カテゴリー:live

2017/08/09

ビルボ大阪の10月が最高!

気になる来日公演ばかり!

 

昨日、自宅にビルボ大阪から定期的に届けられる『ライヴ情報誌』が届きました。

 

そこに載っていたのですが……

 

どうやら10月にソウライヴクリスチャン・スコットの来日公演があるみたいですね!

 

ソウライヴが来ることは以前届いたハガキで知っていました。

 

 

 

久しぶりにソウライヴが来る!

 

……が、しかし!

 

 

最近のミュージシャンで特に好きなクリスチャン・スコットが来ることまでは、この『ライヴ情報誌』読むまで知りませんでした!

 

 

 

最近一番好きなトランぺッター

 

ビルボ大阪の10月が最高!

クリスチャン・スコットの来日公演っていつもブルーノートの東京と名古屋で終わって大阪は来ない……みたいなの多かったので、実は一回も生で観たことなかったんです……。

 

めっちゃ好きなのに一回も観たことなかった……っていう……。

 

でもこうやって一気にソウライヴクリスチャン・スコットを観れるっていうのは最高ですね!

 

10月が今から待ち遠しいです!

 

<スポンサーリンク>


 

ライヴ情報誌の購読を止めたかった?

 

実を言うと、この『ライヴ情報誌』が毎月のように自宅に届くのを、ある時すごくめんどくさくなって、ビルボに問い合わせして配信を中止してもらおうと思ったことが何回かありました。

 

ちょうどその時は、あまりライヴを観に行ったりしてなかった時期でもありました。

 

それにビルボのホムペのライヴスケジュールをチェックしたらいいや!ぐらいに思っていたのですが、だいぶ以前にそのホムペを観てなくって、観たかったライヴを見逃したことがありました……。

 

そんな時にこの『ライヴ情報誌』が自宅に届いて、何気に暇つぶしに読んでいたら、今後のライヴスケジュールに観たいアーティストが載っていて……そして観に行った……なんてことが何度か続き、この『ライヴ情報誌』の必要性に気づきました。

 

自分がWebの仕事しているから、本来はホムペの重要性を説きたい気持ちはあるのですが……やはり自宅に『物』として届いた『ライヴ情報誌』を実際に手に取って読んでみると、気づくことなどもありますね。

 

そういった訳で、今回のクリスチャン・スコットが来ることもこの『ライヴ情報誌』で前もって知れたのは良かったです。

 

過去に共演!

 

さて、ソウライヴクリスチャン・スコットは、過去に日本で共演しています。

 

もはやジャズファンク史に燦然と輝く名盤!と言っても過言ではないソウライヴの2枚組ライヴ盤の『ライヴ・アット・ブルーノート東京』で、です!

 

ビルボ大阪の10月が最高!

 

CDのジャケで確認

この名盤のCDジャケ内を見てみると……

ビルボ大阪の10月が最高!

ソウライヴのメンバーの写真の下の方に書いてあるTHE SHADY HORNSの欄を見て下さい。

ビルボ大阪の10月が最高!

拡大してみますと……

ビルボ大阪の10月が最高!

ゲストミュージシャンのトランぺッターの名前がクリスチャン・スコットなのがわかります。

 

更に写真も載っています。

ビルボ大阪の10月が最高!

一番左がクリスチャン・スコットです。

 

まだ20代半ばぐらいの頃なので、今よりもスリムでちょっと子供っぽいですね。(笑)

 

今の方が太っちゃったけれども、貫禄があってかっこいいです!

 

この名盤の1枚目はソウライヴのメンバーだけの純粋で熱いトリオ演奏が収録されていますが、2枚目はゴージャスなホーン隊のTHE SHADY HORNSの3人が加わった6人編成のライヴ音源が収められています。

 

これがめちゃくちゃかっこいいんですよね!

 

サックス奏者のサム・キニンジャーは、過去にちょっとの間だけソウライヴの正式メンバーにもなっていたファンキーなサックス奏者ですが、ニューオーリンズ出身なのにどこか陰のあるフレージングをする根暗な(失礼!笑)天才クリスチャン・スコットがファンキーなソウライヴに果たして合うのかな?……って思ってましたが、やはりそこはニューオーリンズ出身の独特のファンキーなリズム感があるのか、そこまで違和感は感じられません。

 

ただまだ若かったせいもあるのか?この中で一番年下でキャリアも短かったためか?どことなく慎重にフレーズを選んで吹いているようで他のベテラン・ファンキーサックス奏者と比べると勢いがあまり感じられないのが残念ですね……。

 

個人的にベストトラックは、やはり名曲“El Ron”でのホーン隊の絡み合いです。

エリック・クラズノーのギターソロの後……一度テーマに戻ってから……トランペットと2人のサックスのソロが順番に続いて……

 

ホーン隊のソロバトルが最高潮に達して……最終的にバックのギターにオルガンにドラム……ソウライヴのメンバーが演奏を止めて……ホーン隊の絡み合いとお客さん及びソウライヴのメンバーの手拍子だけになる瞬間……何度聞いてもゾクゾクします!

 

個人的にはギターやオルガンが好きなんですが、でも、やはりホーン隊の華やかさには勝てませんね……。

 

これは文句なしにかっこいいです!

 

<スポンサーリンク>


 

終わりに……

ソウライヴは、海外でのライヴ活動は毎年続けていますが、オリジナルアルバムは確か2012年の『SPARK!』以来リリースしていなかったはずですよね……。

ビルボ大阪の10月が最高!

その逆でクリスチャン・スコットの方はというと、現在3部作の新作が、今年の頭から発売されていて、つい先月に2作目をリリースしたばかりです。

 

 

 

『Ruler Rebel』

 

もしかしたら10月の来日の際には3部作全てがリリースを終えているかもしれませんね!

 

10月が楽しみです!

 

サイン貰いたいです!

 

というわけで、10月の末はビルボ大阪連続観に行くことになりそうです!

 

 

オリジナルLINEスタンプ『まめチキ君』『もじもじうさぎ もじたん』『陽気なサボテン・ムーチョ』販売中です。ぜひ買ってください。ガンガン使ってね。詳しくはこちらからご覧ください→
Liveの一覧に戻る

Related Articles

<スポンサーリンク>