カテゴリー:comic

2019/09/30

【キン肉マン第295話】できそこないと蔑ろにされてきた不幸な生い立ちを明かすオメガマン・アリステラ

【キン肉マン 第295話 業火のスープレックス!!の巻】の感想を書いたブログ記事のタイトル画像です。ついに『業火のクソ力』を発動させたキン肉マンソルジャーに対して、できそこないと蔑ろにされてきた不幸な生い立ちを明かすオメガマン・アリステラ。生まれ持った能力で念願の神超えを成し遂げるのか?

【キン肉マン 第295話 業火のスープレックス!!の巻】を読んだ感想です。

ついに『業火のクソ力』を発動させたキン肉マンソルジャー!フルメタル・ジャケッツの勝利も目前⁉

前回の【キン肉マン 第294話 火事場の荒療治!!の巻】の続きです。

 

【キン肉マン第294話】過去のトラウマを乗り越えろ!ブロッケンJr.の一大決心!

4週間……長かったですね……。

 

ようやく待ちに待ったこの日が来ました。

 

前回、オメガ・グロリアスのツープラトン『アンセンションギムレット』を、なんとか攻略したブロッケンJr.でしたが、反撃の技『ローレライの青碧雪崩(せいへきなだれ)もアリステラにはほとんど効き目がなかったように思われます。

 

むしろ怒ったアリステラの逆襲によりブロッケンJr.がピンチに陥りました。

 

疲れ切って動くことができないブロッケンJr.目掛けて、アリステラが強烈なラリアットを食らわせようとしたところ……ついにキン肉マン・ソルジャーが『真の力』を発動させて割り込んだところで終わっています。

 

『火事場のクソ力』を自分のものにしたいアリステラに対して、ソルジャーはどうやって対処するのか?

 

また『真の力』を発動させたソルジャーは、圧倒的なパワーでアリステラを倒すことが出来るのか?

 

<スポンサーリンク>



 

【キン肉マン 第295話 業火のスープレックス!!の巻】

厚く、そして熱い輝きでオメガの栄光を打ち破れ!

身動きの取れないブロッケンに強烈なラリアットを食らわせようとしたアリステラでしたが、ブロッケンを助けるためキン肉マン・ソルジャーが割って入りました。

 

しかもその全身は燃え盛るように光り輝いています!

 

アリステラのアイコン
アリステラ
もしや…この力は……!

 

キン肉マン・ソルジャーのアイコン
キン肉マン・ソルジャー
ああそうだ これがお前たちの見たがっていたもの

 

キン肉マン・ソルジャーのアイコン
キン肉マン・ソルジャー
業火のクソ力だ!

 

ついに『業火のクソ力』を発動させたソルジャー!

 

それは弟のキン肉マンの『火事場のクソ力』と同じキン肉族の特殊な力です。

 

キン肉マンのアイコン
キン肉マン
久々に見た あれが兄さんの…
業火のクソ力

 

別会場でモニター越しに試合を見ていたキン肉マンも、久しぶりに見る兄アタルの『業火のクソ力』に驚いている様子です。

 

再び場面はソルジャーとアリステラの闘いに戻ります。

 

アリステラがラリアットを解いた瞬間を見逃さず、そのままソルジャーはバックに回りドラゴン・スープレックスで叩きつけます。

 

しかしソルジャーの攻撃はこれだけではありません!

 

そのまま立方体浮遊リングの側面に移動して再びドラゴン・スープレックスで叩きつけます!

 

キン肉マン・ソルジャーのアイコン
キン肉マン・ソルジャー
ブロッケンお前はよくやった
ここからはオレの仕事だ後退しろ!

 

ここからは自分に任せろ!とソルジャーはブロッケンに言います。

 

ブロッケンJr.のアイコン
ブロッケンJr.
だが隊長…その力を使うのは…

 

アリステラの狙いである『業火のクソ力』を発動させたことを危惧するブロッケンでしたが……

 

キン肉マン・ソルジャーのアイコン
キン肉マン・ソルジャー
構わん!持てる力は全て使わねば
コイツらは倒せん!

 

これまでの闘いでソルジャーは、オメガ・グロリアスの2人を『真の力』なくして勝てるような相手ではないと感じているのでしょう。

 

マリキータマンのアイコン
マリキータマン
キャミャーッ

 

隙を見てマリキータマンがアリステラの救出に入ります。

 

しかしソルジャーは、マリキータマンのカットも一蹴します。

 

ソルジャーの左キックを食らい、立方体浮遊リングの上部のメインリングに吹っ飛ばされるマリキータマン……。

 

ソルジャーもキックを放った勢いのままメインリングに着地します。

 

ソルジャーの必殺のドラゴン・スープレックス二連弾を浴びたアリステラは、そのままリングから落ちていきます。

 

このまま勝負は決まってしまうのか?

 

 

今明かされる、アリステラの生い立ちと生まれ持った特殊能力

ガシッ!

マリキータマンのアイコン
マリキータマン
アリステラ!

 

アリステラのアイコン
アリステラ
ああ…オレなら大丈夫

 

立方体浮遊リングの側面から垂れ下がるロープに捕まり落下を防いだアリステラは、ソルジャーの待つリングに戻ります。

 

リング内に戻ったアリステラは、すぐにソルジャーに襲い掛かり、両雄再びリング中央でガップリと組み合います!

 

ほぼ互角の力比べの中、アリステラはついに『業火のクソ力』を己のモノとし神を超える日が来たことを喜びます。

 

「オレはそれを止めに来た!」とソルジャーは言い返します。

 

2人は組み合いながら会話を始めました。

 

ソルジャーはここに来る前に「残虐の神」からアリステラに関する粗方の情報を聞いてはいましたが、しかしアリステラの本質はそれだけではないようです。

 

どうやらアリステラがオメガ最後の希望と呼ばれるのには、その「生い立ち」に秘密があるようです。

 

キン肉マン・ソルジャーのアイコン
キン肉マン・ソルジャー
生い立ちだと?

 

今でこそ一族を率いる立場のようですが、アリステラは生まれ持っての8,600万パワーではなかったようです。

 

アリステラの回想によると……

 

弟ディクシアと双子の兄弟として生まれたオメガマン達でしたが、弟のディクシアが生まれながらに一族の最高値である8,600万パワーを持っていたのに対して、アリステラはキン肉マンと同じ『95万パワー』しか持っていなかったと話します。

 

今回は『95万パワー』しか持っていないことを知った時の幼少期のアリステラの姿をいつものiPad絵で描いてみました。

【キン肉マン 第295話 業火のスープレックス!!の巻】より できそこないと蔑ろにされてきた不幸な生い立ちを明かすオメガマン・アリステラが幼少期に自分には『95万パワー』しか備わっていなかったことを知りショックを受ける姿の絵をiPadで描きました。その画像です。

 

更にディクシアは、見たモノに姿を変えることが出来る変身能力『Ω・メタモルフォーゼ』を生まれながらに使うことが出来ました。

 

アリステラにはこの変身能力は備わっていないようです。

 

超人強度だけでなく特殊能力でも劣るアリステラは、次第に一族内でも冷遇されることになります。

 

誰もアリステラには期待せず、ディクシアをオメガの宗家を継ぐべき人材として育てられるようになっていきます。

 

できそこないと蔑ろにされて不幸な日々を過ごしていたある日、アリステラを真正面から馬鹿にして殴りつける輩が現れました。

 

そのことに我慢できなかったアリステラはついにキレてフォーフィンガー・スプラッシュで相手を倒してしまいます。

 

本来ならその相手にすら勝てるはずのなかったアリステラなのですが、その後身体に異常がないか健康診断を受けて確認することとなります。

 

その際に医師がアリステラの超人強度を測定してみると……なんと『500万パワー』に成長していたのでした!

 

超人強度は生まれながらに不変であるというこれまでの常識を覆すようなことが起こりました。

 

アリステラは生まれながらに「闘いの中で対戦相手の強さに合わせて超人強度を成長させる能力」を持っていたのです。

 

この能力でソルジャーの『業火のクソ力』を自分のモノとし、神を超えるのがアリステラ最大の目的です。

 

このままアリステラは悲願の神超えを成し遂げてしまうのか?

 

 




 

 


 

 

以上が今週のキン肉マン『第295話 業火のスープレックス!!の巻』でした。

 

次回296話の更新は1週間後の10月7日(月)のようです。

 

今回は1週間後にすぐ続きが読めます。

 

さすがに4週間は長かったですから……。

 

しかし今回も闘いに関しては、ほとんど進まなかったです。

 

スーパーフェニック戦の時のように、またしてもアリステラの回想シーンが挿入されました。

 

でもアリステラとディクシアの幼少期や、2人の両親が登場したのは見所でした。

 

アリステラとディクシアの2人は、赤ん坊の頃からオメガハンドが付いているのですが、父親にはオメガハンドが付いていなかったですよね⁉

 

王であれば付いているんじゃないのかな?

 

この辺はよくわかりませんね……。

 

またスーパーフェニック戦でもなんとなくわかっていたアリステラの能力が、今回アリステラ自身によってちゃんと説明が付け加えられました。

 

やはり闘いの中で対戦相手の超人強度に合わせるというチートな能力なんですね。

 

そして今回アタルが使った力は、やはり『火事場のクソ力』とは呼ばず旧作通りに『業火のクソ力』と言及されていました。

 

このまま『業火のクソ力』もアリステラの能力に吸収されてしまうのか?今後の展開が面白くなりそうです。

 

僕の勝手な予想なのですが……もしかしたらこのままソルジャー達は負けるんじゃないかな?と思えてきました。

 

アリステラがここで負けてはオメガ編もあっさり終わってしまいそうですからね。

 

今回のソルジャーの『業火のクソ力』状態でのドラゴン・スープレックス二連弾を受けてもノーダメージの様でした。(ついに立方体浮遊リングが活かされた!笑)

 

アリステラにはこれまでのどの攻撃も通用していなくってノーダメージの状態です。

 

マリキータマンですら『ドリル・ア・ホール・キャノンドライバー』で頭部に少しヒビが入った程度です。

 

このままではフルメタル・ジャケッツの勝利が見えてきません。

 

それとアリステラはキン肉マンとも対戦するんじゃないのかな?と思いました。

 

アタルの『業火のクソ力』を手に入れるも、キン肉マンの『火事場のクソ力』の第三段階によって負けてしまう……という勝手な予想です。

 

といっても、僕は以前にもスーパーフェニックが勝つ!と言ったり、ソルジャーのタッグパートナーはネプチューンマン!と言って予想を外しまくっていますので、この予想も確実に外れると思います。(笑)

 

でもまぁ僕のような素人程度が考えたストーリー展開なんて外れてもらった方が良いのかもしれませんよね。

 

誰もが予想できなかったようなあっと驚くような展開がこの後に待ち構えていることを期待しましょう!

 

それではまたこのブログを読みに来てください。

 

 

 

 

そういえば今週はついにマリキータマンが「キャミィ」以外の言葉を発しました!(笑)

 

 

 

<スポンサーリンク>



 

他に関連するお勧め記事

 

【オメガ・ケンタウリの六鎗客編】を読んだ感想を書いたブログ記事をまとめました。
Comicの一覧に戻る
<関連コンテンツ>
オリジナルLINEスタンプ『まめチキ君』『もじもじうさぎ もじたん』『陽気なサボテン・ムーチョ』販売中です。ぜひ買ってください。ガンガン使ってね。詳しくはこちらからご覧ください→

Related Articles

Quick Category

  • カテゴリー:Music
  • カテゴリー:Movie
  • カテゴリー:Book
  • カテゴリー:Travel
  • カテゴリー:Diary
  • カテゴリー:Work
  • カテゴリー:Guitar
  • カテゴリー:Live
  • カテゴリー:Comic