カテゴリー:Diary

2018/12/07

ボン・ジョヴィにチープ・トリックに…むかし買ったロック系のCDにオマケで付いていたステッカー

ボン・ジョヴィにチープ・トリックに…むかし買ったロック系のCDにオマケで付いていたステッカーをご紹介したブログ記事のタイトル画像です。

CDのオマケで付属していたバンドステッカー

片付けしていたら、むかし買ったロック系のCDにオマケで付いていたステッカーを発見!

つい先日なのですが、家を片付けしていたらこんなの見つけました!

 

CDのオマケで付属していたバンドステッカーです。

 

もう10以上前に買ったものばかりなのですが、全部使わずに綺麗に残っていました!

 

種類も様々です。

 

ボン・ジョヴィにチープ・トリックにハロウィンやフェア・ウォーニング、スコーピオンズにエイジアン・ダブ・ファウンデーションまでも……。

 

せっかくなので今回はこのブログでむかし買ったロック系のCDにオマケで付いていたステッカーのご紹介をしたいと思います。

 

 

Ryo@Dixiefunk Lab.の白アイコン
Ryo
※今回ご紹介するステッカーは当時の初回限定盤のオマケ等ですので
現在は入手することが出来ませんのであしからず……。

 

 

<スポンサーリンク>



 

バンドステッカー:HR/HM編!

 

ボン・ジョヴィにチープ・トリックに…むかし買ったロック系のCDにオマケで付いていたステッカーをご紹介したブログ記事の写真1枚目

まずはドイツ系から、ジャーマンメタルバンドのハロウィンにフェア・ウォーニングです。

 

ハロウィンは確か1999年の8枚目のアルバム『Better Than Raw』に封入されていたはずです。

 

 

この作品は、ボーカルのアンディ・デリスが加入してから3作目となったアルバムです。

 

全体的にヘヴィ・ロックが流行った時代背景もあって、ダウンチューニング系の重々しいギターが印象的なアルバムでした。

 

これまで以上にキャッチーになった楽曲が多く収録されて聴きやすいアルバムでした。

 

シングルになった8曲目の”I Can”や、デス声のコーラスがイカつい2曲目の”Push”なんかがかっこよかったです!

 

 

そしてフェア・ウォーニングの方は、2000年リリースの4作目『4』のオマケで封入されていたステッカーでした。

 

 

僕は1997年の3作目『Go!』から聴き始めたのですが、ポップな曲調の多かった『Go!』と比べると、ハードな曲調に戻った『4』はすごく好きなアルバムでした。

 

その後まさか来日公演後に、ボーカルのトミー・ハートが脱退して解散することになるとは……あの時は『4』が素晴らしい作品だっただけにとても残念でした。

 

そしてハロウィンとフェア・ウォーニング以外は、イングランド出身のハードロック・バンドのサンダーと、ボン・ジョヴィ&チープトリックです。

 

サンダーのステッカーは、確か1999年リリースの6作目『Giving the Game Away』に封入されていたはずです。

 

 

シングルカットされた”Just Another Suicide”のようにアルバム全体的に少し暗いアルバムでした。

 

ボン・ジョヴィは、2001年に日本独自に発売したベスト・アルバムの『Tokyo Road: Best of Bon Jovi』の初回限定盤に封入されていました。

 

 

この作品はボン・ジョヴィ側が日本のみに発売を許可した作品だったのですが、バラード曲を一切廃したロック曲のみで選曲されていました。

 

その選曲もライヴでよく演奏する曲がチョイスされていて、なかなか悪くない作品となっています。

 

ジャケットのデザインのセンスはちょっとどうかと思いますが……(笑)収録曲の内容はそこそこ良い感じです♪

 

チープ・トリックのステッカーは、2001年のライヴ・アルバム『Silver』のオマケでした。

 

 

このライヴ盤は、チープ・トリックの25周年を記念したライヴを収録しています。

 

ゲストにガンズのスラッシュや、スマパンのビリーとダーシーが参加しています。

 

選曲の方も完璧で、ベスト・オブ・チープ・トリック!な内容です♪

 

ただ少し録音のバランスが悪いような気がします!?

 

ギターの音だけやけにデカいような……!?

 

まだまだ続きます【バンドステッカー:HR/HM編!】

 

ボン・ジョヴィにチープ・トリックに…むかし買ったロック系のCDにオマケで付いていたステッカーをご紹介したブログ記事の写真2枚目

こちらもジャーマンメタルを代表するスコーピオンズです!

 

その隣にエイジアン・ダブ・ファウンデーションのステッカーも写ってますね。(笑)

 

スコーピオンズの方は、1999年のベストアルバム『蠍の血統~ベスト – Best』に封入されていました。

 

 

最近の2枚組が当たり前!な大容量のベスト盤と違って、この当時はなんとかCD1枚に人気曲を収め切ろうと、選曲に苦労した感じが伺えました。

 

しかし僕としては、2枚組のベスト盤は、正直持て余します……。

 

1枚でサクッと代表曲を聴けるベスト盤の方が、ちょうどいい感じですね♪

 

エイジアン・ダブ・ファウンデーションの方は、2000年の4作目『Community Music』に封入されていました。

 

 

当時、モトリークルーのドラムのトミー・リーがおすすめしていたので聴いてみたバンドでした。

 

シングルにもなった1曲目の” Real Great Britain”を初めて聴いた当時は、何か「新しい時代が到来した!」気がしました。

 

 

あれからもうすぐで20年経ちますが、今聴いても悪くない曲ですね♪

 

今となっては多少の古さは感じますが……。

 

【バンドステッカー:HR/HM編!】最後は、インペリテリです!

ボン・ジョヴィにチープ・トリックに…むかし買ったロック系のCDにオマケで付いていたステッカーをご紹介したブログ記事の写真3枚目

これまでの僕のブログをご覧になってくれている方だったら、もしかしたら僕が一番聴かなさそうなバンドに思えるかも知れませんが(?)インペリテリ好きでした!(って、過去形になってますが……。笑)

 

僕自身が速弾き系のギター弾きじゃないので……影響は受けていません。

 

でも、目指すジャンルこそ違えど、高校生の時に初めて聴いたインペリテリの速さには僕も驚きました!

どんなジャンルでもスゴイ人はスゴイです!

 

このステッカー4枚は、1997年の5枚目の作品『Eye Of The Hurricane』に封入されていました。

 

 

これまでの作品のステッカーが揃っています!

 

先にミニアルバムでも発売されていた3曲目の”Fuel For The Fire”が渋くって好きでした!

 

まだまだHR/HM系以外にも見つけましたので、 それでは他に見つけたステッカーも載せてみたいと思います。

 

 

 

バンドステッカー:グランジ/オルタナティヴ編

ボン・ジョヴィにチープ・トリックに…むかし買ったロック系のCDにオマケで付いていたステッカーをご紹介したブログ記事の写真4枚目

こちらも色々ですが……

 

まずソニック・ユースのステッカーは、2000年の12作目『NYC Ghosts & Flowers NYC』に封入されていました。

 

 

この作品は、アルバムジャケットのデザインが好きでした。

 

音楽的には……キャッチーだった90年代からまたしても実験的な音楽性に戻っていて、なかなか聴きづらい楽曲が多かったですね……。

 

アルバムジャケットのデザインは好きですが、音楽的には毎日聴けるようなものではなかったです……。

 

またパール・ジャムのステッカーは、三角マークのステッカーが1998年の5作目『Yield』に封入されていたものです。

 

 

アルバムジャケットと同じ骸骨が写っているステッカーは、2002年の7作目『Riot Act』に封入されていたものです。

 

 

そして”Alive”のステッカーは……記憶が曖昧なんですが、確か”Alive”のシングル盤をどっかのマニアックなレコード屋で見つけて、購入した際にお店の人がオマケでくれたような気がします!?

 

 

CDに封入されていたものではなかったはずです!?

 

同じようにダイナソーJr.の1994年の6作目『Without A Sound』のステッカーもそんな感じで手にいれたはずです。

 

 

ちょっとこの辺は記憶が曖昧になっています……。

 

他の2つのステッカーのうち、グーグードールズのステッカーはライヴを観に行って会場で買いました。

 

そしてズワンのステッカーは、以前ブログ記事にもしていましたので、そちらの方をぜひ読んでみて下さい。

 

スマッシング・パンプキンズの間に……ズワンという名のバンド


最後にもう1つ、ちょっと変わったステッカーです。

ボン・ジョヴィにチープ・トリックに…むかし買ったロック系のCDにオマケで付いていたステッカーをご紹介したブログ記事の写真5枚目

このエンボス仕様の小さなステッカーは、元ポリスのドラム、スチュワート・コープランドが、フィッシュのギタリストのトレイ・アナスタシオとプライマスのベーシストのレス・クレイプールとトリオで結成したトリオバンドのオイスターヘッドの唯一の作品『Grand Pecking Order』に封入されていました。

 

 

小さいステッカーなので、封入されているのをうっかり見落としてしまいそうでした……。

 

 


 

以上が、【むかし買ったロック系のCDにオマケで付いていたステッカー】でした。

 

もうかれこれ20年近くも前のステッカーがこうして残っていたのが自分でも驚きなのですが……全然使ってなかったんですよね。

 

こういったオマケのステッカーが封入されていると、嬉しいのは嬉しいんですが、ステッカーってなかなか使い道に困りますね。(笑)

 

取りあえず、また保管しておきます。

 

それでは更に20年後に、またこのブログでご紹介したいと思います!(笑)

 

<スポンサーリンク>



他に関連するお勧め記事

 

ニルヴァーナにパールジャムなど……グランジ/オルタナ系バンドの個人的おすすめ曲集
ニルヴァーナの”You Know You’re Right”の思い出
【世界で最も重要なロックバンド】R.E.M.おすすめのバラード曲13選
Diaryの一覧に戻る
<関連コンテンツ>
オリジナルLINEスタンプ『まめチキ君』『もじもじうさぎ もじたん』『陽気なサボテン・ムーチョ』販売中です。ぜひ買ってください。ガンガン使ってね。詳しくはこちらからご覧ください→

Related Articles

Quick Category

  • カテゴリー:Music
  • カテゴリー:Movie
  • カテゴリー:Book
  • カテゴリー:Travel
  • カテゴリー:Diary
  • カテゴリー:Work
  • カテゴリー:Guitar
  • カテゴリー:Live
  • カテゴリー:Comic