カテゴリー:comic

2019/04/22

【キン肉マン第281話】スーパーフェニックスが敗れる⁉ついに決着! スーパーフェニックスvsアリステラ!

【キン肉マン 第281話 揺らぐ天守閣!!の巻】の感想を書いたブログ記事のタイトル画像です。

【キン肉マン第281話 揺らぐ天守閣!!の巻】を読んだ感想です。

オメガマン・アリステラの終末奥義『オメガ・ハルマゲッドン・アベンジャー』がスーパーフェニックスに炸裂!スーパーフェニックスは耐えることが出来るのか?

前回の【キン肉マン第280話 終末の奥義!!の巻】からようやく2週間が経ちましたね。

 

【キン肉マン第280話】終末奥義『オメガ・ハルマゲドン・アベンジャー』が炸裂‼

前回はアリステラの必殺技『オメガ・ハルマゲドン・アベンジャー』がスーパーフェニックスに極まったところで終わっていました。

 

その後、東京にある『超人博物館』に保存されているキン肉マン・ソルジャーのマスクが何者かに盗まれました。

 

この人物が、ソルジャーマンなのか?キン肉アタルなのか?は現時点ではわかりませんが……多分実際に登場して闘いに参加するのはだいぶ先になりそうな気がします。

 

その前におそらくサタンの手下なんかが地球に襲来するんじゃないだろうか?と思いました。

 

今後どういった展開になるのか?わかりませんが、まずは今週の【キン肉マン第281話 揺らぐ天守閣!!の巻】を読んだ感想をいつものように書きたいと思います。

 

<スポンサーリンク>



 

【キン肉マン第281話 揺らぐ天守閣!!の巻】

『運命の王子vsオメガ・ケンタウリの六鎗客』最終戦……勝敗の行方は⁉

アリステラ渾身の必殺技『オメガ・ハルマゲドン・アベンジャー』が完璧な形でスーパーフェニックスに炸裂しました!

 

スーパーフェニックスのアイコン
スーパーフェニックス
ゲボコ~

 

と、口から血を吐くスーパーフェニックス……。

 

これまでの闘いでは、アリステラのどんな大技を食らっても、受け身を取ってダメージを最小限に留めて立ち上がってきたスーパーフェニックスでした。

 

しかし今回ばかりは、まともに技を食らった様子⁉

 

それでも名前の通りに再び『不死鳥の如く』起き上がることが出来るのでしょうか?

 

その様子を大型モニター越しに別会場から見守るウルフマンとハラボテ委員長とノックたち……。

 

しかし胸部からリングに叩きつけられたスーパーフェニックスは、これまでに何度も受けた『フォーフィンガー・スプラッシュ』の傷口から大量の出血をしています。

 

この様子を見てハラボテ委員長が「勝負あった!」と言い放ちます!

 

勝負あり!ついに決着!

血を吹きだしリングに倒れこんだスーパーフェニックスを見て、ハラボテ委員長はノックに「ゴングじゃゴング!」と指示を出します。

 

これにてスーパーフェニックスvsアリステラの試合が終了しました。

 

48分53秒に渡る大熱戦を勝利したのはアリステラでした!

 

両者どちらも数々の大技を次々と繰り出しましたが、最終的にはアリステラの必殺技『オメガ・ハルマゲドン・アベンジャー』が決め手となりスーパーフェニックスは敗れました。

 

すると……

 

アリステラのアイコン
アリステラ
力が…戻っていく…

 

それまで“友情パワー”の力で光輝いていたアリステラの身体が元に戻っていきます。

 

どうやらまだ暫定的に得た“友情パワー”の力なので、一時的にしか元の8,600万パワーの壁を超えることが出来ないようです。

 

しかしこれでアリステラはまたひとつ大きな確信を得たようで、“友情パワー”の力と『オメガ・ハルマゲドン・アベンジャー』があれば仇敵ザ・マンにも対等以上に闘えると感じたようです。

 

 

これもスーパーフェニックスの作戦通り⁉

アリステラはこの試合で自信を得たようですが、しかしこの状況もスーパーフェニックスにとっては「してやったり」と思っているのでは?とリングに倒れているスーパーフェニックスに向かってそう言います。

 

スーパーフェニックスの意識が戻り、倒れたままでなんとか話し始めます。

 

この試合でスーパーフェニックスが勝利しアリステラを仕留めれれば最善でしたが、結果的にはスーパーフェニックスは完全に負けてしまいました。

 

しかし次善の策として最低限の仕事はやったとは言っています。

 

スーパーフェニックスのアイコン
スーパーフェニックス
このオレがこの程度のことしかできなかったとは
我ながら情けないが…

 

どうやら、アリステラの言うようにスーパーフェニックスは闘いに負けはしたものの、やはり狙いがあったようです。

 

それは……対戦相手が強ければ自分も呼応して超人強度を上げることが出来るというアリステラの『特性』を白日の下に晒すことと、あえてアリステラの最終奥義『オメガ・ハルマゲドン・アベンジャー』をその身に受けてアリステラの実力を試合を見ている者たちにバラすことだったみたいです。

 

アリステラのアイコン
アリステラ
ザ・マンへの援護射撃のつもりか

 

アリステラは、ザ・マンとは無関係なはずのスーパーフェニックスが、なぜそこまでするのか納得がいかない様子!

 

試合中にもアリステラは、スーパーフェニックスが“知性の神”にいいように操られた過去の出来事から神々を恨んでいるはずだと指摘していました。

 

それなのになぜ神の眷属(けんぞく= 従者・配下)に位置するザ・マンの手助けをするようなことをスーパーフェニックスがしているのか問いただします。

 

 

アリステラのアイコン
アリステラ
何に義理立てしているのか?
そこだけがさっぱりわからんのだ?

 

するとスーパーフェニックスが弱々しく答えます。

 

スーパーフェニックスのアイコン
スーパーフェニックス
ザ・マンへの義理ではない
キン肉マンへの義理だ…

 

そう、スーパーフェニックスはザ・マンに会ったことすらありません。

 

しかし先の『王位争奪戦』での過ちを反省して改心はしているようです。

 

自分のような性格の歪みきった人間を、キン肉マンは許し、そしてキン肉星の最重要ポストにまで取り立てようとしてくれたからです。

 

スーパーフェニックスは、そのポストに就くことはなく固辞はしましたが……精神的にはキン肉マンの一番の臣下として役立ちたいと思ったからの行動だったようです。

 

噂に聞いていた尊大極まりない人物像と違い、謙虚になったスーパーフェニックスの話を聞いてアリステラはますますキン肉マンに対して興味を募った様子です。

 

ザ・マンは仇敵ではなく味方なのか?

しかしアリステラの優先事項はキン肉マンのことよりも、ザ・マンを打倒することです。

 

正義の五本槍や運命の王子たちとのこの闘いで犠牲になったルナイトにヘイルマンにギアマスターたちのためにも、アリステラはこの大任を果たさなければいけません!

 

仇敵ザ・マン打倒を固く決意したその時……

 

スーパーフェニックスのアイコン
スーパーフェニックス
お前がさっきから口にしている
その仇敵ザ・マンという男…

 

と、スーパーフェニックスが急に話し始めます。

 

 

スーパーフェニックスのアイコン
スーパーフェニックス
オレの得た”情報”を総合して考えた時に…
確実にひとつだけ判断できたことがある…

 

 

アリステラのアイコン
アリステラ
何?

 

 

スーパーフェニックスのアイコン
スーパーフェニックス
かつて神だったというその男
ザ・マンはお前たちの味方だぞ

 

 

これは一体どういうことなのか?

 

本当の敵はその裏に潜んでいる?

場所は移って超人墓場……まだ結界のようなものが張られている模様です。

 

その最深部(かな?)に、超人閻魔こと『ザ・マン』が座しています。

 

今回はその1コマ『玉座に座りレコードを聴くザ・マン』をいつものiPad絵で描いてみました。

【キン肉マン 第281話 揺らぐ天守閣!!の巻】より『玉座に座りレコードを聴くザ・マン』の絵をiPadで描きました。その画像です。

 

ザ・マンの隣には、ネメシスが腕を後ろに組んで立っています。

 

ネメシスは、なぜザ・マンがアリステラの弟ディクシアがスパイだったことを知りながら完璧超人入りを受け入れたのか?尋ねます。

 

すると、ザ・マンは今回のことは元はと言えば自分自身が全て種を撒いたことだと話し始めます。

 

過去にオメガの戦士たちを根絶やしにせずに逃がしたのも全て自分の指示だったと話します。

 

しかしその甘さがオメガの民に歪んだ歴史を生み出させてしまったと……。

 

「ならば、今からでも遅くはない!根絶やしにすべきです!」と言いネメシスは出動しようとします。

 

「やめろ!」

 

ザ・マンはネメシスを止めます。

 

「やつらは利用されているだけにすぎぬ!」

 

「本当の敵はその裏に潜んでいるのだから」

 

 

 




 

 


 

 

以上が今週のお話、第281「揺らぐ天守閣!!の巻」でした。

 

次回の第282話は、なんと……3週間後の5月13日(月)に更新されるようです。

 

ゴールデンウイークとはいえ、だいぶ間が空きますね……。

 

やっと長かったスーパーフェニックスvsアリステラの闘いに決着が着いたと思ったら、またお休みです。

 

しかし次回こそは新展開が待っていそうですね!

 

おそらくゼブラやスーパーフェニックスやザ・マンが話しているように、アリステラたちはサタンに利用されているだけなのでしょう。

 

そこでサタンの配下、もしくはサタン自身が地球に攻めてきて新たな闘いが始まるのではないでしょうか?

 

そうなった場合、“友情パワー”に目覚めたアリステラたちがサタンの方に付くのか?キン肉マンの味方になるのか?その辺も興味深いですね。

 

なんとなくアリステラもキン肉マンに説得されてザ・マンと和解を果たしてこのシリーズが終わるのかな?と思ったりもします。

 

まぁそう簡単には素人考えが当たるとは自分でも思ってはいませんけれどもね……。(笑)

 

いや、むしろ僕のそんな単純思考な予想なんか大外れなぐらい驚きの展開が待ち受けていて欲しいものです。

 

さて、結局久しぶりに登場した運命の四王子たちも半分が敗北しました。

 

前シリーズでそこまで強敵感がなかったマリポーサとビッグボディが勝ち 、悪役として活躍したゼブラとスーパーフェニックスが敗れました。

 

ゼブラは背中からリングに叩きつけられ、スーパーフェニックスは胸部をリングに叩きつけられ対照的な負け方でした。

 

よく考えたら『キン肉族三大奥義 』をマスターしている2人が敗れましたよね……。(それと2人とも黒目がない⁉)

 

『マッスル・インフェルノ』は進化系が一発決まりましたが、進化系すらなかった『マッスル・リベンジャー』は3回とも不発に終わりました。

 

もはやキン肉マンの『マッスル・スパーク』以外は、全て噛ませ技のような気がしてきます……。

 

再開後のキン肉マンは、確か前シリーズで活躍できなかった超人に活躍の場を設けることもテーマの一つだったような話をどこかで見ました。

 

前シリーズでそこまで活躍できなかったマリポーサと、噛ませ犬だったビッグボディが今回は大活躍しました!

 

しかし前シリーズでキン肉マンを苦しめた強敵ゼブラとスーパーフェニックスは、相手が悪かったとはいえほぼ一方的にやられた感じで敗れました。

 

しかもこの2人は対戦前に「毒舌」を吐いて相手を挑発していました。

 

どうやら相手の力を見くびって油断した方が負けるようですね。

 

2人とも、シマウマキッドと”知性の神”という悩み事も抱えていたことですし……。

 

多分、『王位争奪戦』後にスーパーフェニックスが辺境の星で畑を耕している間にもマリポーサとビッグボディはちゃんとトレーニングを続けていたんでしょう。

 

一応ゼブラも闘いに負けはしましたが、『真マッスル・インフェルノ』を編み出す努力はしていたようです。

 

となると、スーパーフェニックスはブランクが長かったので負けてしまったということですかね。

 

今回、ゼブラとスーパーフェニックスという強者が敗れたことで、アリステラを始めオメガ・ケンタウリの六鎗客の実力は高いんだということの証明にもなりましたね。

 

どうしても前シリーズでスーパーフェニックスの配下としてオメガマンが登場していたのに、今回は敵側のボスとして登場したので違和感はありました。

 

これでオメガ・ケンタウリの六鎗客の生き残りの3名は実力者だと証明できたのですが……でも今のアリステラでもザ・マンはおろかネメシスにも勝てない様な気がしてなりません。

 

なんなら今地球のどこかにいるジャスティスマンにボッコボコにされそうですよね⁉(笑)

 

いくらスーパーフェニックスに勝利したといっても、今回のスーパーフェニックスはどうもイマイチ調子が悪いようにしか見えませんでしたから。

 

調子悪そうなゼブラとスーパーフェニックスが負けて、「今日のオレは絶好調なんだ!」と言ったビッグボディでも勝利したというのに……。

 

超人強度のみならず調子にも左右される……ちゃんとプロレスしてますね!

 

ところでスーパーフェニックスたちは六鎗客を殺してでも止めに来たのですが、逆にゼブラやスーパーフェニックスは死んではいないようです。

 

正義の五本槍には止めを刺していたのに……。

 

マリキータマンと弟の敵討ちのはずのアリステラは、この2人をわざと生かしておいた?

 

今後もゼブラとスーパーフェニックスが引き続き話に絡んでくるのかもしれませんね。

 

よく考えたらビッグボディは、直接ギアマスターに止めを刺していませんが、マリポーサだけ容赦なくヘイルマンを殺っちゃいました。

 

盗人ジョージは、今回はアノアロの杖ではなくヘイルマンの命を盗んじゃいました!

 

紳士的な言葉使いだったマリポーサが一番酷いことをしているっていう……。

 

しかし平成最後のキン肉マンで、過去作のラスボスだったスーパーフェニックスが敗北するとは……。

 

しかも過去作で部下だった男の兄に敵討ちをという形での敗北ですからね。

 

今年で連載開始から40周年を迎えるキン肉マンが、令和時代に向かうにあたりひとつの区切りとしてスーパーフェニックスが負けたようにも感じられます。

 

もしかしたら令和最初の試合で勝つのは、キン肉マン・ソルジャーになったりして??

 

さて、今後ザ・マンやサタンたちがどう動くのか?

 

気絶しているキン肉マンや改心した様子のパイレートマンもどう絡んでくるのか?

 

ザ・マンを殺る気マンマンなアリステラとマリキータマンは止まることは出来ないのだろうか?

 

そして気になるソルジャーの登場はいつになるのか?

 

またミート君のセコンドのフラグは今後どうなっていくのか?

 

待ちぼうけのマリポーサとビッグボディは、ゼブラとスーパーフェニックスのことを心配してくれるのだろうか?(笑)

 

今後も続きが楽しみです。

 

次の更新は3週間後とだいぶ後になりますが……引き続きこちらのブログでご紹介していきたいと思いますので、ぜひまたこのブログを読みに来てください。

 

 


 

今回はiPad絵の下絵はなしです。

 

塗りの際に失敗しちゃったからです。(笑)

 

ザ・マンの色がわからなかったので、なんとなく他のイラストレーターの方々が描いている素晴らしい絵のカラーリングを参考にさせていただきました。

 

今回の最終戦は10話ほどあって長かったので、スーパーフェニックスとアリステラの絵ばかり描いていて少し飽きていました。(笑)

 

なので、今回は満を持してザ・マンです!(笑)

 

ところでザ・マンは何の曲を聴いてるんでしょうかね?

 

クイーンのボヘミアン・ラプソディーを聴いてるとか?(笑)

 

他に関連するお勧め記事

 

【オメガ・ケンタウリの六鎗客編】を読んだ感想を書いたブログ記事をまとめました。
思い出に残るスーパーファミコンの名作ソフト30選
『ジョジョの奇妙な冒険』に登場する敵キャラでデザインがかっこいいと思うスタンド20選
Comicの一覧に戻る
<関連コンテンツ>
オリジナルLINEスタンプ『まめチキ君』『もじもじうさぎ もじたん』『陽気なサボテン・ムーチョ』販売中です。ぜひ買ってください。ガンガン使ってね。詳しくはこちらからご覧ください→

Related Articles

Quick Category

  • カテゴリー:Music
  • カテゴリー:Movie
  • カテゴリー:Book
  • カテゴリー:Travel
  • カテゴリー:Diary
  • カテゴリー:Work
  • カテゴリー:Guitar
  • カテゴリー:Live
  • カテゴリー:Comic