カテゴリー:comic

2018/12/17

【キン肉マン 第270話】ついに決まった!マッスル・スパーク!キン肉マンvsパイレートマンの決着はいかに!?

 
<スポンサーリンク>
  

【キン肉マンの新シリーズオメガ・ケンタウリの六鎗客編 第270話 希望のクソ力!!】の感想を書いたブログ記事のタイトル画像です。

【キン肉マン第270話 希望のクソ力!!の巻】を読んだ感想です。

満身創痍状態だったキン肉マンが三度目の火事場のクソ力を発動させた!キン肉マンvsパイレートマンついに決着⁉

先週の続きです!

 

『再登場した運命の4王子+キン肉マンvsオメガ六鎗客の残り5名の闘い』の4試合目となるキン肉マンvsパイレートマンの闘いです。

 

ついに決着です!

 

前回のお話し【キン肉マン第269話 奇蹟の真骨頂!!の巻】では、リング外の断崖絶壁に落とされたキン肉マンは、なんとか崖の岩を掴んで落下から逃れました。

 

パイレートマンのセントエルモスファイヤーが炸裂!キン肉マンは奇蹟を起こせるのか?

しかしパイレートマンは、容赦なくキン肉マンに追い打ちを掛けに行きます!

 

キン肉マンを崖から落とそうと、何発もニードロップを喰らわせます。

 

それでもあきらめないキン肉マンは、パイレートマンの足を掴んで耐えました。

 

諦めの悪いキン肉マンに苛立ちを見せたパイレートマンは、一気に止めを刺すべく先の闘いでカナディアンマンを死に追いやった最大の必殺技「セントエルモスファイヤー」をキン肉マンに極めます!

 

腹が割けそうになるキン肉マンでしたが、それでも闘いを諦めません!

 

このまま負けては、宇宙の平和も散っていった友たちも、そしてオメガの星も未来も哀しみもなにも救えない!とキン肉マンは言いながら、闘いをこのまま諦める様子はありません!

 

ついに怒ったパイレートマンは、「セントエルモスファイヤー」で更に締め上げてキン肉マンに止めを刺します!

 

腹が裂けてこのまま終わりかに見えたキン肉マン……

 

しかしその時、キン肉マンの身体がこれまで以上に輝き始めました!

 

これ以上技を極めれなくなったパイレートマンは、技を解かれ逆にキン肉マンに身体をブリッジで持ち上げられてしまいます!

 

この体勢は……もしかして「あの技」なのか?

 

<スポンサーリンク>



 

 

キン肉マン第270話「希望のクソ力!!の巻」

三度目の火事場のクソ力!

パイレートマンの最大の必殺技「セントエルモスファイヤー」を敗り、三度目の「火事場のクソ力」を発揮したキン肉マンがブリッジ状態でパイレートマンの身体を持ち上げる!

 

その姿を見たミート君が「マッスル・スパーク」だ!と気づきました。

 

先週の269話ではキン肉マンの目に黒目がなくなっていたので、てっきりこの「火事場のクソ力」では、無意識状態なのかな?と思っていたのですが、違うみたいですね。

 

今週は、ちゃんとキン肉マンの黒目が描かれていました。

 

この後、普通に会話も出来ていたので、キン肉マンの意識もちゃんとあるようです。

 

キン肉マンは、ミート君に「何を驚いている!言ったであろうミート!」と答えます。

 

 

キン肉マンのアイコン
キン肉マン
私はこのまま負けはしないとーっ!

 

パイレートマンに対して「マッスル・スパーク・天」が完璧に決まりました!

【キン肉マン 第270話 希望のクソ力!!】パイレートマンにキン肉マンにの必殺技「マッスル・スパーク・天」が決まったところiPadで描いた絵です。

パイレートマンのアイコン
パイレートマン
グゲボッ!

しかし8000万パワーを誇るパイレートマンもこのまま負けまいと踏ん張ります!

 

 

パイレートマンのアイコン
パイレートマン
な…何を~こんなもの~はずして…やる…

 

パイレートマンは「マッスル・スパーク」から脱出することが出来るのか?

 

ついに決まった「マッスル・スパーク」!

しかしパイレートマンはあることに気づきます。

 

これまでにキン肉マンが闘いで見せた「火事場のクソ力」と、今回の「火事場のクソ力」は全く別物であることを!

 

次元の違いに気づきます。

 

 

そしてキン肉マンが止めを刺しにかかります!

 

 

キン肉マンのアイコン
キン肉マン
私は絶対に~勝~つ!

 

「マッスル・スパーク・地」が決まりました!

 

リング上に叩きつけられるパイレートマン……。

 

頭部の帽子の部分が欠け、口から血を吐いて倒れこむパイレートマン……。

 

もはや立ち上がることが出来ません!

 

ついに決着が着きました!

 

ゴングが鳴り、キン肉マンがパイレートマンに勝利しました!

 

 

<スポンサーリンク>


 

 

「火事場のクソ力」の三つの段階

「マッスル・スパーク」が決まり倒れたパイレートマンでしたが、究極の峰打ちでもある技なので意識はまだありました。

 

この不殺(ころさず)の技によって倒されたことで……パイレートマンは、自分たちオメガの精鋭とは全く逆の姿勢を持ったキン肉マンの技に敗れたことでもはや自分は形無しだと語ります。

 

パイレートマン達オメガの六鎗客は、先の闘いで【正義の五本鎗】の4人を死に追いやりました。

 

しかしキン肉マンは、相手を動けない状態にして完全勝利を手にするも、対戦相手の命までは奪いません。

 

オメガマン・ディクシアが同じ技でキン肉マンに敗れたことを思い出し、なぜディクシアがキン肉マンに希望を託したのか?パイレートマンは自身が敗北したことで気づかされたようです。

 

キン肉マンとの闘い初めの頃は、「火事場のクソ力」が8000万パワーの自分に通用しないことでキン肉マンの力に限界を感じたようでしたが、闘いが進むにつれ実はそれは逆で、自分たちオメガの精鋭の限界であったことを悟ったようです。

 

パイレートマンがこの闘いで悟ったキン肉マンの「火事場のクソ力」の真髄とは、一括りで語れるような単純なものではなかったということです。

 

「火事場のクソ力」には”三つの段階”があったことをパイレートマンは発見したようです。

 

その三つとは⁉

 

第一段階は、キン肉マンが最初に発動させた「火事場のクソ力」で、それはパイレートマンを倒すためにキン肉マンが自分自身のために発動してものでした。

 

そのような力はパイレートマンに全く通用せずに、簡単にねじ伏せられてしまいました。

 

この段階では、パイレートマンにとっては期待外れもいいとこだったようです。

 

そして第二段階では、キン肉マンが死んでいった仲間のために発動した「火事場のクソ力」でした。

 

しかしこの時もパイレートマンを超えるようなものではなく、受け止められてしまいました。

 

これによってパイレートマンは、「火事場のクソ力」は自分たちの星を救えるような求めていた希望の力ではない!と考え絶望してしまいます。

 

キン肉マン達だけでなく、パイレートマン達「オメガ・ケンタウリの六鎗客」の面々も同胞を救うために闘っています。

 

もし仲間のために力を尽くすことが「火事場のクソ力」の真髄であるのなら、パイレートマンはその力に自分たちを超える要素はないと絶望を感じていたようです。

 

だが、それだけでなかったのがキン肉マンが最後に発動した「火事場のクソ力」の第三段階でした!

 

この時の発動条件は、先の二つとは全く異なっていました!

 

なぜならその力は、キン肉マンが「オメガのために出した力」だったからです!

 

「敵のために力を尽くす!」などという発想はオメガの文化にはありえない……と自分たちの常識を凌駕するような「火事場のクソ力」の真髄に気づいたパイレートマンは、自分たちオメガの民の限界を悟ったようです。

 

このことを聞いたキン肉マンは、パイレートマンに自分のその力はオメガの星を救うような希望の力なのか?と問います。

 

そしてパイレートマンは、「あぁ、間違いない。我々がこの地球にやってきたのはやはり間違いじゃなかった!」と答えます。

 

キン肉マンのアイコン
キン肉マン
なら良かった!

 

パイレートマンと手を取り合うキン肉マン……このままオメガと地球はわかり合えることが出来るのか⁉

 

 

ここまでで今週のお話、第270話「希望のクソ力!!の巻」は終わりです。

 

次回は、また1週間後に第271話が更新されるようです。

 

ついにキン肉マンvsパイレートマンの勝負がつきました!

 

最後はあっけなく「マッスル・スパーク」で決まりました。

 

結局カナディアンマンがパイレートマンにつけた胸の傷や、「骨破筋交い絡み」で痛めた右足も関係なく終わりましたね。

 

しかしおそらくまだこのシリーズの序盤だと思うので、ここで「火事場のクソ力」状態の「マッスル・スパーク」がボスキャラっぽくないパイレートマンに敗られるのもおかしいのでこれで良かったように思えます。

 

闘いが終わってみると、いつの間にかキン肉マンの裂けていた腹の傷がなくなっていますよね……いや、気にしてはいけない、気にしてはいけない!(笑)

 

そして「誰かを倒すための力」ではなく「誰かを救うための力」というのがキン肉マンの「火事場のクソ力」の真髄だと判明しました。

 

まさに「心に愛がなければ スーパーヒーローじゃないのさ~♪」ですね。(笑)

 

それと個人的には、今回の「オメガ・ケンタウリの六鎗客」のキャラの中では最初からパイレートマンの見た目が好みでした。

 

そして話が進むごとに「武人」のようなパイレートマンの態度にも魅力を感じていました。

 

キン肉マンに負けはしたけれども、最後の「マッスル・スパーク」以外のキン肉マンの技では、ほとんど堪えてなかったようですからね!

 

かなりの強さを誇るパイレートマンに今後も出番があって欲しいのですが……なんだかこのまま無事には済まなさそうな予感もします⁉

 

今後サタンの手下なんかが現れた時に、マリキータマンと一緒にかませ役で消えていきそうな気がしなくもないです……。

 

キン肉マンとの試合で友情を生み出していった敵役の宿命のような気がしなくもないですね……。

 

なんとか年内にキン肉マンvsパイレートマンの闘いが終わり、来週も最新話の更新があるようですのでスーパーフェニックスvsオメガマン・アリステラの闘いが始まりそうです。

 

一応今週の最後のアオリに、まだキン肉マンとパイレートマンのその後の展開もまだ続きそうな一文がありましたが……そろそろスーパーフェニックスが登場して欲しいところです。

 

六鎗客のナンバー2っぽいパイレートマンが敗れたことと、キン肉マンの「火事場のクソ力」の真髄を知ったことでアリステラとマリキータマンの何かしらのリアクションがありそうな気もします。

 

しかしマリキータマンはゼブラに勝利したのに、パイレートマンがキン肉マンに敗したことで、余計にアリステラがこのまま負けてしまうような気がしなくなってきました……。

 

なんだかスーパーフェニックスもゼブラみたいに負けそうですよね……。

 

じゃないと、ゼブラだけ情けなく負けたんじゃ~あまりにもゼブラの扱いが酷い気がします。(笑)

 

キン肉マンvsパイレートマンの闘いは、話数も多く長かったですが個人的には楽しめました。

 

オメガの目的も判明したことですし。

 

ただ運命の四王子の方こそ、何かまだキン肉マンに隠していそうな気がしますね⁉

 

一応、公式発表ではスーパーフェニックスは口こそ悪いままですが改心はしているようです。

 

『キン肉マンジャンプvol.2』の方で、スーパーフェニックスはキン肉マンに対して心底悪かったと反省しているのが今回の行動の鍵になっている!と書かれていました。

 

 

しかし本当にそれだけなのでしょうか⁉

 

キン肉マンを裏切ることはなかったとしても、サタンに対して何かまだキン肉マンに隠しているような気がしなくもないです⁉

 

疑いすぎですかね⁉(笑)

 

さて、年内にスーパーフェニックスvsオメガマン・アリステラの闘いが始まるのか?

 

それとも来年に持ち越しとなるのか?

 

どちらにしても今後も続きが楽しみです。

 

それでは、今後もこちらのブログで続きをご紹介していきたいと思います。

 

ぜひまたこのブログを読みに来てください。

 

オマケ?

今回もiPadでいつもの絵を描きました。

 

パイレートマンに対して「マッスル・スパーク・天」を決めているところを書きました。

【キン肉マン 第270話 希望のクソ力!!】パイレートマンにキン肉マンにの必殺技「マッスル・スパーク・天」が決まったところiPadで描いているところの写真です。

 

前回に引き続き今回も着色する前の絵を載せておきます。

 

【キン肉マン 第270話 希望のクソ力!!】パイレートマンにキン肉マンにの必殺技「マッスル・スパーク・天」が決まったところiPadで描いた絵の着色前です。

 

【キン肉マン 第270話 希望のクソ力!!】パイレートマンにキン肉マンにの必殺技「マッスル・スパーク・天」が決まったところiPadで描いた絵の着色前のiPadを写真で撮った画像です。

先にキン肉マンが「 セントエルモスファイヤー」を喰らっているところを先週描いていたのですが、今週は逆にキン肉マンが「マッスル・スパーク」を決めたところを描きました。

 

ついに主役の必殺技が決まったところを描けました!(笑)

 

今後もまだ描いていなかったスーパーフェニックスvsオメガマン・アリステラの絵も描いていきたいと思います。

 

 

他に関連するお勧め記事

 

【オメガ・ケンタウリの六鎗客編】を読んだ感想を書いたブログ記事をまとめました。
思い出に残るスーパーファミコンの名作ソフト30選
『ジョジョの奇妙な冒険』に登場する敵キャラでデザインがかっこいいと思うスタンド20選
Comicの一覧に戻る
<関連コンテンツ>
オリジナルLINEスタンプ『まめチキ君』『もじもじうさぎ もじたん』『陽気なサボテン・ムーチョ』販売中です。ぜひ買ってください。ガンガン使ってね。詳しくはこちらからご覧ください→

Related Articles

Quick Category

  • カテゴリー:Music
  • カテゴリー:Movie
  • カテゴリー:Book
  • カテゴリー:Travel
  • カテゴリー:Diary
  • カテゴリー:Work
  • カテゴリー:Guitar
  • カテゴリー:Live
  • カテゴリー:Comic