カテゴリー:comic

2019/04/01

【キン肉マン279話】自力で神の壁を超えようとするオメガマン・アリステラ‼

 
<スポンサーリンク>
  

【キン肉マン 第279話 オメガ・ケンタウリの四鎗客!!の巻】の感想を書いたブログ記事のタイトル画像です。

【キン肉マン第279話 オメガ・ケンタウリの四鎗客!!の巻】を読んだ感想です。

1億パワーを再び手にしたスーパーフェニックスは、オメガマン・アリステラに一気に止めを刺しにいく!

あれから2週間経ちましたね。

 

前回の【278話 神々の遊び!!の巻】の続きになります。

 

【キン肉マン278話】暇を持て余した神々の遊びにそそのかされ、 1億パワーを再び手にしたスーパーフェニックス

前回は、突如現れた”知性の神”を前にして、ついに憑依を受け入れることを決意したスーパーフェニックスが、”神の力”である1億パワーを手にしました!

 

それまで優勢だったアリステラに対して、立場が逆転したかのようにスーパーフェニックスの攻撃が続きました。

 

適当に放ったインテリジェンス・モンスターパワー・クラッシュ」なんていう技も登場しました。

 

しかしそういった安い計算で倒せるほどアリステラは弱い超人ではありませんでした。

 

そこでスーパーフェニックスは、一気に決着を着けるべく、自身最大の必殺技である『マッスル・リベンジャー』を仕掛けに行きました!

 

この試合で最初に放った『マッスル・リベンジャー』は、”知性の神”によるブーストなしの95万パワーで仕掛けたため、アリステラにまんまと破られました。

 

しかし今回の1億パワーで仕掛ける『マッスル・リベンジャー』は、さすがにアリステラと言えども破ることは出来ないのでは⁉

 

それでは今回の【第279話 オメガ・ケンタウリの四鎗客!!の巻】を読んだ感想を書いてみたいと思います。

 

<スポンサーリンク>



 

【キン肉マン第279話 オメガ・ケンタウリの四鎗客!!の巻】

あふれろ知性!

渾身のヘッドバットでアリステラの身体を空高く跳ね上げるスーパーフェニックス!

 

先ほどの95万パワーの時とは大きく異なる勢いのあるセットアップです!

 

ガツーン!
ガツーン!

 

と、一発一発のヘッドバットの重みが違います!

 

アリステラの両手両足を空中でクラッチすると……スーパーフェニックスの最強の必殺技『マッスル・リベンジャー』の体勢に入りました!

 

アリステラのアイコン
アリステラ
フォグ…ここさえ…凌げば!

 

スーパーフェニックスのアイコン
スーパーフェニックス
今度はさっきとは違う!
誰が時間をやるもんかっ!

 

今回はオメガ・ハンドで防ぐ隙を与えません!

 

オメガ・ハンドの親指と小指に当たる側面側も両足でしっかりとクラッチして抑えます!

 

このまま高速でリングのコーナーの鉄柱目掛けて落下が開始します!

 

 

スーパーフェニックスのアイコン
スーパーフェニックス
この一撃でオメガの企みは
すべて終わりだアリステラーッ!

 

 

ついに決着か⁉

 

オメガフィンガーから亡霊超人が出現!

「お前だけは死なせるわけにはいかない!」

 

スーパーフェニックスに両手両足をクラッチされて身動きの取れないアリステラの脳内に、何者かの声が鳴り響きます。

 

無意識に残りの3本のオメガ・ハンドの指が動きだします!

 

驚くアリステラ……

 

しかしその瞬間、スーパーフェニックスの1億パワーによる『マッスル・リベンジャー』が落下を終えました!

 

ゴガァン!

 

大きな音と共にリング上が砂煙に包まれます。

 

他の会場から巨大モニター越しにその様子を見ているウルフマンやハラボテ委員長にミート君達が驚いた表情を見せます。

 

なんと……

 

アリステラの背中のオメガ・ハンドの3本の指の先端が、先の闘いで敗れていったルナイトとヘイルマンとギヤマスターの顔に変化していました!

 

その3人の亡霊超人の顔が、コーナーの鉄柱やリング・ロープを咥えて『マッスル・リベンジャー』の勢いを止めていました!

 

まるで『王位争奪サバイバル・マッチ』の闘いで、弟のディクシアのオメガフィンガーがサンシャインやスニゲーターの顔になった時と同じ要領です。

 

しかもルナイトやヘイルマンの顔が、キン肉マンの“友情パワー”の時の様に光り輝いています!

 

果たしてこの現象は⁉

 

<スポンサーリンク>



 

ついに”友情パワー”が目覚めたオメガマン・アリステラ!

 

アリステラのアイコン
アリステラ
お…お前たち…!

 

アリステラも無意識のうちにオメガフィンガーから亡霊超人となった3人が出現したようです。

 

亡霊超人となったルナイトたちがアリステラに心の声で話しかけます。

 

「オメガ唯一の希望なんだ……簡単に死なせるものか!」

 

アリステラのアイコン
アリステラ
その力…吸収できていたのか⁉

 

驚くアリステラに対して再び3人の亡霊超人たちが語り掛けます。

 

「これが”友情パワー”ってやつなのか?」
「完全なものではないと思う。」
「だが…オレたちが得た力のその片鱗を……お前に託す!」
「頼んだぜ、すべてはオメガのために!」

 

そう言うと亡霊超人たちは消えていきました。

 

元のオメガフィンガーに戻ったアリステラの全身が、キン肉マンの“火事場のクソ力”発動時の様に光り輝き始めました!

 

 

アリステラのアイコン
アリステラ
オメガの願いが我に生きよと
光をくれたーっ!

 

 

スーパーフェニックスの1億パワーによる『マッスル・リベンジャー』のクラッチを漲るパワーで打ち破ります!

 

神の壁を超えるための危険な賭け!

『マッスル・リベンジャー』から完全に脱出したアリステラは、スーパーフェニックスの顔を両足で掴み、リングに叩きつけます!

 

前回スーパーフェニックスが、「”知性の神”が出現して憑依すること自体も、もしかしたらアリステラに仕組まれたことなのか?」ということが当たっていたようです。

 

どうやらアリステラは、自身を追い詰めることで“友情パワー”の発動する奇蹟が起きる賭けに出ていたようです。

 

そして見事にその賭けが当たりました!

 

最低でも8,600万パワーを持つとされる高い超人強度を誇るアリステラをピンチに陥れるには、並みの超人では不可能なことです。

 

しかしそのアリステラ以上の超人強度を手にすることが可能なのは、神の力を手にしたスーパーフェニックスのような超人でしか達成不可能です。

 

そこでアリステラは、あえてスーパーフェニックスが”知性の神”の憑依を受け入れて神の力である1億パワーを手にするの見過ごしていたようです。

 

自身が限界を超えるには、危ない賭けに出る必要があったのです。

 

その賭けに勝ったアリステラは、欲していた力である“友情パワー”をついに身に付けました!

 

そしてその先にあるものは……超人界初の『自力による”神超え”』だったのです!

 

今回はその最後の1コマのアリステラをいつものiPad絵で描いてみました。

【キン肉マン 第279話 オメガ・ケンタウリの四鎗客!!の巻を読んだ感想を書いたブログ記事です。】"友情パワー"を手にして自力で神の壁を超えようとするオメガマン・アリステラをiPadで描きました。

 

果たして「神の力を持つスーパーフェニックス」と「友情パワーに目覚めたアリステラ」どちらに軍配が上がるのでしょうか?

 

 

以上が今週のお話、第279 「オメガ・ケンタウリの四鎗客!!の巻」でした。

 

次回の第280話は、1週間後の4月8日(月)に更新されるようです。

 

「オメガvs運命の四王子」最後の闘いということもあってか、なかなか決着が着きませんね……。

 

僕の勝手な考えでは、今週は『マッスル・リベンジャー』が破られて、逆に最後のコマで『Ωカタストロフ・ドロップ』が決まって終わるのかな~?と思っていました。

 

そして次週でスーパーフェニックスが破れて、その後の展開があるのかな~?って。

 

しかし、そういえばオメガの今回の目的のひとつであった“友情パワー”のことを忘れていました。

 

今回こうして”神の力”に対抗するために“友情パワー”が発動したのは、なかなか面白かったところです。

 

まずはスーパーフェニックスごと”知性の神”を敗って、神々の打倒の目的を達成させるつもりなのでしょうか⁉

 

さすがにもう奥の手がなさそうなスーパーフェニックスは負けそうですね……。

 

久々の登場だったので活躍して欲しかったところですが……仕方ないです。

 

アリステラがこのまま負けてしまうと、マリキータマンだけで話を続けるのも無理な気がしますので。

 

しかし亡霊超人となったヘイルマンとギヤマスターは、口を開くことが出来ないのでロープに寄り掛かってるだけなのがなんともシュールですね。(笑)

 

ちゃんと口のあるルナイトが、オメガフィンガーの中央に出現してコーナーの鉄柱を咥えているのが面白いです。

 

これ、中央がギヤマスターだと、そのまま鉄柱に激突ですかね⁉(笑)

 

そもそもギヤマスターは口がないですもんね。

 

ヘイルマンは、歯の様に見える部分は開かないみたいですね。

 

それにしても亡霊超人になっても、額の傷が残っているギヤマスターさん……。(笑)

 

ところで今回、初めてアリステラの上半身のみですが体を描いてみたのですが、やはりかっこいいキャラデザインですね!

 

というわけで、今回もいつものようにiPadで描いた『神の壁を超えるオメガマン・アリステラ』の着色前の下絵と、iPadで描いている最中の画像も掲載したいと思います。

 

まずは着色前の下絵です。

【キン肉マン 第279話 オメガ・ケンタウリの四鎗客!!の巻を読んだ感想を描いたブログ記事です。】"友情パワー"を手にして自力で神の壁を超えようとするオメガマン・アリステラをiPadで描いた下絵

そしてiPadで描いている最中です。

【キン肉マン 第279話 オメガ・ケンタウリの四鎗客!!の巻を読んだ感想を描いたブログ記事です。】"友情パワー"を手にして自力で神の壁を超えようとするオメガマン・アリステラをiPadで書いている最中の写真1枚目

【キン肉マン 第279話 オメガ・ケンタウリの四鎗客!!の巻を読んだ感想を描いたブログ記事です。】"友情パワー"を手にして自力で神の壁を超えようとするオメガマン・アリステラをiPadで書いている最中の写真2枚目

背中のオメガ・ハンドを描くのが楽しかったりします♪(笑)

 

最近はずっとスーパーフェニックスの絵ばかり描いていましたが、こうやってアリステラの絵を描いてみると、アリステラに勝って欲しくなってきました。(笑)

 

さすがに次週には決着が着きそうな予感がしますが、スーパーフェニックスはこのまま「さようなら」になっちゃうんでしょうかね⁉

 

まぁどちらにしても今後の展開が楽しみではあります。

 

それでは、引き続きこちらのブログで今後の展開もご紹介していきたいと思いますので、ぜひまたこのブログを読みに来てください。

 

 

<スポンサーリンク>



 

他に関連するお勧め記事

 

【オメガ・ケンタウリの六鎗客編】を読んだ感想を書いたブログ記事をまとめました。
オマケ情報⁉

現在、「キン肉マン超人総選挙2019」が開催されています。

 

下記のURLより投票が出来ます。

 

https://wpb-kinniku2019.shueisha.co.jp

(※クリックすると別タブで「キン肉マン超人総選挙2019」の投票用のサイトに移動します。)

 

オメガ六鎗客のメンバーも含むキン肉マンの歴代キャラの中から3人まで絞って応募できます。

 

ちなみに僕はもう応募しました!

 

多分自分が投票したキャラクターに関してはネット上でも公開しても問題ないと思いますので、僕が投票した超人3名をご紹介したいと思います。

 

たまたま3名とも過去にiPadで絵を描いていましたので、その絵も掲載してご紹介します。

 

まずは何と言っても僕が好きなスーパーフェニックスです!

「キン肉マン超人総選挙2019」で投票したキャラクター:スーパーフェニックスのiPadで描いた絵

現在、活躍中ですのでタイムリーでもありますね!

 

そして次はブラックホールです!

「キン肉マン超人総選挙2019」で投票したキャラクター:ブラックホールのiPadで描いた絵

前シリーズの『完璧超人始祖編』でまさかの2勝する大活躍でしたからね!

 

そのブラックホールの2勝も『四次元殺法コンビ』の従兄弟であるペンタゴンの手助けがあったからこそでした!

 

というわけで、ペンタゴンにも投票しました!

 

「キン肉マン超人総選挙2019」で投票したキャラクター:ペンタゴンのiPadで描いた絵

 

僕が「キン肉マン超人総選挙2019」で投票した3人の超人は、スーパーフェニックスとブラックホールにペンタゴンでした。

 

この「キン肉マン超人総選挙2019」の投票は、4月29日まで受け付けているようですので、まだじっくりと考えてみたい方は慌てずゆっくりと選んでみて下さい。

 

果たして、結果はどのような順位になるのでしょうか?

 

楽しみですね♪

 

 

 

他に関連するお勧め記事

 

思い出に残るスーパーファミコンの名作ソフト30選
『ジョジョの奇妙な冒険』に登場する敵キャラでデザインがかっこいいと思うスタンド20選
Comicの一覧に戻る
<関連コンテンツ>
オリジナルLINEスタンプ『まめチキ君』『もじもじうさぎ もじたん』『陽気なサボテン・ムーチョ』販売中です。ぜひ買ってください。ガンガン使ってね。詳しくはこちらからご覧ください→

Related Articles

Quick Category

  • カテゴリー:Music
  • カテゴリー:Movie
  • カテゴリー:Book
  • カテゴリー:Travel
  • カテゴリー:Diary
  • カテゴリー:Work
  • カテゴリー:Guitar
  • カテゴリー:Live
  • カテゴリー:Comic