カテゴリー:comic

2019/08/24

『ジョジョの奇妙な冒険』に登場する敵キャラでデザインがかっこいいと思うスタンド20選

『ジョジョの奇妙な冒険』に登場する敵キャラでデザインがかっこいいと思うスタンド20選をご紹介したブログ記事のタイトル画像です。

『デザインが好きなジョジョのスタンド』20選!

ジョジョに登場するデザインがかっこいいと思うスタンドを20体選んでみました。

今回は僕の好きな人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』についてです。

 

今回初めてこのブログでジョジョに関する記事を書くに辺り、物語に登場する魅力的な能力『スタンド』について取り上げてみたいと思います。

 

そしてジョジョの漫画内に登場する数多い『スタンド』の中で、僕自身がデザイン性が高く見た目がかっこいいな~と思ったキャラを20体選んでみました。

 

 

 

<スポンサーリンク>



 

 

 

『スタンド』の魅力とは?

 

ジョジョに登場する『スタンド』とは、超能力を具現化したようなものだと思います。

 

『スタンド』とは、才能のある人間が1人辺り1体出現する背後霊のような能力です。

 

この『スタンド』は、同じ能力を使える人間『スタンド使い』にしか見ることのできない形あるものです。

 

『スタンド使い』ではない一般人には見ることができません。

 

また『スタンド』には、それぞれに個性的な能力があります。

 

1体の『スタンド』につき1つの能力が備わっているのですが、たまに『スタンド』自体が成長して能力が変わったり、どう考えても3つぐらい能力がありそうな『スタンド』もいたりします……。

 

その辺は気にしてはいけません⁉(笑)

 

X-MENでいうところの『セカンド・ミューテイション』みたいなものでしょうか?

 

さて、『スタンド』個々の能力や『スタンド使い』の人格もこの漫画の魅力ではあるのですが……僕が一番ジョジョという漫画に興味を持ったのは、スタンドのキャラデザインです。

 

どれも読者の印象に残るような個性的なデザインが施されています。

 

第3部で初めて登場した『スタンド』は、現在連載中の第8部『ジョジョリオン』でも引き続き新たなキャラが登場しています。

 

これまでの約30年近くで100体以上のスタンド・デザインが登場しているのですが……

 

今回初めてこのブログでジョジョを取り扱うにあたって、僕が好きなスタンドのデザインを20体に絞ってご紹介したいと思いました。

 

しかもどれも敵キャラの『スタンド』ばかりです。




ジョジョは敵キャラのデザインがかっこいい⁉

ジョジョには魅力的な敵キャラがたくさん登場します。

 

これは僕の好みなのですが……味方キャラよりも敵キャラの方が『スタンド』のデザインがかっこいいものが多いと思います。

 

特に各部のラスボスの『スタンド』デザインは気合が入っていて、どれも強そうでかっこいいものばかりです!

 

もちろん雑魚キャラでもかっこいいデザインのものも多くいます。

 

しかしそんなかっこいいデザインの『スタンド』でも、雑魚キャラの場合は数話で使い捨てされることがほとんどです……。

 

こだわりの感じられるかっこいいデザインでも使い捨てするという荒木先生のその姿勢に「シビれる!あこがれるゥ! 」と感じますが、しかし僕のような素人からしたら、せっかくのデザインがとてももったいなく感じてしまいます……。

 

そこで今回、僕の好きな敵キャラのスタンド20選でも、『雑魚キャラだけどもかっこいいスタンド!』もいくつか選んでいます。

 

ぜひ今回のブログ記事を読んで「そういや~こんなスタンドいたよな~。」とか「よく見るとかっこいいデザインだったんだな~。」と古くからのジョジョラーの人に思い出してもらえたら……

 

また最近ジョジョを知った新規のファンの方にも「過去の部にはこんなかっこいいデザインのスタンドがいたんだ!」と知ってもらえれば……と思います。

 

ちなみにせっかくこのブログでご紹介するので、自分の特技と合わせてご紹介したいと思いました。

 

それはキン肉マンや『iPadで描くブルースの偉人シリーズ』でいつも描いている僕のiPad絵です。

 

今回選んだ敵キャラのスタンド20体もiPadで絵を描いてみました。

 

そのiPad絵と共に、かっこいいと思う『スタンド』のデザインをご紹介したいと思います。

 

ご紹介する順番は、絵を描いていった順番で掲載していきたいと思います。

 

一応、第3部~第8部の各部から必ず1体は選んでいます。

 

約1週間かけて20体描いていったのですが、途中からコツを掴めたのか?微妙に画力が上がっていると思います。

 

最初の方はヘタですが……画力のアップと共にご覧になってください。(笑)

 

それでは『デザインが好きなジョジョのスタンド』20選のご紹介です!

 

※ここに掲載しましたイラストの無断使用や無断転載はご遠慮ください。

 

 

 

個人的にデザインがかっこいいと思うスタンド20選

『デザインが好きなジョジョのスタンド』① ホワイトスネイク

『デザインが好きなジョジョのスタンド』① ホワイトスネイクのiPad絵の画像です。

『ジョジョの奇妙な冒険』に登場するスタンドで能力や本体のキャラクターに関係なく、単にデザインが好きなスタンドを選んで描きました。

 

まず最初は最も好きなデザインの『ホワイトスネイク』を描いてみました。

 

ホワイトスネイクは、ジョジョ第6部【ストーンオーシャン】よりラスボスのプッチ神父のスタンドです。

 

敵の能力をCDのようなディスクに封じ込めて保管する能力を持っています。

 

SMぽいキモカッコいいデザインが好きです。

 

ストーンオーシャンでも最初の方に出てきた瞬間に「このデザインはラスボスっぽいな⁉」と僕は感じました。

 

不気味な登場シーンもとても印象に残りました。

 

よく見ると体の柄に抱えている模様は「G△CT」と書かれていますね。

 

何故ガクト??

 

この絵を一番最初に描いたのですが、今見るとヘタでしたね……。

 

でも当初は、あまり描く時間を掛けずにこんな感じの画風でササッと全て描くつもりでした。

 

それがいつの間にか……続きを確認してみてください。(笑)

 

せっかくですので色を塗る前の下絵も載せていきたいと思います。

『デザインが好きなジョジョのスタンド』① ホワイトスネイクのiPad絵の下絵の画像です。

キャラデザインもそうなのですが、色を塗る際に荒木先生のカラーリングのセンスを感じました。

 

アニメ版やカラーの電子書籍版を参考にして色を塗ってみたのですが、これまで白黒の紙面では知ることのできなかった意外なカラーリングに驚いたのもいくつかありました。

 

しかしそのどれもがスタンドの個性を表していてさすがだな~と感じます。

 

『デザインが好きなジョジョのスタンド』② クリーム

『デザインが好きなジョジョのスタンド』② クリームのiPad絵の画像です。

ジョジョ第3部【スターダストクルセイダース】より、DIOの側近ヴァニラアイスのスタンド『クリーム』を描きました。

 

『クリーム』の口の中は亜空間に繋がっていて、全ての物を飲み込むことが出来る凶悪な能力を持っています。

 

中に吸い込まれたものは、本体のヴァニラアイスですらどこに消えてしまったのか?わからないようです。

 

こういった全てを飲み込むスタンド能力の高さもありますが、何よりも死神っぽい不気味なデザインが好きです。

 

ちなみに闘いの際には、自分自身を足から飲み込んで背景と同化して透明の球体となって襲ってくる最強クラスの攻撃方法で仕掛けてきます。

 

なぜか飲み込んだ自分自身は亜空間に消えてしまわないようです。

 

絵を描く際は足を飲み込んでいる部分を描くのが大変でした……。

 

『デザインが好きなジョジョのスタンド』② クリームのiPad絵の下絵の画像です。

『デザインが好きなジョジョのスタンド』③ ブラックサバス

『デザインが好きなジョジョのスタンド』③ ブラックサバスのiPad絵の画像です。

 

ジョジョ第5部【黄金の風】より、ポルポのスタンド『ブラックサバス』を描きました。

 

『ブラックサバス』は、影から影へと移動して口の中にある矢で相手を突き刺す能力を持っています。

 

遠隔自動操縦のスタンドで、獄中で身動きが取れないポルポの意志に関係なく「あるスイッチ」が入ると自動的に対象者を襲います。

 

その「あるスイッチ」とは、ポルポから渡されるライターの火で、この火を消してしまうとブラックサバスが登場して襲い掛かります。

 

口の中から出てくる矢は、才能あるものが刺された場合はスタンド能力を開花させ生き残るとが出来るのですが……才能ないものであれば無残な死を迎えます。

 

この能力によって自身が所属するギャング団『パッショーネ』が都合よく使えそうなスタンド使いを作り出しているようです。

 

恐ろしい面接官と言ったところですね……。

 

デザイン的には、中世ヨーロッパの裁判官風の出で立ちに感情のない冷たいロボットのような顔がかっこいいです。

 

太っちょのポルポのだらしない見た目からしたら、やけにかっこいいスタンドのビジョンだったので初登場時はギャップに驚きました!(笑)

 

『デザインが好きなジョジョのスタンド』③ ブラックサバスのiPad絵の下絵の画像です。

 

『デザインが好きなジョジョのスタンド』④ デス・サーティーン

『デザインが好きなジョジョのスタンド』④ デス・サーティーンのiPad絵の画像です。

ジョジョ第3部【スターダストクルセイダース】より、マニッシュボーイのスタンド『デス・サーティーン』を描きました。

 

『デス・サーティーン』は、天才的な頭脳を持つ赤ん坊マニッシュボーイが発動させるスタンドで、その能力は眠ってしまって夢の中にいる者を襲うというものです。

 

夢の中では相手のスタンドを無力化したり、何でもあり!な恐ろしい能力ではありますが……相手がスタンドを発動させたまま眠ってしまったら夢の中でもスタンドが使えるようになります。

 

そうなると『デス・サーティーン』そのものは、そこまで強くないようで夢の中でさえ相手のスタンドに圧倒されてしまい負けることになります。

 

デザイン的には、死神のようなピエロのような不気味さが好きです。

 

この辺りから僕のiPad絵も影を入れて立体的に描けるようになってきました。

 

『デザインが好きなジョジョのスタンド』④ デス・サーティーンのiPad絵の下絵の画像です。

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑤ キング・クリムゾン

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑤ キング・クリムゾンのiPad絵の画像です。

ジョジョ第5部【黄金の風】より、ギャングのボス、ディアボロのスタンド『キング・クリムゾン』を描きました。

 

『キング・クリムゾン』は、起こりうる近未来を予測して自分の都合の良い様に消し飛ばす能力を持っています。

 

時間が消し飛ばされたことは、周りの誰にも記憶が残らずディアボロのみが消し飛ばした時間の中も行動できます。

 

消し飛ばされた時間の記憶は残りませんが、注意深い人物であれば異変に気付くことは出来るようです。

 

自分に都合の悪い近未来を消し飛ばして「なかったこと」に出来る上に、攻撃力もあるまさにラスボスに相応しい強力なスタンドです。

 

ネーミングの元となったロックバンドのキングクリムゾンのアルバムジャケットの絵みたいなデザインもかっこいいですね。

 

ちなみに僕自身もメロンの網目みたいなデザインを描いている間の記憶がありません……恐らく時を飛ばされたのでしょう。

 

「おまえには描いたことを後悔する時間をも……与えんッ!!」

 

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑤ キング・クリムゾンのiPad絵の下絵の画像です。

 

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑥ グリーン・グリーン・グラス・オブ・ホーム

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑥ グリーン・グリーン・グラス・オブ・ホームのiPad絵の画像です。

ジョジョ第6部【ストーンオーシャン】より、緑の赤ちゃんのスタンド『グリーン・グリーン・グラス・オブ・ホーム』を描きました。

 

『グリーン・グリーン・グラス・オブ・ホーム』は、近づけば近づくほどその者の身長を半分にして近寄らせない能力を持っています。

 

恐ろしいのがこのスタンド能力が発動している状態で高所から飛び降りたとしたら……「永遠に落ち続ける」という無限ループ地獄に陥ることになります。

 

僕も描いているときに絵が完成に近づけば近づく程に、やる気が半分になり到達できないかと思いました……。

 

デザイン的には、両肩にジェットエンジンが付いた見た目がかっこよかったです。

 

始めてこのデザインを見た時は、てっきり風を利用して相手を吹き飛ばす能力だと僕は勘違いしました。

 

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑥ グリーン・グリーン・グラス・オブ・ホームのiPad絵の下絵の画像です。

 

ちなみに”Green Green Grass Of Home”は、トム・ジョーンズの曲で「思い出のグリーングラス」という邦題が付けられています。

 

 

 

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑦ ザ・グレイトフル・デッド

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑦ ザ・グレイトフル・デッドのiPad絵の画像です。

ジョジョ第5部【黄金の風】より、プロシュート兄貴のスタンド『ザ・グレイトフル・デッド』を描きました。

 

『ザ・グレイトフル・デッド』は、老化ガスをまき散らして敵を衰弱させることが出来るの能力です。

 

恐ろしいのが、自分以外の周囲を巻き込んで大惨事を起こさせることが出来る点です。

 

自分自身は老化の影響を受けませんが、姿を隠すために自由に老化したり若返ったり……と自分には都合よく作用するようです。

 

老化ガスは無差別というわけではなく、体温/温度の高い者から先に老化させていきます。

 

なので、男性よりも体温の低い女性の方が老化のスピードが遅かったり、氷を持って身体を冷やしておけば老化のスピードを落とすことが出来ます。

 

といっても、老化現象が止まるわけではなく、本体であるプロシュートを倒すか、射程範囲内から逃れる以外に老化を防ぐことは出来ません。

 

デザイン的には、本家デッドの名盤『In the Dark』のアルバムジャケットの目のデザインを活かしたスタンドデザインが上手いですよね。

 

 

 

また下半身がないという斬新なデザインも素晴らしい!

 

ここでプロシュート兄貴の名セリフを引用してみたいと思います。

 

「絵を描く」……そんな言葉は使う必要がねーんだ
なぜならオレやオレたちの仲間は、その言葉を頭に思い浮かべた時には!
実際に絵を描いちまって、もうすでに終わってるからだッ!
だから使った事がねェ―――ッ

 

 

「絵を描く」と心の中で思ったならッ!
その時スデに行動は終わっているんだッ!

 

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑦ ザ・グレイトフル・デッドのiPad絵の下絵の画像です。

 

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑧ アトゥム神

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑧ アトゥム神のiPad絵の画像です。

ジョジョ第3部【スターダストクルセイダース】より、テレンス・T・ダービー(ダービー弟)のスタンド『アトゥム神』を描きました。

 

『アトゥム神』は、テレンス・T・ダービーが得意なTVゲームで負けた相手の魂を抜き取る能力を持っています。

 

このスタンドが登場した辺りからメカっぽいデザインが増えていったように思います⁉

 

ハートのデザインが可愛かったりします。(笑)

 

このハートのモチーフは、その後『ザ・ワールド』や『クレイジーダイヤモンド』にも活かされていくことになります。

 

絵を描いている際に、僕の頭の中に何やら呟く声が聞こえてきました……。

 

「ひ……ひと思いに右で……描いてくれ」
「ひ……左?」
「り……両方ですかぁ~」

YES!YES!YES!

“OH MY GOD!”

 

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑧ アトゥム神のiPad絵の下絵の画像です。

 

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑨ エニグマ

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑨ エニグマのiPad絵の画像です。

ジョジョ第4部【ダイヤモンドは砕けない】より、宮本輝之輔のスタンド『エニグマ』を描きました。

 

今回のジョジョ絵の9番目はエニグマにしました。

 

ちなみにユダヤ神秘主義において「9」という数字は「宇宙」を表します。

 

『エニグマ』は、恐怖のサインを見つけ出し、恐怖した相手を紙の中に収納する能力を持っています。

 

デザイン的には、ハテナマークが散りばめられた謎を呼ぶ見た目がその能力の難解さを表しているようです。

 

本当にエニグマは謎だ⁉

 

なぜだかこの絵を描いていると、鎌倉カスター食べたくなっりました。

 

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑨ エニグマのiPad絵の下絵の画像です。

 

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑩ クラフト・ワーク

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑩ クラフト・ワークのiPad絵の画像です。

ジョジョ第5部【黄金の風】より、暗殺チームの一員サーレーのスタンド『クラフト・ワーク』を描きました。

 

『クラフト・ワーク』は、触れた物を固定する能力を持っています。

 

カラーはアニメ版ではなく電子書籍版に合わせました。

 

目の部分の入り組んだデザインがかっこいいです。

 

この絵を描くってことは……「うおおおアレを狙ってるのかッ!」

 

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑩ クラフト・ワークのiPad絵の下絵の画像です。

 

 

 

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑪ ジャッジメント

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑪ ジャッジメントのiPad絵の画像です。

ジョジョ第3部【スターダストクルセイダース】より、カメオのスタンド『ジャッジメント』を描きました。

 

『ジャッジメント』は相手の望みを泥で作って実現させるように見せかけて襲い掛かる能力です。

 

ポルナレフの走馬灯にまで出てくる印象的でお茶目なスタンドでもあります。(笑)

 

こういったメカ系のスタンドのデザインが好きなので細かいところまで頑張って描いてみました。

 

「絵を描いてやろう!おまえの望む絵を3ついえッ!Hail 2U!(君に幸あれ!)」

 

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑪ ジャッジメントのiPad絵の下絵の画像です。

 

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑫ アンダーワールド

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑫ アンダーワールドのiPad絵の画像です。

ジョジョ第6部【ストーンオーシャン】より、DIOの息子ドナテロ・ヴェルサスのスタンド『アンダーワールド』を描きました。

 

『アンダーワールド』は、地面に起こった過去の出来事を記録して、掘り起こしてその場でもう一度再現するような能力を持っています。

 

よく見ると目の部分が吸盤の付いた管のようなもので繋がっていて面白いデザインです。

 

スタンド名はアンダーワールドですが、右胸のマークはどこかレッチリぽいですね。

 

この絵を描いているときにふと思ったのですが……「ヴェルサスには本当に幸せになって欲しいものだ。」

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑫ アンダーワールドのiPad絵の下絵の画像です。

 

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑬ イン・ア・サイレント・ウェイ

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑬ イン・ア・サイレント・ウェイのiPad絵の画像です。

ジョジョ第7部【スティール・ボール・ラン】より、サンドマンのスタンド『イン・ア・サイレント・ウェイ』を描きました。

 

マイルス・デイヴィスがジャズとロックを融合させた名盤『In A Silent Way』と同じ名前を持つ『イン・ア・サイレント・ウェイ』は、擬音を実物化させる能力を持ってます。

 

例えば「ジュウゥゥ」という擬音を作ればそこから熱を出し、『バキッ』という音であれば衝撃を与えることができます。

 

デザイン的には、骸骨の顔にインディアン風の服装に、見るからに渋いデザインがかっこいいです。

 

でも出来れば『エコーズ』と似たような音を出す能力じゃなくって、このデザインに合ったもっと残虐な能力を使って欲しかったと思います。。

 

何ならラスボスのスタンドデザインでも良かったのに……。

 

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑬ イン・ア・サイレント・ウェイのiPad絵の下絵の画像です。

 

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑭ プラネット・ウェイブス

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑭ プラネット・ウェイブスのiPad絵の画像です。

ジョジョ第6部【ストーンオーシャン】より、看守ヴィヴァーノ・ウエストウッドのスタンド『プラネット・ウェイブス』を描きました。

 

『プラネット・ウェイブス』は、自分の周りに小さな隕石を落とす能力です。

 

自身は隕石を食らっても無傷なのですが、隕石の当たった相手には大ダメージを与えることが出来る強力な能力でもあります。

 

連載中の漫画の中では最初は『アース・ウィンド・アンド・ファイアー』というスタンド名が付けられていましたが、いつの間にかその名前は支倉未起隆のスタンド名に代わっていましたね。

 

標本のような人体の不思議店のような皮膚のないデザインがかっこいいです。

 

進撃の巨人ではないです。(笑)

 

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑭ プラネット・ウェイブスのiPad絵の下絵の画像です。

 

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑮ グリーン・デイ

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑮ グリーン・デイのiPad絵の画像です。

ジョジョ第5部【黄金の風】より、外道チョコラータのスタンド『グリーン・デイ』を描きました。

 

『グリーン・デイ』は腐食性のカビをまき散らす能力です。

 

しかもカビの射程範囲は広いようで、町全体に影響を及ぼす程です。

 

このカビも発動条件があって、下に行けば行くほどカビが早く生えます。

 

逆に上に登ればカビの腐食が止まるようです。

 

デザイン的には、サボテンのような身体にカビを放出するための管が付いた奇妙な見た目がかっこいいです。

 

この絵を描いていると……「3個か?ジョジョ絵を3個描いてほしいのか?3個……イヤしんぼめ!!」と言いたくなりました。(笑)

 

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑮ グリーン・デイのiPad絵の下絵の画像です。

 

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑯ ビタミンC

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑯ ビタミンCのiPad絵の画像です。

ジョジョ第8部【ジョジョリオン】より、石人間の田最環のスタンド『ビタミンC』を描きました。

 

『ビタミンC』は、触れた物をドロドロに溶かす能力を持っています。

 

しかも自身の指紋を残しておけば、その指紋に触れた相手も溶かすことが出来ます。

 

直接相手に触れられなくっても、マーキングのように指紋で罠を仕掛けることも出来るという、なかなか卑怯な能力を持っています。

 

“C”の文字と手の形をモチーフに構成された魔導士のようなデザインが素晴らしいですね!

 

「ジョジョ絵は複合的だ 繋がってて動機や目的がひとつだけとは限らない」と、どこからか聞こえてきました⁉

 

ヤッベ!iPadに指紋が付いちゃった……。

 

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑯ ビタミンCのiPad絵の下絵の画像です。

 

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑰ キラークィーン

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑰ キラークィーンのiPad絵の画像です。

ジョジョ第4部【ダイヤモンドは砕けない】より吉良吉影のスタンド『キラークィーン』を描きました。

 

『キラークィーン』は、触れた物をスイッチ式の爆弾に変えるの能力を持っています。

 

爆弾と化した物は、吉良吉影の好きなタイミングでスイッチを入れて爆破することができます。

 

しかし1回に付き1つしか爆弾に変えることができません。

 

同時に2つ以上は爆弾に変えられないため次の爆弾を作るには、その前に作った爆弾を爆破するか解除しなくてはいけません。

 

もう1つ、左手から自動追跡型の爆弾『シアーハートアタック』を出したり、吉良吉影自身が成長して自分に起こった都合の悪い時間を消し飛ばし過去に戻る能力『バイツァ・ダスト』を発現させたり……どう考えても3つぐらい能力があるように感じますが……気にしてはいけません!(笑)

 

デザイン的には、にゃんこのような姿なのに残虐なスタンドなのが何ともよく出来ています。

 

また皮手袋に皮パンに皮ブーツと……後のホワイトスネイクに繋がるSM路線です。

 

『キラークィーン』は静かに描きたい……。

 

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑰ キラークィーンのiPad絵の下絵の画像です。

 

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑱ ダーティ・ディーズ・ダン・ダート・チープ

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑱ ダーティ・ディーズ・ダン・ダート・チープのiPad絵の画像です。

前回のネコちゃん(キラー・クィーン)に引き続き、今回はウサちゃんです。

 

ジョジョ第7部【スティール・ボール・ラン】より、ファニー・ヴァレンタイン大統領のスタンド『ダーティ・ディーズ・ダン・ダート・チープ(D4C)』を描きました。

 

D4Cは、別次元を行き来する能力を持っています。

 

しかし自由に行き来できるのは、能力を有する大統領のみで別次元に連れ去った相手は元の世界に戻ることが出来ません。

 

また大統領以外の他の者は、別次元の自分自身に出会ってしまうとお互いがくっついて消滅することになります。

 

大統領自身は同時に何人も存在することができます。

 

そのため1人の大統領が倒されても、その他の次元の大統領が意思を引き継ぐという『強い意志と目的』を持った者だけが使いこなせる非道な能力です。

 

デザイン的には、シンプルな見た目なのにかっこいいのがD4Cのえげつないところ!

 

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑱ ダーティ・ディーズ・ダン・ダート・チープのiPad絵の下絵の画像です。

 

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑲ C-MOON

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑲ C-MOONのiPad絵の画像です。

ジョジョ第6部【ストーンオーシャン】より、プッチ神父のスタンドの『ホワイトスネイク』の進化系『C-MOON』を描きました。

 

『C-MOON』は、本体の神父を中心に重力が逆転する能力を持っています。

 

『C-MOON』の攻撃を受けると、その部分が裏返ってしまうのですが……もう1度同じ場所に攻撃を受けると更に逆転して元に戻します。

 

そのため『C-MOON』の攻撃は、必ず1回だけで止めておかなければ意味がなくなります。

 

デザイン的には、より凶悪なデザインになっていてかっこいいです。

 

体の柄に抱えている模様の「G△CT」はそのままに、『ホワイトスネイク』が被り物をしたような形態ですね。

 

連載時に初見で見た時の不気味さも今だに印象的です。

 

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑲ C-MOONのiPad絵の下絵の画像です。

 

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑳ ザ・ワールド

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑳ ザ・ワールドのiPad絵の画像です。

 

ジョジョ第3部【スターダストクルセイダース】より、DIOのスタンド『ザ・ワールド』を描きました。

 

このシリーズでは、敵キャラのスタンドで好きなデザインを20体描きましたが、最後となる今回はやはりDIOのスタンド『ザ・ワールド』にしました。

 

 

『ザ・ワールド』は、数秒時間を止めることが出来るという最強の能力を持っています。

 

止まった時間の中を動けるのは、DIO自身か同じ能力を持った者だけになります。

 

まさに世界を支配する王者に相応しい能力です!

 

しかしジョジョのラスボスキャラのスタンド・デザインはどれもかっこいいものばかりですね。

 

いかにもラスボスな強敵感溢れるデザインが最高です。

 

当時連載中に初めて登場した時は衝撃的でした!

 

その衝撃のシーンを参考に初登場時の『ザ・ワールド』を描いてみました。

 

ちなみに手の甲に時計のマークが付いているのですが、実は初登場の時から『時を止める』能力のヒントが示されていたんですね。

 

『デザインが好きなジョジョのスタンド』⑳ ザ・ワールドのiPad絵の下絵の画像です。

 

無駄無駄無駄無駄ァ~~WRYYYYY~~~!!!!

 

 

 

これで20体全てになります。

 

※ここに掲載しましたイラストの無断使用や無断転載はご遠慮ください。

 

 

 

以上、【『ジョジョの奇妙な冒険』に登場する敵キャラでデザインがかっこいいと思うスタンド20選】でした。

 

今回は僕がかっこいいと思う敵キャラのスタンドを20体ご紹介しましたが、今後もこのブログでは別のテーマでジョジョについて書いてみたいと思います。

 

それではぜひまたこちらのブログを読みに来てください。

 

 

<スポンサーリンク>



 

他に関連するお勧め記事

 

【オメガ・ケンタウリの六鎗客編】を読んだ感想を書いたブログ記事をまとめました。
観終わった後に不快な気分になる⁉胸糞悪い映画10選
プリンスのおすすめアルバム7選‼
Comicの一覧に戻る
<関連コンテンツ>
オリジナルLINEスタンプ『まめチキ君』『もじもじうさぎ もじたん』『陽気なサボテン・ムーチョ』販売中です。ぜひ買ってください。ガンガン使ってね。詳しくはこちらからご覧ください→

Related Articles

Quick Category

  • カテゴリー:Music
  • カテゴリー:Movie
  • カテゴリー:Book
  • カテゴリー:Travel
  • カテゴリー:Diary
  • カテゴリー:Work
  • カテゴリー:Guitar
  • カテゴリー:Live
  • カテゴリー:Comic