カテゴリー:comic

2018/11/26

キン肉マンvsパイレートマン【第267話】48の殺人技フライングパンチ炸裂なるか?

 
<スポンサーリンク>
  

強敵パイレートマン目がけてキン肉マンが放った48の殺人技のひとつ『フライングパンチ!』炸裂なるか?キン肉マン第267話「怒涛の関節地獄!!の巻」を読んだ感想を書いたブログ記事のタイトル画像です。

【キン肉マン第267話怒涛の関節地獄!!の巻】を読んだ感想です。

キン肉マンの火事場のクソ力vs超人強度8000万を誇るパイレートマン!

先週の続きになります。

 

前回は、『再登場した運命の4王子+キン肉マンvsオメガ六鎗客の残り5名の闘い』の4試合目となるキン肉マンvsパイレートマンの闘いについてその後を書いていました。

 

その後どうなった?キン肉マンvsパイレートマン【第262話~266話】

その中でついにオメガ一族の目的が判明しました!

 

しかしその目的に納得いかないキン肉マンは、パイレートマンと真剣に闘うことでわかり合うことを選択しました。

 

キン肉マンの火事場のクソ力vs超人強度8000万を誇るパイレートマン……果たしてどちらがこの闘いに勝利するのか?

 

 

<スポンサーリンク>



 

 

キン肉マン第267話「怒涛の関節地獄!!の巻」

48の殺人技のひとつ『フライングパンチ!』が久しぶりに登場!

前回の第266話「日本代表の友情!!の巻」の続きになります。

 

ウルフマンに鼓舞され、ついに「火事場の友情パワー」が発動したキン肉マンは、パイレートマンに対してカメハメ師匠から最後に授けられた「52の関節技のひとつシャットダウンクラッチ」を食らわせます!

 

この関節技によって身動きが取れなくなったパイレートマンなのですが……

 

パイレートマンのアイコン
パイレートマン
ムマ……ムマハハハ……ハハハ

と不敵に笑いだします。

 

キン肉マンのアイコン
キン肉マン
何がおかしい⁉

 

とキン肉マンは焦りを隠せません。

 

するとパイレートマンは、

 

パイレートマンのアイコン
パイレートマン
お……おかしくなどない。嬉しいのだ。
そう……これだ……この力が見たくて我々は……
ここまで……来たのだからな……。

 

「火事場の友情パワー」の秘められた力に期待をしているようです。

 

しかしそんな「火事場の友情パワー」を発動して決めたシャットダウンクラッチ」も8000万パワーのパイレートマンに力づくで破られてしまいます……。

 

だがキン肉マンもすかさず次の関節技に持ち込みます!

 

次の技も今回初出の新技「52の関節技のひとつ骨破筋交い絡み(こっぱすじかいがらみ)です!

 

キン肉バスターのような態勢でパイレートマンを逆さに抱えて、右足と左腕を締め上げています!

 

これは、なかなかかっこいい技ですね!

 

その見た目通りに痛そうに締め上げたパイレートマンの右足が折れたような音が鳴ります!

 

ゴォキィン!!!!

 

さすがのパイレートマンもこれには

 

パイレートマンのアイコン
パイレートマン
ムムォォ~~ッ

 

と悶絶します。

 

やっとのことでこの試合で初めてキン肉マンがパイレートマンに対して大きなダメージを与えれた感じです。

 

しかしパイレートマンもこの程度ではまだまだ余裕のようです!

 

キン肉マンの頭を両足で挟んでフライングヘッドシザーズで投げ飛ばします!

 

キン肉マンをリングに叩きつけますが、しかし先ほどの「骨破筋交い絡み」が効いたようでパイレートマンは着地の際に右足の痛みから跪いてしまいます。

 

このチャンスを逃さなかったキン肉マンは、パイレートマンの頭上に飛び上がり頭の上で新体操の鞍馬(あんば)のようにクルクルと回転します。

 

この技は「52の関節技のひとつグローバルプレーンスピン」です!

 

確かこの技はオメガマン・ディクシアがカメハメ師匠に化けた時にキン肉マンがとっさに出した技だったような⁉

 

コミカルな見た目に反して頚椎に相当なダメージを与えていそうです。

 

それに目が回ったのか、パイレートマンはリング上に倒れこんでしまいます。

 

ダウンしたパイレートマン目掛けてキン肉マンが空高くジャンプします。

 

キン肉マンのアイコン
キン肉マン
狙いは、はずさん!

 

と言い放つキン肉マンが狙うのは、先の闘いでカナディアンマンが付けたパイレートマンの胸の傷跡です。

 

その傷跡を目掛けてキン肉マンが右拳を振りかぶります!

 

なんとこれは過去にブラックホールとの闘いで披露した「48の殺人技のひとつフライングパンチ」という技です!

 

まさかの必殺技ですよね!

 

せっかくなのでこのシーンをいつものiPad絵で描いてみました。

 

キン肉マン第267話「怒涛の関節地獄!!の巻」より 強敵パイレートマン目がけてキン肉マンが放った48の殺人技のひとつ『フライングパンチ!』のシーンをiPadで描いた絵です。

以前この技を放った時は、ブラックホールの顔面の穴に右腕がハマってしまって不発に終わりました。

 

今回はついにこの技で決着が着くのか?

 

パイレートマンは心の中でこう思います。

 

パイレートマンのアイコン
パイレートマン
あの輝き(火事場のクソ力)に偽りはない……
つまりここが正念場だ!
あれを吾輩が受け止められるかどうかで……決まる!

 

フライングパンチを受け止めようと手を出すパイレートマンの両手が光って見えます!

 

この光は……もしかして「火事場のクソ力」?それとも「マグネット・パワー」なのか?

 

どちらかまだわかりませんが、なんらかの力がパイレートマンの両手に発動していることは確かのようです。

 

そして会場が光に包まれた後、フライングパンチの結果がわかることになります。

 

なんと……

 

またしても今回も決まりませんでした……。

 

パイレートマンの胸の傷の表面にこそダメージを与えれたものの、すんでのところでパンチを両手で受け止められてしまいました……。

 

キン肉マンのアイコン
キン肉マン
まさか……そんな

 

と驚くキン肉マンの体から光が消え、「火事場の友情パワー」が止まってしまいます……。

 

パイレートマンはキン肉マンをロープに投げ飛ばし失望します。

 

パイレートマンのアイコン
パイレートマン
火事場のクソ力でさえそんなものか……

 

そうです……彼らオメガの民が滅亡しつつある自分たちの星を救う大いなる力と信じ込み、遥々地球まで「火事場のクソ力」を求めてやってきたのだからパイレートマンの失望も納得できます。

 

何らかの力が発動はしていたもののパイレートマンを打ち破るような強力な力ではなっかったのです……。

 

これにはパイレートマンも

 

パイレートマンのアイコン
パイレートマン
我らは一体……なんのためにここまでやって来たというのか?

 

と希望は潰えた様子です。

 

そう言うパイレートマンに対して、心優しいキン肉マンは申し訳なさそうな表情でもあります……。

 

 




 

ここで今週のお話、第267話「怒涛の関節地獄!!の巻」は終わりです。

 

次回は、また1週間後に第268話が更新されるようです。

 

今回のお話は、キン肉マンが攻める回でしたね。

 

必殺技も過去のものも併せて3つ登場しました。

 

それもタイトルにもあるように関節技中心でした。

 

やはり主役のキン肉マンが色んな技を出して活躍するのは読んでいる方としても面白いです。

 

なんだか技巧の神に愛された超人界随一の技巧派であるキン肉マンゼブラよりもキン肉マンの方が多彩な技を披露しているような……。(笑)

 

まぁそこは主人公補正ですかね!(笑)

 

しかしそれだけ多くの技を放ってもパイレートマンには、ほとんど通用していない様子ですね。

 

しかも「火事場の友情パワー」も通用しなくって、もはやキン肉マンの成す術もないような展開になってきました。

 

まさかここまでパイレートマンが強い超人だったとは……。

 

これはゼブラに引き続き、まさかのキン肉マンの負けもあるのかも⁉

 

もしキン肉マンがパイレートマンに負けたとしたら、そのパイレートマンよりも強そうなオメガマン・アリステラにスーパーフェニックスも負けそうな気がしてきます……。

 

主役のキン肉マンも、もちろんなのですがせっかく約31年振りに登場したスーパーフェニックスには活躍してもらいたいところです。

 

先が気になる展開ですね。

 

今後もこちらのブログで不定期ではありますが、この続きをご紹介していきたいと思います。

 

ぜひまたこのブログを読みに来てください。

 

 

他に関連するお勧め記事

 

【オメガ・ケンタウリの六鎗客編】を読んだ感想を書いたブログ記事をまとめました。
思い出に残るスーパーファミコンの名作ソフト30選
『ジョジョの奇妙な冒険』に登場する敵キャラでデザインがかっこいいと思うスタンド20選
Comicの一覧に戻る
<関連コンテンツ>
オリジナルLINEスタンプ『まめチキ君』『もじもじうさぎ もじたん』『陽気なサボテン・ムーチョ』販売中です。ぜひ買ってください。ガンガン使ってね。詳しくはこちらからご覧ください→

Related Articles

Quick Category

  • カテゴリー:Music
  • カテゴリー:Movie
  • カテゴリー:Book
  • カテゴリー:Travel
  • カテゴリー:Diary
  • カテゴリー:Work
  • カテゴリー:Guitar
  • カテゴリー:Live
  • カテゴリー:Comic