カテゴリー:Diary

2017/11/17

『サルバトール・ムンディ』レオナルド・ダ・ビンチ「幻」の絵画が史上最高値‼

レオナルド・ダ・ビンチ「幻」の絵画が史上最高額で落札!

2017年11月15日午後(日本時間16日午前)

レオナルド・ダ・ビンチ「幻」の絵画『サルバトール・ムンディ(救世主)』が、米ニューヨークで競売に掛けられ、手数料と合わせて約4億5千万ドル(日本円にして約510億円!!!!)という破格の値段で落札されました。

 

この『サルバトール・ムンディ(救世主)』は、17世紀に英国王チャールズ1世が所有していたが、その後長い間行方不明になっていたものです。

 

ダ・ビンチのそのため「幻の作品」とされていたようです。

 

その「幻の作品」が芸術作品としては史上最高額で落札されました!

 

すごいことです。

 

<スポンサーリンク>


 

記憶に残る芸術作品の史上最高額

個人的には2006年にクリムトの『アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像』が、当時としては史上最高値の約156億円で落札された時が一番印象深いです。

 

当時はまだ20代半ばの頃で、リアルタイムでそのニュースを知ってすごく印象に残っていました。

 

その後、色々と記録が更新されて2015年のピカソの『アルジェの女たち』の約215億円が最高値だったのが、今回のダビンチの幻の絵画で大幅に金額が更新されました。その金額は倍以上の約510億円です!

 

ダ・ビンチの絵!?

 

ちなみにこのダ・ビンチの幻の絵画『サルバトール・ムンディ(救世主)』は復活後に再臨したキリストだとされているようです。

 

右手の2本指で天を指しているのは「祝福」を表しています。

 

左手には水晶玉を持っています。

 

この絵、ラピスラズリの青色にも見えて、どことなくフェルメールの絵のようにも思えます!?

 

正面のバストアップの構図はなんとなくデューラーの自画像も彷彿させます。

 

でも、顔の表情の描き方がダ・ビンチですね。

 

『モナ・リザ』『洗礼者聖ヨハネ』の絵みたいに不敵な微笑が表情に浮かんでいます。

 

どこか冷たい醒めたその表情がダ・ビンチ的だと感じます。

 

今後、この作品を超える高値で取引される作品は出てくるのでしょうか?

 

またその作品は誰のどの作品になるのか?……興味深いところですね。

 

 

<スポンサーリンク>



オリジナルLINEスタンプ『まめチキ君』『もじもじうさぎ もじたん』『陽気なサボテン・ムーチョ』販売中です。ぜひ買ってください。ガンガン使ってね。詳しくはこちらからご覧ください→
Diaryの一覧に戻る

Related Articles