カテゴリー:comic

2018/07/31

【デッドプールと愉快な仲間たち?】こんなチームアップが見てみたい⁉ 架空のチーム『デッド・ファクター』を考えてみました!

架空のチーム『デッドファクター』

デッドプールをリーダーに!(笑)

つい先日、実写映画第二弾が公開されたばかりのデッドプール(以下:デップー)なのですが、その映画でデップーが『Xファクター』なるチームを結成していました。

 

もともと原作コミックでは『Xファクター』は、死亡したものだと考えられていたオリジナルのXメン5人が生存していて、再集結した際に既に別のXメンのチームがあったので名前を『Xファクター』に変えて活動したことから始まっています。

 

その後、リーダーのサイクロップスがXメンの正式チームのリーダーに戻ったことで『Xファクター』は別の部隊となります。

 

その『Xファクター』を引き継いだのがサイクロップスの息子が未来からやってきた姿であるケーブルというキャラクターでした。

 

このケーブルは実写版デッドプール第二弾でついに登場しましたね。

 

原作コミックの方では、ケーブル率いる『Xファクター』を狙う雇われ傭兵として初めて登場したのがデッドプールでした。

 

最初の頃はケーブルの命を狙うべくしつこく付きまとっていたのですが、いつの間にかケーブルと共闘するようになり腐れ縁の2人となりました。

 

しかしなんだかんだで相性の良いこの2人は共演作としても『ケーブル&デッドプール』として単独誌が発刊されるまでになりました。

 

しかし実写映画では、未来からやってきた謎の男ケーブルの行方を追うためにデッドプールが結成したチームが『Xファクター』となっていましたね。

 

まぁ原作コミックと実写映画での違いってのはよくある事なので、変な改編でなければ僕はありだと思います。

 

今回の実写映画第二弾も面白かったので、この調子で続編も作っていって欲しいところです。

 

もちろん実写映画第三弾も期待したいところなのですが……ここらでデッドプールを主役にしたスピンフ作品もどうかな~?って思いました。

 

そこで僕が実写映画でも出来そうなデッドプールを中心とした架空の」チームアップを考えてみました。

 

その名も……

 

『デッドファクター』

安易でした⁉(笑)

 

Xファクターにデッドプールの名前が付いただけです。

 

しかしこのチームに所属するメンバーが「デッド=死」に関連するような連中ばかりなので名前負けはしないかな?……と。

 

メンバーは……

 

デッドプール
ゴーストライダー
パニッシャー
ベノム
ジャガーノート

 

です。

 

「悪そな奴は大体友達~♪」なデップーちゃんがリーダーのヒーローチームになります。

 

いや、待てよ……ベノムにジャガーノートもいるからヴィランチーム??

 

その辺も面白いかな?と思っての選出です。

 

また全キャラクター実写映画で出てきていますので、実写映画化もバッチリできるでしょう!(笑)

 

ゴーストライダーは、ニコラス・ケイジが2007年から実写映画で演じています。

 

 

パニッシャーはこの中では一番早くに実写映画化されています。

 

トーマス・ジェーン主演で2004年に映画化されています。

 

 

ちなみに敵役にジョン・トラボルタが出演していて見ものです!

 

強そうに見えて、わりとあっけなく負けるパニッシャーがまた面白い部分でもあります。

 

トーマス・ジェーンの他の出演作品としては2008年のスティーヴン・キング原作を映画化した『ミスト』が印象に残ります。

 

 

あの映画オリジナルの衝撃のラスト……僕は結構好きです、あの鬱展開……。

 

そしてベノムの方は、2007年のサム・ライミ監督作のスパイダーマン第三弾『スパイダーマン3』に敵役として出てきました。

 

 

その時のベノム役はトファー・グレイスでした。

 

正直その時のベノムは特に魅力のないキャラ設定でした……。

 

しかしそれは『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』に敵役として初めて出演したデップーちゃんも同じでしたよね……。

 

 

ああいう敵としてチョイ役で出てくるとなると、どうしても主役を引き立たせるために魅力のないキャラクターとして描かれてしまいます……。

 

しかしその後、単独で実写映画が制作された際には、デップーちゃんはあの時以上にイケメン(オチャラケ役?)に描かれていましたよね?(笑)

 

そして今年……なんとベノムの単独実写映画がついに公開されます!

 

主演は、「変態キャラを演じさせたら超一流」なトム・ハーディです。(笑)

 

僕の好きな映画『ブラックホーク・ダウン』のランス・トゥオンブリー特技下士官役で映画デビューしたトム・ハーディなのですが、2014年の映画『クライム・ヒート』でのクライマックスでの不気味な笑みは忘れられません……。

 

 

そんなトム・ハーディがダークヒーローのベノムを演じてくれるのだから面白くないわけがない!

 

まだ劇場公開は先の話なのですが、すでに映画のトレーラーはYouTubeで公開されていますのでここに貼っておきます。

めちゃくちゃ面白そうです!

 

僕は映画館に観に行く予定です。

 

そしてBlu-rayでも買う予定です。

 

この今のCGの技術で『スポーン』も新たに制作して欲しいところですよね。

 

 

 

さて、今回僕の考えた架空のチーム『デッドファクター』の残りの1名は、先日公開されたばかりの『デッドプール2』に超危険な敵役として登場しました。

 

なのでこちらも実写化済みです!

 

もしこの『デッドファクター』を映画化したなら……

 

デップー役のライアン・レイノルズに、ゴーストライダー役のニコラス・ケイジに、パニッシャー役のトーマス・ジェーンに、ベノム役のトム・ハーディに、ジャガーノート役のフルCGに……あれ?4人で済むね。(笑)

 

ジャガーノートは、フルCGで描かれていて、声をライアン・レイノルズが演じています。

 

てことは、ライアン・レイノルズにニコラス・ケイジにトーマス・ジェーンにトム・ハーディと、なかなか豪華な4人でこの『デッドファクター』の実写映画は作れます!

 

ちょっとそこのマーベルの関係者さん!

 

ここにアメコミ大好きのやつがブログでこんなこと勝手に書いてますよ!

 

でも面白そうじゃないですか?このチーム?

 

ぜひこのアイデア使ってくださいよ?(笑)

 

そして僕をライアン・レイノルズやニコラス・ケイジ達に会わせて下さい!(笑)

 

まぁ所詮は架空で終わる程度の素人アイデアですかね……。(笑)

 

ちなみにこのチームの役割分担は、ジャガーノートを盾にしてパニッシャーが後方から銃を撃ちゴーストライダーがバイクで突っ込みその後ろからベノムが飛んでくる!

そしてデップーはみんなを応援!(笑)

 

これがこのチームの作戦Aです。

 

作戦Bは、ベノムとジャガーノートが案の定裏切ります。(笑)

 

ゴーストライダーが精神に異常をきたして変身できないでニコラス・ケイジのままです……。

 

パニッシャーはあっけなくやられてバタンキューです……。

 

結局、俺ちゃんひとりで戦う羽目になります。(笑)

 

「やれやれ……。」と見かねたスパイダーマンとケーブルとウルヴァリンとキャプテンアメリカが助けに来ます。

 

そして新チーム結成!

 

キャップを中心としたその名も『アベンジャーズ』!

 

彼ら『アベンジャーズ』は、最凶最悪の敵サノスを倒すために戦いに挑むことになります!……てあれ?

 

それ別の映画で観ましたよね?(笑)

 

 

 

冗談はさておき(?)『アベンジャーズ』ではなくって、ぜひ今度はこの『デッドファクター』を!(笑)

 

 


 

 

ちなみに豆知識⁉

 

この『デッドファクター』のメンバーでミュータントは俺ちゃんだけなのです!

 

ジャガーノートは邪神サイトラックの悪戯でミュータントではありません。

 

ゴーストライダーは呪われてるし、ベノムは地球外生命体のシンビオートに浸食されているし、パニッシャーは……あいつ人間じゃね??

 

もしかしてパニッシャーが一番強いのかも⁉(笑)

 

個人的には、デップーもゴーストライダーもパニッシャーもベノムも好きなので、ぜひこのチームアップが現実になることを期待したいです!

 

 

……ん?ジャガーノートは?って?

 

 

5人チームにしたかったので数合わせです。(笑)

 

だってあいつCGだしさ。(笑)

 

絶対に仲間割れして誰もリーダーのデップーの言うこと聞かなさそうな『デッドファクター』でした。(笑)

 

 

<スポンサーリンク>


 

他に関連するお勧め記事

 

デッドプールの邦訳版翻訳コミックの現時点で発売されているものまとめ

映画『デッドプール』の限定盤スチールブック仕様Blu-rayに付属している豪華特典ポストカード!

映画『デッドプール』第一弾の劇場で販売していた映画館限定パンフレット

デッドプールの翻訳コミック化して欲しいおもしろゾンビシリーズを2冊ご紹介!

大人気マーベル実写映画『デッドプール2』を映画館で観てきました。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーをレイトショーで観てきました。

映画『ブラックホーク・ダウン』で描かれたモガディシュの戦いを2冊のノンフィクション作品で読む!

オリジナルLINEスタンプ『まめチキ君』『もじもじうさぎ もじたん』『陽気なサボテン・ムーチョ』販売中です。ぜひ買ってください。ガンガン使ってね。詳しくはこちらからご覧ください→
Comicの一覧に戻る

Related Articles

<スポンサーリンク>