カテゴリー:comic

2018/04/09

【ついにビッグボディが活躍⁉】運命の四王子+キン肉マンvsオメガ六鎗客の残り5名

【ついにビッグボディが活躍⁉】運命の四王子+キン肉マンvs「オメガ・ケンタウリの六鎗客」の 残り5名との対戦カードが決まりました!予想は少し外れたけどどれも面白い対戦になりそう!

運命の四王子+キン肉マンvsオメガ六鎗客の残り5名

キン肉マン新シリーズの敵キャラクターたち!

2011年より新しくWeb連載が開始したキン肉マンの現在連載中の新シリーズで出てきた新たな敵である「オメガ・ケンタウリの六鎗客(ろくそうかく)」と復活した運命の四王子の対戦カードが決まりました。

 

オメガ六鎗客は、オオカミ型超人のルナイトがウルフマンに破れ残りは下記の5名となっています。

 

氷使いのヘイルマンは、先の対戦でティーパックマンを敗っています。
海賊型の大柄なパイレートマンは、同じく大柄な超人のカナディアンマンを敗っています。
ゴツいギヤ型の超人ギヤマスターは、ベンキマンを敗り
テントウムシ型のマリキータマンは、カレクックを敗っています。

 

そしてこの六鎗客のリーダーであるオメガマン・アリステラは、31年前に完結した名作『キン肉マン王位争奪戦』でスーパーフェニックス・チームにいたオメガマン・ディクシアの双子の兄にあたります。

 

アリステラのみまだ誰とも戦っていないので、その実力は未知数ですが強敵であることは間違いないでしょう!

 

さて、そのオメガ六鎗客のうちアリステラとルナイトを除く4名は上記のカレクックなどを含むなんとも頼りないB級超人の集まりである「正義の五本槍」のうちウルフマン以外には勝ちました。

 

さすがにティーパックマンにカナディアンマンにベンキマン、カレクックに負けているようじゃー新敵キャラにあまりにも魅力がなさすぎますからね……。

 

個人的にはギヤマスターは、あまり魅力を感じないのでベンキマンに負けるかな?とは思ってしまったんですが、生き残りました。

 

他のパイレートマンにヘイルマンにマリキータマンは、なかなか魅力的な敵キャラクターなのでカナディアンマンやカレクックに負けている場合ではないですよね。(笑)

 

特にアリステラに次ぐ準ボスキャラのパイレートマンは、なかなか魅力のある良いキャラなのでカナディアンマン程度に負けて欲しくはないのでそこは良かったです。(笑)

 

 

 

僕の予想した対戦カード

 

先々週ぐらいに『王位争奪戦』以来、約31年振りに『運命の四王子』が復活しました。

 

スーパーフェニックスにビッグボディにゼブラにマリポーサーの、ソルジャーを除く4名です。

 

どれも華のある魅力あふれるキャラクターたちです。

 

そこで『運命の四王子』の絵をiPadで描きました。

 

iPadで描いたスーパーフェニックス、ビッグボディ、ゼブラ、マリポーサーの『運命の四王子』

 

更にこの絵を知り合いに見せたら、好評頂けたのでステッカーにもしてみました。

 

 

 

 

 

【運命の四王子ステッカー!】

 

 

 

 

 

そして気になる「運命の四王子+キン肉マンvsオメガ六鎗客の残り5名」の対戦カードも予想してみました。

 

 

 

 

【運命の四王子が遂に復活‼】

 

 

 

 

もう2週間ほど前になるのですが、僕の予想では……

 


 

 

オメガマンの兄とは、因縁がありそうなスーパーフェニックスが戦って、パイレートマンとビッグボディのデカい超人対決かな?

 

パイレートマンに破れたカナディアンマンと同じように、ビッグボディもカナダ出身ですからね。

 

そしてパンチが得意なマリキータマンには、同じく超人ボクシングで成らした経験を持つ技巧派のゼブラが対決して、氷使いのヘイルマンとはマリポーサーが対戦するのかな?

 

アノアロの杖が復活ですかね?(笑)

 

そして魅力のないギアマスターにキン肉マンが対決して圧勝!……とか予想しています。

 

まぁ、予想が外れてくれた方が、読む方としては面白いですので、今後の展開に期待ですね!

 

 


 

 

という感じでした。

 

そしてついさっき今週のキン肉マンが更新されて、さっそく「運命の四王子+キン肉マンvsオメガ六鎗客の残り5名」の対戦カードが決まりました!

 

果たして予想は当たっていたのか……⁉

 

 

 

惜しかった予想!……しかし面白くなりそう!

結果は下記の通りです。

 

マリポーサーvsヘイルマン
ビッグボディvsギヤマスター
ゼブラvsマリキータマン
キン肉マンvsパイレートマン
スーパーフェニックスvsアリステラ

 

結局僕の予想では、マリポーサーvsヘイルマンとゼブラvsマリキータマンにスーパーフェニックスvsアリステラの3対戦は当たりました!

 

しかし ビッグボディvsギアマスターとキン肉マンvsパイレートマンは逆でした。

 

少し惜しかったですね!

 

しかし今回の準ボスっぽい魅力あるパイレートマンにビッグボディが当たっていたら、またしてもビッグボディが活躍しないまま負けてしまいそう……だった気がしますが(笑)主役のキン肉マンとの対戦なら面白くなりそうですね!

 

さすがにキン肉マンは負けないでしょうが、かなり苦戦はするんじゃないかな……と。

 

それにベンキマンに流されているようなギヤマスター相手にビッグボディは負けないでしょうから、ビッグボディ活躍のフラグが!(笑)

 

そして、やはりマリポーサーvsヘイルマン戦はアノアロの杖が出てくるのだろうか?

 

でもアノアロの杖は現在行方不明になっているロビンマスクが持ってたはず?

 

果たしてマリポーサーは、モクテスマ・ディフェンスが出来るのか?

 

また超人ボクシングで成らした経験を持つ技巧派のゼブラは、マリキータマン相手にパンチ対決になりそうですね。

 

 

今週の見所

まず1コマ目の「私はこの通り万全ここは当然私が行くべきだ!」というキン肉マンに対してウルフマンが「…そうかわかった頑張れよ!」というやり取りが良いですね。

 

先のルナイトとの闘いで満身創痍のウルフマンに次の戦いはもう任せられないとキン肉マンがウルフマンに言ったセリフです。

 

ウルフマンもキン肉マンを信頼しきっているこの感じが良かったです。

 

そして運命の四王子+キン肉マンvs「オメガ・ケンタウリの六鎗客」のそれぞれの戦いの舞台が判明しました。

 

世界の名城での決戦となります。

 

その名も「世界五大名城決戦」です。

 

まずマリポーサーvsヘイルマンは、”ドラキュラ城”のモデルともなったルーマニアのブラン城での対戦が決まりました。

 

ヘイルマンが対戦相手だと決まったマリポーサーの反応は薄いですね……。

 

マリポーサーは、相手を冷静に判断する口数の少なめなキャラになったんでしょうか?

 

なんかまるで『王位争奪戦』で戦ったロビンマスクに似てきたような……。

 

さすがのマリポーサーは、到着したリングへの着地も華麗で軽やか!

 

そしてビッグボディvsギヤマスターは、中国の紫禁城に決まりました。

 

「ほ~~うオレの相手はお前かギヤマスター」と余裕な雰囲気で言うビッグボディの活躍に期待できそうですね!

 

ビッグボディの着地は「ズン!」と重量級!

 

さすがに便器に流されてた奴相手にビッグボディは負けないでしょう!(笑)これは勝つでしょう!

 

しかしギヤマスターも、小柄な超人だったベンキマンの次に相手するのが大柄なビッグボディとは……大変そうですね。(笑)

 

ビッグボディの巨体をジェノサイドギアで飲み込むのはかなり厳しそう……。

 

逆にビッグボディの力技でギアをこじ開けてツブされそうですね……。

 

ゼブラvsマリキータマンの模様あり超人対決は、イタリアのデルモンテ城に決まりました。

 

こちらのリングは八角形の「オクタゴン・リング」になっています。

 

技巧派のゼブラにピッタリな感じですね。

 

おそらくこのコーナーのロープを使って、マッスルインフェルノの前置きのゼブラがたくさんに見える!をやってくれることでしょう。(笑)

 

ただマリキータマンは背中にトゲが出てくるので、そう簡単にはマッスルインフェルノで背中に乗れそうにないですね……。

 

それにマッスルインフェルノで叩きつける壁もないのですが……コーナーポストにブチ当てるのかな?

 

城を見た瞬間のゼブラの反応も興味深いですね。

 

「フフフ・・・これは絶景だな」って。

 

しかしマリキータマンに「来たなお前がオレの次の獲物か」と言われ、「獲物となるのは貴様のほうだ虫ケラめ!」と言うゼブラの口の悪さが面白いですね。

 

ゼブラは悪口も平気で言う感じの淡々とした性格なんでしょうか?

 

再登場して早速キン肉マンをズッコケさせていましたからね。(笑)

 

またテントウ虫模様とゼブラの縞模様だけでなく、対戦場所の城の形もリングの形も八角形の美しい幾何学模様で構成されているので、「模様対決」でもありますね。

 

マリキータマンの「ロールシャッハ・ドット」によって、ゼブラの内に秘める「残虐」な精神も映し出されるのか?

 

クリーンファイターの「白/黒」姿と、残虐ファイターの「灰色/黒」姿の2面性(アンビバレンス)を持つゼブラがまた見れそうですね。

 

前回のカレクックの「見せかけだけの残虐ファイト」に対してゼブラの方は「本物の残虐ファイト」を見せてくれそうでもあります。

 

マリキータマンも「残虐ファイト」を得意とするみたいなこと言ってたので、これは「パンチ対決」に「模様対決」に「残虐ファイト対決」……と面白くなりそうな対戦で期待ですね!

 

そして主人公vs準ボスという組み合わせが面白くなりそうなキン肉マンvsパイレートマンは、旧ソ連の黒海沿岸のクリミア半島に位置する“スワローズネスト”に決定です。

 

こちらにはミート君もキン肉マンのセコンドについてきています。

 

今回のシリーズでは、前半の伏線でミート君のセコンドも重要なキーワードになってきそうなので、この辺もどうなることやら……。

 

しかしカナディアンマンの敵討ちをキン肉マンがやることになるとは!

 

てっきりスペシャルマンが出てきて……ってなるかな?と初めの頃は思ってましたが、スペシャルマンがパイレートマンに勝てる見込みは限りなくゼロでしょうからね。(笑)

 

そして大型超人のビッグボディがパイレートマンと対戦するのかな?と予想はしていたのですが、外れました。

 

今回のオメガ六鎗客の準ボスっぽいパイレートマンが相手では、『王位争奪戦』シリーズで噛ませ役だったビッグボディでは負ける確率も高くなってきますが(笑)さすがに主人公のキン肉マンならパイレートマンには勝てそうですね!

 

そして最後に『王位争奪戦』シリーズのボスだったスーパーフェニックスと今回の『オメガ・ケンタウリの六鎗客』のボスキャラであるオメガマン・アリステラとの対戦スーパーフェニックスvsアリステラは、日本の安土城跡に決まりました。

 

ここは現在、城跡しか残っておらず他の4つの城と違って「殺風景すぎたかな?」とスーパーフェニックスも言っているのですが、それに対してアリステラが「殺風景なものか!舞台としては上々だ。それに建物もしっかりと残っているからなぁ」と言います。

 

するとリングの下から、カラーじゃないのでよくわかりませんがおそらく黄金に輝く幻の名城安土城が表れます。

 

やはりスーパーフェニックスvsアリステラの対戦が今回の「オメガ・ケンタウリの六鎗客」シリーズでも一番の見所になりそうです!

 

スーパーフェニックス・チームの元チームメイトでもあったオメガマンの弟のディクシアはスパイだったようなので、その辺の因縁もあって話が盛り上がりそうです。

 

しかしアオリの言葉が「アリステラの野望」とは……完全に「信長の野望」じゃないですか!(笑)

 

またこれらの5つの名城は、それぞれ今回の『オメガ・ケンタウリの六鎗客』の5名と所縁のある地のようですので、そこら辺の繋がりも今後明かされていくことでしょう!

 

これで久々に復活した『運命の四王子』の対戦相手がすべて決まりました。

 

今回のシリーズも、面白くなっていきそうです!

 

 

追加でステッカーを作りました。

 

さて、せっかくなので以前iPadで描いた『運命の四王子』の絵をステッカーにして作っていたんですが……

 

 

 

 

【運命の四王子ステッカー!】

 

 

 

 

知り合いにあげてみたところ、好評頂いたので更に作ってみました。

 

iPadで描いたスーパーフェニックス、ビッグボディ、ゼブラ、マリポーサーの『運命の四王子』のステッカーを増版!

で、前回のステッカー制作では、背景が透明のものと白のものと2種類のステッカー用紙で作っていました。

 

その透明ステッカーで作った方を、iPadの裏面に貼っていたのですが……

 

運命の四王子ステッカーをiPadの裏面に貼った写真

とっても変な感じになっていました……。

 

これを今回は修正して、背景が白のバージョンで作り直したのを貼り直しました。

運命の四王子ステッカーをiPadの裏面に貼り直した写真

こちらの方がはっきりと『運命の四王子』の絵が見えて良くなりましたね。

 

 

今後の『運命の四王子』の活躍に期待!

 

これで今回のシリーズで復活した『運命の四王子』の対戦相手は全て決まりました。

 

スーパーフェニックスの対戦相手が、未知数のアリステラなのが少し心配ですが、他の3王子はさすがに勝ちそうですね。

 

ビッグボディの活躍が遂に見れるのも楽しみです!(笑)

 

なぜか復活後のビッグボディからは、強キャラみたいな雰囲気がガンガン出ていますからね。(笑)

 

今後もキン肉マンの新シリーズを見逃せません!

 

 

オリジナルLINEスタンプ『まめチキ君』『もじもじうさぎ もじたん』『陽気なサボテン・ムーチョ』販売中です。ぜひ買ってください。ガンガン使ってね。詳しくはこちらからご覧ください→
Comicの一覧に戻る

Related Articles

<スポンサーリンク>