カテゴリー:comic

2020/07/13

【キン肉マン第316話】『オメガ・ケンタウリの六鎗客編』完結‼ついにわかりあえたキン肉マンとアリステラ

【キン肉マン 第316話 超人と“オメガの未来”!!の巻】を読んだ感想です。

『オメガ・ケンタウリの六鎗客編』完結!しかし”調和の神”達は既に地上へやってきていた!?

前回の【キン肉マン 第315話 ソルジャーの決意表明!!の巻】の続きです。

 

【キン肉マン第315話】次なる敵は天界の神々!カピラリアの欠片を守る闘いが始まる!?

ザ・マンによると”調和の神”を中心とした超人を[殺す方の勢力]は、今後自ら下天して襲い掛かってくるだろうと話します。

 

そのことに動転したキン肉マンを鎮めるようにその場に現れたのは、現代の完璧超人を代表するネメシスとネプチューンマンの2人でした。

 

ザ・マンが所有する『カピラリアの欠片(ピース)』は、彼ら完璧超人たちが守り抜くことを宣言します。

 

しかしそれ以外にも『カピラリアの欠片』が5つも地上に存在していることをネメシスが指摘します。

 

その5つとは……今回の『オメガ・ケンタウリの六鎗客』との闘いに参戦した運命の王子達を導いたあの『邪悪五大神』の持つ欠片のことでした。

 

その事実を知ったキン肉マンは、再び動揺します。

 

<スポンサーリンク>



 

キン肉マン 第316話 超人と“オメガの未来”!!の巻】の内容

鍵を握るのは邪悪神!?

キン肉マンのアイコン
キン肉マン
じゃ…じゃぁ兄さんも残虐の神から
今の話を聞いて今回の闘いに…!?

キン肉マンは、実の兄であるキン肉アタルことキン肉マン・ソルジャーに質問を投げかけます。

 

キン肉マン・ソルジャーのアイコン
キン肉マン・ソルジャー
ここまで仔細な話ではなかったが
大筋は残虐の神から聞いていたとおりだ

 

ソルジャーは残虐の神の語った事実の裏付けのためにここまで来たのでした。

 

キン肉マン・ソルジャーのアイコン
キン肉マン・ソルジャー
思っていた以上に
大変な闘いになりそうだな

 

しかしソルジャーは、ザ・マンが所有している『カピラリアの欠片』については知っていたものの邪悪神が欠片を所有しているとは知らなかったようです。

 

ザ・マンも邪悪神たちが欠片を自分自身で所持しているのか?はたまたそれぞれが白羽の矢を立てた超人たちに託したのか?詳細はわからないと話します。

 

ここでミート君が、唯一の手掛かりとなるのは今回の闘いを生き残った運命の四王子たちだけですね?とザ・マンに質問をします。

 

そこから当たるのが正攻法だとザ・マンが答えるや否や、熱い男ブロッケンJr.が一刻も早く四王子の元に行かないと!とせかします。

 

それを冷静に止めたのがやはりソルジャーでした!

 

<スポンサーリンク>


 

ついにわかりあうことができたキン肉マンとアリステラ!

ブロッケンの横で身体を震わせるアリステラ……。

ブロッケンJr.のアイコン
ブロッケンJr.
ハッ!そうだった
お前たちは…

 

ブロッケンの横で膝から崩れ落ちるアリステラは、心の底から自身の浅はかさを後悔します。

 

迫りくる新たな脅威に激しい憤りをおぼえつつも、自分たちには一刻の猶予がないことを悔やみます。

ザ・マンのアイコン
ザ・マン
オメガの星のことであろう?

 

もちろんザ・マンは、そもそもアリステラたちが寿命を迎えつつある故郷の星を再生する力を求めて地球にきたことを知っています。

 

しかしオメガの星を救うには『マグネット・パワー』とキン肉マンの持つ不思議な力『友情パワー』が必要でした。

 

『マグネット・パワー』の方はともかく、『友情パワー』に関しては、先ほどのソルジャーとの闘いでそう簡単に使いこなせるものではないことを見せつけられたところでした。

 

恨みの歴史を歩んできた自分たちオメガの民には『友情パワー』を身に着けることは到底不可能で、その資格もないことをアリステラは悔やみます……。

 

すると、あの男が声を掛けます!

 

今回は、希望を失いかけたアリステラを励ますキン肉マンのシーンをいつものiPad絵にしました。

【キン肉マン 第316話 超人と“オメガの未来”!!の巻】より 希望を失いかけたアリステラを励ますキン肉マンの1コマの絵をiPadで描いた画像です。

 

アリステラに友情の手を差し伸べるこのキン肉マンの姿こそ、我々読者の求めていたものでしょう!

 

恨みの歴史を背負ってはいながらも、『オメガ・ケンタウリの六鎗客』の面々は自分たちだけの私利私欲で闘っているわけではありませんでした。

 

彼らもまた、故郷を守るため、仲間のために闘ったいたのです。

 

アリステラのアイコン
アリステラ
だが…しかしオレたちは…
根本的なところで…

 

キン肉マンのアイコン
キン肉マン
そんなもん
へのつっぱりはいらんですよ‼

 

アリステラのアイコン
アリステラ
こ…言葉の意味が…
よくわからんが…

 

するとキン肉マンが右手を差し伸べアリステラと握手をします。

 

握手した2人の手が光を放ち始めます。

 

少し前までのアリステラであれば、この握手を反射的に振り払って拒否したことでしょう。

 

しかし今のアリステラは自然とこの握手を受け入れました。

 

これこそが正義超人達の絆の強さを示す『友情の握手(シェイクハンド)なのです!

 

2人の身体が眩いばかりの光を放ちます。

 

改心したアリステラは、ついに『友情パワー』を手に入れたのでした。

 

この力は、ザ・マンが長年理解できず、ゴールドマンやシルバ-マンが求めるも届くことが出来なかった珠玉の力です。

 

この力を持ってすれば、天界の神々すらも凌駕する程の絶大なパワーを発揮することが出来るでしょう。

 

そしてザ・マンは、その力を使ってオメガの星を再生させるために、この超人墓場に眠っていた『禁断の石臼(モルティエ・デ・ビン)』を利用すればいいと告げます。

 

サイコマンが開発したこの石臼は、地球が秘めた星の力を抽出し超人の力に変換することができます。

 

このカラクリを逆に利用すれば、超人たちの力を星に注入することができるでしょう。

 

アリステラの身につけた『友情パワー』をこの装置に通せば、オメガの星を救うことができます。

アリステラのアイコン
アリステラ
な…なぜそんな大事なものを
オレたちに…?

 

ジャスティスマンのアイコン
ザ・マン
かつての罪滅ぼしの意味合いもあるが…

 

ザ・マンは、次なる闘いの共闘者となるべくオメガの民には最大の問題を解決して欲しいと話します。

 

必ずオメガの超人たちの力が次なる闘いで必要となることでしょう!

ジャスティスマンのアイコン
ザ・マン
次なる闘いの共闘者として
約束してくれるか?

 

アリステラのアイコン
アリステラ
約束は…必ず守る!

 

ザ・マンの前に跪いて約束をするアリステラとパイレートマンでした。

 

これにて『オメガ・ケンタウリの六鎗客編』も完結です!

 

 

迫り来る史上最大の厄災!

その頃、地上では……

 

暗雲が垂れ込んで来ました。

 

どうやら平和な雨が降るわけではなさそうです。

 

中国の紫禁城に設置されたリング上から仁王立ちで空を眺めるビッグボディ……

 

ルーマニアのブラン城のリングに膝をつき空に目をやるマリポーサ……

 

イタリアのデルモンテ城のリングで倒れていたゼブラも期を取り戻し空を見つめ……

 

そして日本の復活安土城の天守閣リングで起き上がったばかりのスーパーフェニックスは、この暗雲の原因に気づきます。

スーパーフェニックスのアイコン
スーパーフェニックス
フッとうとう降ってきやがったか
史上最大の…厄災が

 

そうです、”調和の神”の一派が地上に舞い降りたのでした!

 

さぁ、いよいよ終わりの始まりだ!

 

キン肉マン 第316話 超人と“オメガの未来”!!の巻】の感想

以上が今週のキン肉マン『第316話 超人と“オメガの未来”!!の巻』でした。

 

これにて『オメガ・ケンタウリの六鎗客編』が完結しました。

 

次の新シリーズは、なんと1ヶ月後の8月17日(月)の更新となるようです。

 

しかも『週間プレイボーイ』35号の誌面にも次の第317話が掲載されるようで、紙とWEBどちらでも新シリーズを読むことが可能なようです。

 

それまでは、次週の『テリー・ザ・キッドの夜明け』前編のような過去作品がWEBで更新される予定です。

 

新シリーズが始まるまで1ヶ月空くことになりますが、いよいよ面白くなってきたので首を長くして待ちましょう!

 

まだまだ運命の王子たちの活躍が観れそうですからね!

 

他に関連するお勧め記事

 

【オメガ・ケンタウリの六鎗客編】を読んだ感想を書いたブログ記事をまとめました。
思い出に残るスーパーファミコンの名作ソフト30選
『ジョジョの奇妙な冒険』に登場する敵キャラでデザインがかっこいいと思うスタンド20選
Comicの一覧に戻る
<関連コンテンツ>
オリジナルLINEスタンプ『まめチキ君』『もじもじうさぎ もじたん』『陽気なサボテン・ムーチョ』販売中です。ぜひ買ってください。ガンガン使ってね。詳しくはこちらからご覧ください→

Related Articles

Quick Category

  • カテゴリー:Music
  • カテゴリー:Movie
  • カテゴリー:Book
  • カテゴリー:Travel
  • カテゴリー:Diary
  • カテゴリー:Work
  • カテゴリー:Guitar
  • カテゴリー:Live
  • カテゴリー:Comic