャズストが始まったんだなぁ~。」と感じます。

 

無事に時間通りにお店には集合できたものの、自分たちの出番の1バンド前に集合しているので終わるまで待たなければいけません……。

 

お店の外で1時間以上待ちました。

 

待っている間も、前のバンドが終わったらすぐに機材のセッティングをしなければいけないので、そういったことをずっと頭の中で考えていました。

 

その甲斐もあってか?、前のバンドが終わってすぐに自分たちの準備をするのですが、アンプのセッティング場所などは大体あの辺にしよう!とイメージが出来上がっていました。

 

会場に入ってすぐに準備に取り掛かります。

 

この日のギターはいつもの黒のES-335です。

 

そしてエフェクターは、いろいろ悩んだ挙句、ロングホーントレインズの2回目の練習時に決めていたオシャレに白で統一した下記の3つにしました。

 

 

 

 

2回目の練習

 

 

 

 

オーヴァードライヴ : Electro-HarmonixのCrayon(ミッドブースターで使用) ワウペダル  : XoticのXW-1 ブースター : XoticのRC Booster

 

オーヴァードライヴ : Electro-HarmonixのCrayon(ミッドブースターで使用)
ワウペダル  : XoticのXW-1
ブースター : XoticのRC Booster

 

この3つは僕のお気に入りのエフェクターです!

 

どれも見た目のデザインも音も好きです。

 

 

 

 

そしてこの日は、自宅で使っている練習用のギターアンプを用意しました。

 

Fender Japan Micro King ギターアンプ

Fender社の『Micro King』という小型で安価なギターアンプです。

 

お店にはギターアンプが一台しかないことが出演する前から分かっていました。

 

ロングホーントレインズには、ギタリストが僕を含めて2名います。

 

当初は、どちらかがギターアンプをスタジオでレンタルして持って行かなければいけないかな?と考えていました。

 

過去にギターアンプをレンタルして高槻ジャズストに出演した経験はあります。

 

ギターデュオのストリング・ワインダーズで高槻ジャズストに出演していた会場は2年連続で同じ屋外会場でした。

 

その会場でやる場合は、ギターアンプは演奏者の持ち込みになります。

 

2年とも行きつけのスタジオでギターアンプを2台レンタルして使っていました。

 

だから今回も例年通りにギターアンプをスタジオからレンタルする予定でしたが、ロングホーントレインズの3回目の練習前辺りにふと思いつきました!

 

「どうせブースターを2台使うんだし、自宅の練習用のギターアンプでも大きな音が出せるんじゃないだろうか?」……と。

 

そしてその考え通りに3回目のスタジオ練習の際にこのアンプを持っていきました。

 

その日の練習を終えて、メンバーにもこのアンプの感想を聞いたところ「そのアンプで十分行けるんじゃない?」と好評価でした。

 

またこの日の練習を録音していたのですが、後で聞いてみると普通にライヴで使えそうな感じに音が通っていました。

 

こうやって今回の「ギターアンプが会場に1台しかない問題」は解決しました!(笑)

 

ちなみにこのアンプは、5年前の2013年に買っていました。

 

当時は、2009年以来4年間ほどギターを辞めていてずっと弾いていなかったんですが、この時期からまたギターを再開し始めた頃でした。

 

ギターを辞めている間も、ES-335やディアンジェリコのNYS-2は売却したりはしていませんでしたが、エフェクターやアンプはほとんど売ってしまっていました……。

 

そしてギターを再開するに辺り、このアンプを自宅練習用に購入したんです。

 

まさか高槻ジャズストの本番で役に立つこととなるとは……。

 

 

 

 

もちろんライヴ本番中も何の問題もなく使えていました!

 

ひとつ面白い話があって、この日のライヴを観に来てくれた知り合いのギタリストが、その後共通の知り合いのバンドを観に行って再会した際にこう言ってくれました。

 

「あのフェンダーのアンプ凄く良い音してましたね!」……と。

 

すかさず「いくらしたと思う?」と聞き返したら……

 

「○○円ぐらいですか?」と言ってくれました。

 

そして僕が「その10分の一の値段だぞ!」って言ったら驚いていました。(笑)

 

コスパ最高です!(笑)

 

安くで買ったこのアンプが、まさか5年の月日を超えて高槻ジャズストの本番で役に立つようになるとは……!(笑)

 

高槻ジャズストじたいは、10以上前からお客さんとして、毎年のように足を運んで観に行ってはいましたが……

 

2013年のギターを辞めていたその時期に、まさかこうやって自分も出演するようになるとは思いもよらなかったです!

 

人生、何が起こるのか?は、全く予想が出来ませんね……。

 

ちなみにこの日のライヴのセットリストは下記の通りです。

ロングホーントレインズの高槻ジャズスト2018のセットリスト表

基本的に⑤と⑥以外の曲は僕がテーマやリードを弾いています。

 

②は、ベースがテーマを弾く珍しいバージョンにしています。

 

そのバックで僕がワウカッティングをする形です。

 

➂の”Pick Up The Pieces”のソロを弾いてる最中にピックを落としてしまいました……。

 

“Pick Up~”の最中にピック・ダウンしてしまいました……。(笑)

 

演奏中に横にいたベーシストも気づいていたらしいです。

 

後から聞いたとこによると、ピックを落としたのでギターソロが止まったら、僕がピックを拾うまで代わりにベースでアドリヴでソロを弾いてくれる予定だったようです。

 

しかし心配ご無用!

 

よくピック落とすので、譜面台に替えのピックをいつも置くようにしています。

 

そのため落ちたピックは演奏終わるまでほっといて、譜面台から前もって用意していた替えのピックをすぐに持ってギターソロを続けました。

 

演奏後にみんなにその話をしてみたんですが、後ろにいたドラマーは僕がピックを落としたことにすら気づいてなかったようです。

 

うまいことギターソロを中断せずに継続することが出来ました。

 

このように今回のライヴではギターソロは、全ての曲でアドリヴで弾きました。

 

特に最後の”Jan Jan”は、気合いが入っていたのか?後で録画してくれていた人に貰った動画を確認してみると……3分間もアドリヴでギター弾きまくっていました!

 

いやぁ~~スッキリしましたよ!(笑)

 

また観に来てくださった知り合いやお客さんからもこの日の演奏は好評頂けました。

 

特にファンク系の曲が評判も良かったようです。

 

②、④、⑦で、演奏するリズムに合わせてお客さんの手拍子が鳴っていたのを、本番中にも気づきました!

 

そしてメンバー同士でも、前回のオープンジャムや今までのスタジオ練習を合わせても、この高槻ジャズストの本番が一番良かった!と感じました。

 

普段はダラダラしてるように見られるんですが……一応、僕は本番に強いタイプなんです。(笑)

 

ただもったいなかったのが、録音が出来ていなかったことです……。

 

小型のレコーダーを準備していたのですが、確かに本番前にスイッチを入れました。

 

しかし終わってから聴いてみると……準備中の1分間しか録音が出来ていなかったです……。

 

観に来てくれていたお客さんたちの「ガヤガヤ」といった声しか入っていませんでした。

 

多分、誰かがレコーダーに手を触れてしまって録音が停止したのかな?と思います。

 

レコーダーを置く場所をもっと別の所にすべきでしたね……まぁこればかりは仕方がないです。

 

たまたまライヴを観に来てくださった共通のお知り合いの方が、スマホで動画を少しずつ撮って下さっていました。

 

それを後日、LINEで送って頂いてお客さん側からの全体のサウンドの聞こえ具合の確認をしました。

 

あのギターアンプでもちゃんとお客さん側に音が届いているようで安心しました。

 

しかし”The Chicken”の演奏中に疲れちゃってギターソロで思いっきりリズムを外してしまったとこまで写ってました!(笑)

 

“Jan Jan”は、さすがにギターソロを長く弾き過ぎていたためか、途中で録画をストップされていました。(笑)

 

しかしロングホーントレインズにとっての初めての高槻ジャズストは、大成功だったと言えるでしょう!

 

観に来てくださった方々の印象にもきっと残っただろうし、うまくいったと感じます。

 

またリズム隊とすごくグルーヴが合うな~って感じました。

 

もう一人のギタリストがソロを弾く際に、僕がリズムギターに変わるのですが、その時にベースとドラムとのグルーヴがポケットにハマるんですよね!!!!

 

楽器を演奏していて、こんなに気持ちの良いことはないです!

 

アドリヴソロだけが、ギターの醍醐味ではありません!

 

そういう人は、カラオケでも用意して1人で延々とギターソロだけ弾いていた方がいいんじゃないでしょうか?

 

僕が感じる楽器演奏の醍醐味は、やはり各楽器隊とのアンサンブルが一番大事だと思います!

 

機械では絶対に表現できない、生身の人間同士のリズムの揺れ=グルーヴが合うことが最も楽しい瞬間です!

 

どんなジャンルの音楽でも、グルーヴがなければ演奏する方も聴く方も面白くはありませんよね……。

 

しかしバンド全体でグルーヴがポケットにハマると……個々の演奏力以上のものが発揮できます!

 

ギター、ベース、ドラムというたった3種類の楽器だけでも、グルーヴがハマると聴いてくれているお客さんの手拍子が自然と始まるものです!

 

この瞬間が、「楽器を演奏するとようになって良かったなぁ~」と一番感じる時ですね。

 

他のことでは絶対に経験できないバンドならではの体験です。

 

そういったものが今回の高槻ジャズストの本番で出来たので、このバンドは今後もやっていけそうだな!って感じます。

 

特にファンク曲4曲の評判も良くって、手応えも感じたので今後はファンク中心でやっていきたいと思います。

 

この4曲でグルーヴが確実にハマっていたのを感じれましたからね♪

 

というわけで、次回6月9日のライヴでは、ファンク中心のセットリストで行きますのでご期待ください!

 

 

 

 

 

次回ライヴは6月9日(土)です!

 

 

 

 

 

 

ストリング・ワインダーズ – 2018年5月4日(祝金)

さて、お次は3年連続3回目の出演となりますギターデュオのストリング・ワインダーズ(以下:ストワイ)での出演です。

 

今回は過去2年間の屋外での出演ではなくって、『こなもんBar IMPACT』というお店での出演となりました。

 

高槻ジャズスト2018『こなもんBar IMPACT』

こちらのお店もギターアンプは、1台しか置いてなかったです。

 

そのためこの日も『Micro King』を持って行きました。

 

 

 

 

そしてこの日のギターは、ES-335ではなくって、フルアコ仕様のディアンジェリコのNYS-2を持ってきました。

 

使用エフェクターも前日とは変更しています。

オーヴァードライヴ : XoticのAC Booster
ブースター : XoticのRC Booster

 

RC Boosterは同じで、もう一個はCrayonからAC Boosterに変更しています。

 

 

 

 

変更した理由は……特にないです。(笑)

 

気分です。(笑)

 

この日はデュオでブルースやジャズ系の曲をやるので、ワウペダルは持ってきていません。

 

またこの日もチップ用の募金箱を持って来ました。

 

高槻ジャズスト2018ストワイの募金箱

 

ロングホーントレインズで出演してからすぐ次の日だったので時間がなくって、ちょっと手抜きです……。(笑)

 

上からステッカー貼っただけです。(笑)

 

 

 

 

ロングホーントレインズの募金箱

 

 

 

 

 

演奏風景はこんな感じでした。

 

高槻ジャズスト2018ストワイの演奏風景

こうやって見てみるとNYS-2てすごく小型ですよね。

 

当日のセットリストは、下記の通りです。

高槻ジャズスト2018ストワイのセットリスト表

⑧は、時間的余裕と体力的余裕がなかったので結局演奏はしませんでした。

 

このデュオでは過去にも2回ジャズストに出演していますし、これまでに20回近くはライヴをやっていたような気がします!?

 

なので、いつもの感じで余裕を持って演奏しました。

 

 


 

 

更新が遅くなりましたが、以上が今年の高槻ジャズスト2Daysでした。

 

初日のロングホーントレインズは、バンドでの出演だったので気合も入っていたためか終わった後はクタクタに疲れてしまいました……。

 

ライヴ後に喫茶店で3時間もダラダラ休憩していたぐらいです。(笑)

 

しかし今年もこうやって高槻ジャズストを2日連続で出演が出来て、しかもその後はお客さんとして他のバンドもたくさん観れたので大満足です。

 

また来年もこのバンドで出演できるように頑張りたいと思います!

 

 

オマケ

いつも僕の作ったステッカーをエフェクターケースに貼ってくれているロングホーントレインズのベーシストのケースが凄いことになっていました!(笑)

ロングホーントレインズのベーシストのエフェクターケースが運命の四王子などのステッカーまみれ!

ありがたいことに、たくさん貼ってくれていますね!(笑)

 

 

 

 

ステッカー制作

 

 

 

 

 

他にもリクエストを貰ったので、新しいステッカーを作っていきたいと思います。

 

いずれステッカーの貼っていない隙間の部分が全てなくなるんじゃないだろうか?(笑)

 

 


 

 

ちなみにロングホーントレインズの次回のライヴ予定は下記の通りです。

【場所】サードストーン福島店 【日時】6月9日(土)  open - 18:00 / start - 18:30  on stage - 20:30 【料金】¥1,500(ドリンク別) 当日は3バンド出演予定です。 ロングホーントレインズは、20時30分から出演します。 多分フライヤーの内容もあってるはず!?なんで ぜひ観に来てください!

【場所】サードストーン福島店

【日時】6月9日(土)
open – 18:00 / start – 18:30
on stage – 20:30
【料金】¥1,500(ドリンク別)

 

 

 

 

 

<スポンサーリンク>


オリジナルLINEスタンプ『まめチキ君』『もじもじうさぎ もじたん』『陽気なサボテン・ムーチョ』販売中です。ぜひ買ってください。ガンガン使ってね。詳しくはこちらからご覧ください→
Liveの一覧に戻る

Related Articles

<スポンサーリンク>